ムハンマド

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムハンマドとは、イスラム教の創始者。

概要[編集]

アラビア半島のメッカ生まれ。イスラム国家を作り上げた。

聖書との関連[編集]

旧約聖書で約束されていた救世主の予言には合致しない。第一に生まれた場所が違う[1][2]

ヤハウェを信仰している人物という点はエホバの証人イエス・キリストと共通するが、武器を持って戦った点は異なる特徴となる[3][4]

軍事的指導者という点ではヨシュア辺り、偶像を打ち壊した点ではヨシヤ辺りと似た雰囲気を感じる。

ヤハウェは意のままに望む者に国を与える事ができるとあるので[5]、その一例なのかもしれない。

脚注[編集]

  1. マタイによる福音書(口語訳)2章4節から6節”. ウィキソース (2019年4月29日). 2019年5月6日確認。
  2. ミカ書(口語訳)5章2節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2019年5月6日確認。
  3. エホバの証人が戦争に行かないのはなぜですか”. エホバの証人. 2019年5月6日確認。
  4. マタイによる福音書(口語訳)5章43節から48節”. ウィキソース (2019年4月29日). 2019年5月6日確認。
  5. ダニエル書(口語訳)4章32節”. ウィキソース (2018年7月13日). 2019年5月6日確認。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦コトバンク