科学分野の父または母と呼ばれる人物の一覧

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

科学分野の父または母と呼ばれる人物の一覧(かがくぶんやのちちまたはははとよばれるじんぶつのいちらん)は、科学分野で○○の「父」または「母」(または「創立の父」または「創立の母」)と見なされる人物のリストである。こうした人物は一般に、当該各分野で最初に重要な貢献および/または創設をしたとみなされている。

また、とある分野の父または母「のひとり」ではなく、「まさに」父または母とみなされているのである。

そして、誰が創始にふさわしいかについての見解は、根強い論争になる可能性をはらんでいる。


……正直、エンペディアでそんなことまで気にしなくてもいいと思うけどね。

科学全体[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
科学(現代) ガリレオガリレイ(1564-1642) [1] [2] [3] 科学における実験の体系的な使用と科学的方法物理学および観測天文学への貢献のために
科学(古代) タレス(紀元前624/623年頃-紀元前548/545年頃) [4] [5] 神話に頼らずに自然現象を説明しようとした

自然科学[編集]

生物学[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
細菌学 ロベルト・コッホ (1843-1910)テンプレート:\フェルディナント・コーン (1828-1898)テンプレート:\ルイ・パスツール (1822-1895) First to produce precise, correct descriptions of bacteria.
アントニ・ファン・レーウェンフック (1632-1723)
生物地理学 アルフレッド・ラッセル・ウォレス (1823-1913) "...Often described as the Father of Biogeography, Wallace shows the impact of human activity on the natural world."[6]
生物学[注 1] アリストテレス (384-322 BC)
植物学 テオプラストス (c. 371-c. 287 BC)
爬虫両棲類学 Archie Carr (1909-1987) [7][8][9][10][11]
生態学 カール・フォン・リンネ (1707-1778) テンプレート:\エルンスト・ヘッケル (1834-1919) テンプレート:\オイゲン・ワルミング (1841-1924)[12] Linnaeus founded an early branch of ecology that he called The Economy of Nature (1772), Haeckel coined the term "ecology" (German: Oekologie, Ökologie) (1866), Warming authored the first book on plant ecology. Plantesamfund (1895).
Modern アメリカアカシカ management Olaus Murie (1889–1963)[13]
昆虫学 ヤン・スワンメルダム (1637-1680) テンプレート:Lower
ヨハン・ファブリチウス (1745-1808)[14] Fabricius described and published information on over 10,000 insects and refined Linnaeus's system of classification.
ウィリアム・カービー (1759-1850) テンプレート:Lower
動物行動学 ニコ・ティンバーゲン (1907-1988)
カール・フォン・フリッシュ (1886-1982)
コンラート・ローレンツ (1903-1989)
The modern discipline of 動物行動学 is generally considered to have begun during the 1930s with the work of ニコ・ティンバーゲン, コンラート・ローレンツ and カール・フォン・フリッシュ, joint awardees of the 1973 ノーベル生理学・医学賞.[15]
テンプレート:Hlist チャールズ・ダーウィン (1809-1882)[16] 種の起源 (1859).
遺伝学 グレゴール・ヨハン・メンデル (1822-1884) For his study of the inheritance of traits in pea plants, which forms the basis for Mendelian inheritance[17] (published 1865-66).
ウィリアム・ベイトソン (1861-1926) Proponent of Mendelism.[18]
爬虫両棲類学 John Edwards Holbrook (1796-1871) "John Edwards Holbrook... was considered by many to be the Father of Herpetology."[19]
魚類学 Peter Artedi (1705-1735) "Far greater than either of these… was he who has been justly called the Father of Ichthyology, Petrus (Peter) Artedi (1705–35)."[20]
地衣類学 エリク・アカリウス (1757-1819) "Erik Acharius, the father of lichenology..."
微生物学 アントニ・ファン・レーウェンフック (1632-1723) / ルイ・パスツール (1822-1895) The first to microscopically observe micro-organisms in water and the first to see bacteria.
分子生物学 ライナス・ポーリング (1901-1994) テンプレート:Lower
Molecular biophysics Gopalasamudram Narayana Iyer Ramachandran (1922-2001)[21] Founded the [world's first?] molecular biophysics unit (1970).
古生物学 レオナルド・ダ・ヴィンチ (1452-1519)
ジョルジュ・キュヴィエ (1769-1832)
テンプレート:Lower
寄生虫学 フランチェスコ・レディ (1626-1697) The founder of experimental biology and the first person to challenge the theory of spontaneous generation by demonstrating that maggots come from eggs of flies.[22]
Protozoology アントニ・ファン・レーウェンフック (1632-1723)[23] First to produce precise, correct descriptions of protozoa.
分類学 カール・フォン・リンネ (1707-1778) Devised the system of naming living organisms that became universally accepted in the scientific world.
ウイルス学 ドミトリー・イワノフスキー (1864-1920)
マルティヌス・ベイエリンク (1851-1931)
The first men to discover viruses (1892).
動物学 アリストテレス (384-322 BC) His contributions to the field include vast quantities of information about the variety, structure, and behavior of animals

化学[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
原子理論(初期) デモクリトス(紀元前460年頃-紀元前370年頃) [24] 宇宙における原子論創設者。
原子理論(現代) ロジャー・ボスコビッチ神父(1711-1787) 原子理論の最初の首尾一貫した記述。
ジョン・ドルトン(1766-1844) [25] より複雑な構造の構成要素としての原子の最初の科学的記述。
化学熱力学(現代) ギルバート・ルイス(1875-1946)テンプレート:\ウィラードギブス(1839-1903)テンプレート:\マール・ランドール(1888-1950)テンプレート:\エドワード・グッゲンハイム(1901-1970) [26] 化学における熱力学の使用に大きく貢献した、熱力学と化学物質の自由エネルギー(1923)およびウィラードギブスの方法による現代の熱力学(1933)。
化学(初期) ジャービル・ブン・ハイヤーン Jabir( "Geber")ibn Hayyan (fl. c. 721-c. 815) fl。c。721 (fl. c. 721-c. 815) c。815 (fl. c. 721-c. 815) [27] [28] [29] [30] イスラム錬金術に実験方法を導入。
化学(現代) アントワーヌ・ラヴォワジエ(1743-1794) [31] 化学の要素(1787)
ロバート・ボイル(1627-1691) 懐疑的化学者(1661)
イェンス・ベルセリウス(1779-1848) [32] [33] 化学命名法の開発(1800年代)
ジョン・ドルトン(1766-1844) 原子理論の復活(1803)
グリーンケミストリー ポール・アナスタス(1962年生まれ) [34] 無害で環境に優しい化学物質の設計と製造。
核化学 オットー・ハーン(1879-1968) [35] テンプレート:Hlist
周期表 ドミトリ・メンデレーエフ(1834-1907) [36] 当時知られている66個の元素を原子量の順に周期間隔(1869)で並べた。
物理化学 ミハイル・ロモノーソフ(1711-1765) 物理化学の講義を最初に読み、用語を造った(1752)。
ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフ (1852-1911) 物理化学分野の創設者の1人と見なされている。彼の仕事は、今日のように規律を見つけるのに役立ちた。 [37] [38] [39]
スヴァンテ・アレニウス(1859-1927) [40] 物理化学の理論的基礎の多くを考案した。不均一物質の平衡について(1876)、 Thermodynamik chemischer Vorgange (1882)。
ヴィルヘルム・オストヴァルト(1853-1932) 「ヴィルヘルムオストワルドは、物理化学の分野の創設者の1人と見なされている。 。 。」 [41]
ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ(1821-1894)

地球科学[編集]

医学と生理学[編集]

物理学と天文学[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
音響学 エルンスト・クラドニ For important research in vibrating plates
核兵器 エンリコ・フェルミ
ロバート・オッペンハイマー
レズリー・グローヴス
エドワード・テラー
For their role in the Manhattan Project
空気力学 ニコライ・ジュコーフスキー
ジョージ・ケイリー
Zhukovsky was the first to undertake the study of airflow, was the first engineer scientist to explain mathematically the origin of aerodynamic lift. Cayley Investigated theoretical aspects of flight and experimented with flight a century before the first airplane was built
土木工学 ジョン・スミートン
古典力学 アイザック・ニュートン(founder) Described laws of motion and law of gravity in Philosophiae Naturalis Principia Mathematica (1687)
古典電磁気学 アンドレ=マリ・アンペール Book: Memoir on the Mathematical Theory of Electrodynamic Phenomena, Uniquely Deduced from Experience (1827)
エネルギー学 ウィラード・ギブズ Publication: On the Equilibrium of Heterogeneous Substances (1876)
実験物理学 (founder) イブン・ハイサム[42][43] For introducing experimental method into physics with his Book of Optics (1021)
Meteoritics エルンスト・クラドニ[44] First to publish in modern Western thought (in 1794) the then audacious idea that meteorites are rocks from space.[45]
Modern 天文学 ニコラウス・コペルニクス Developed the first explicit heliocentric model in De revolutionibus orbium coelestium (1543)
原子核物理学 アーネスト・ラザフォード[46] Developed the Rutherford atom model (1909)
原子核物理学 マリ・キュリー
ピエール・キュリー[47]
光学 イブン・ハイサム Correctly explained vision and carried out the first experiments on light and optics in the Book of Optics (1021).
物理学 (early) イブン・ハイサム
フランシス・ベーコン
Alhazen developed rigorous experimental methods of controlled scientific testing to verify theoretical hypotheses and substantiate inductive conjectures.

Developed Baconian method in his Novum Organum (1620).

現代宇宙論 ジョルジュ・ルメートル(founder)

アルベルト・アインシュタインル
ヘンリエッタ・スワン・リービットル (mother)[48] エドウィン・ハッブル (father)

Monsignor Lemaître is considered “the Father of the Big Bang” and the first to derive what is now known as Hubble's law. Leavitt discovered Cepheid variables, the "Standard Candle" by which Hubble later determined galactic distances. Einstein's general theory of relativity is usually recognized as the theoretic foundation of modern cosmology.
物理学 (modern) ガリレオ・ガリレイ[49] His development and extensive use of experimental physics, e.g. the telescope
プラズマ アーヴィング・ラングミュア
ハンス・アルヴェーン
Langmuir first described ionised gas as plasma and observed fundamental plasma vibrations, Langmuir waves.
Alfvén pioneered the theoretical description of plasma by developing magnetohydrodynamics.
量子力学 マックス・プランク Stated that electromagnetic energy could be emitted only in quantized form
相対性理論 アルベルト・アインシュタイン (founder)[50] Pioneered special relativity (1905) and general relativity (1915)
弦理論 レオナルド・サスキンド He was the first to introduce the idea of the string theory landscape in 2003.
宇宙飛行(ロケット) ロバート・ゴダード
コンスタンチン・ツィオルコフスキー
ヘルマン・オーベルト
Goddard launched the first liquid-fueled rocket.
Tsiolkovsky created the Tsiolkovsky rocket equation.
熱力学 ニコラ・レオナール・サディ・カルノー(founder)[51] Publication: On the Motive Power of Fire and Machines Fitted to Develop that Power (1824)

形式科学[編集]

数学[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
代数学(see also The father of algebra) フワーリズミー
Muhammad Al-Khwarizmi (Algorismi)
ブラフマグプタ
アレクサンドリアのディオファントス[52][53]
Full exposition of solving quadratic equations in his Al-Jabr and recognized algebra as an independent discipline.
First use of symbolism (syncopation) in his Arithmetica.
代数的位相幾何学 アンリ・ポアンカレ[54] Published Analysis Situs in 1895, introducing the concepts of homotopy and homology, which are now considered part of algebraic topology.
解析学 オーギュスタン=ルイ・コーシー[55]カール・ワイエルシュトラス
解析幾何学 ルネ・デカルト
ピエール・ド・フェルマー (founders)
For their independent invention of the Cartesian Coordinate System
微分積分学 アイザック・ニュートン
ゴットフリート・ライプニッツ
See Leibniz and Newton calculus controversy.
解析学 マーダヴァ Developed Taylor series expansions of trigonometric functions
計算機科学 チャールズ・バベッジ
アラン・チューリング
In the history of computer science Babbage is often regarded as one of the first pioneers of computing and Turing invented the principle of the modern computer and the stored program concept that almost all modern day computers use.
プログラミング エイダ・ラブレス Work on Charles Babbage's proposed mechanical general-purpose computer, the Analytical Engine
暗号解読 Al-Kindi[56][57] Developed the first code breaking algorithm based on frequency analysis. He wrote a book entitled "Manuscript on Deciphering Cryptographic Messages", containing detailed discussions on statistics.
図法幾何学 ガスパール・モンジュ(founder) Developed a graphical protocol that creates three-dimensional virtual space on a two-dimensional plane
フラクタル ブノワ・マンデルブロ
幾何学 エウクレイデス Euclid's Elements deduced the principles of Euclidean geometry from a set of axioms.
グラフ理論 レオンハルト・オイラー See Seven Bridges of Königsberg
Italian school of algebraic geometry Corrado Segre Publications and students developing algebraic geometry
抽象代数学 エミー・ネーター[58] Provided the first general definitions of a commutative ring, and suggested that topology be studied algebraically.[59] Combined the structure theory of associative algebras and the representation theory of groups into a single arithmetic theory of modules and ideals in rings satisfying ascending chain conditions.[60]
非ユークリッド幾何学 ボーヤイ・ヤーノシュ
ニコライ・ロバチェフスキー[61](founders)
Independent development of hyperbolic geometry in which Euclid's fifth postulate is not true
数論 ピタゴラス[62]
確率 ジェロラモ・カルダーノ, ピエール・ド・フェルマー, ブレーズ・パスカル, クリスティアーン・ホイヘンス[63] (founders) Fermat and Pascal co-founded probability theory, about which Huygens wrote the first book
射影幾何学 ジラール・デザルグ[64](founder) By generalizing the use of vanishing points to include the case when these are infinitely far away
テンソル解析 グレゴリオ・リッチ=クルバストロ[65](founder) Book: The Absolute Differential Calculus
三角法 ヒッパルコス[66] Constructed the first trigonometric table.
Vector algebra,
ベクトル解析
ウィラード・ギブズ[67]オリヴァー・ヘヴィサイド[68](founders) For their development and use of vectors in algebra and calculus

システム理論[編集]

社会科学[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
政治学 アリストテレス
ニッコロ・マキャヴェッリ
アリストテレスは、政治と題した主な理由彼の作品の政治学の父と呼ばれている。この論文は8冊の本に分かれており、市民権、民主主義、寡頭制、理想的な状態などの主題を扱っている。 [69] *マキャヴェッリは「政治学の現代の父」と見なされている[70]
計量書誌学 ポール・オトレ 計量書誌学という用語は、1934年にポールオトレによって最初に使用され[71] 、「本や文書の出版と読書に関連するすべての側面の測定」として定義された。 [72]
人口統計学 イブン・ハルドゥーン[73] 歴史序説プロレゴメナ)(1377)
エジプト学 アタナシウス・キルヒャー神父

ジャン=フランソワ・シャンポリオン [要出典]

最初に象形文字のフェネティックな重要性を特定し、ロゼッタ・ストーンが発見される前に、彼はコプト語初期エジプト人の痕跡として示した。
ロゼッタストーンの翻訳された部分。
歴史学 トゥキディデス トゥキディデスは、彼の紹介で概説されているように、神々による介入に関係なく、公平性と証拠収集および原因と結果の分析の厳格な基準を適用したという彼の主張を受け入れる人々によって「科学史」の父と呼ばれている作業。
歴史 ヘロドトス(この用語も作り出した)
インド学 ビールーニー[74] インディカを書いた
国際法 アルベリコ・ジェントリ
フランシスコ・デ・ビトリア
フーゴー・グローティウス
国際法、戦争、人権の理論への影響力のある貢献
言語学(初期) パーニニ (サンスクリット語の)最初の記述文法を書いた
言語学(現代) フェルディナンドソシュール

ノーム・チョムスキー

社会学 イブン・ハルドゥーン [75]アダム・ファーガソン[76]オーギュスト・コント(この用語も作り出した) [77]コンドルセ侯爵(創設者) [78] 最初の社会学の本、歴史序説Prolegomena )を書いた。
「現代社会学の父」
科学的方法を社会学に導入した。

経済[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
会計簿記 ルカ・パチョーリ(c。1447-1517) [79] 会計の確立者であり、簿記に関する作品を最初に出版した人物。
経済学(初期) イブン・ハルドゥーン(1332-1406)
カウティリヤ/ Kautilya (375 BCE-283 BCE) [80]
出版物: Muqaddimah (1370)
出版物: Arthashastra (400 BCE-200 CE)
経済学(現代)
テンプレート:Hlist Nicholas Georgescu-Roegen (1906-1994) [85] [86] [87] [88] [89] エントロピー法と経済過程(1971)
マクロ経済学 ジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946) [90] 雇用・利子・お金の一般理論著者であり、画期的な経済学者であるケインズは、経済的思考の革命を主導した。ケインズ以前は、経済学者の間の一般的なコンセンサスは、経済は自己固定的であるというものでした。大恐慌の間、人々が経済がそれ自体を直さないことに気づき始めたとき、ケインズは政府が過度のブームとバストと戦うために介入する必要があると提案した。この考えは、フランクリンD.ルーズベルト米国大統領のニューディール政策に、最大の影響を与えた。[91] [92]
数理経済学 ダニエル・ベルヌーイ(1700-1782) Tableauéconomiqueの前身[93]
マネタリー経済学
  • Oresme's De Moneta.
  • "Irving Fisher [...] spent his career studying questions about money and the economy - how money affects interest rates, how money affects inflation, and the impact of money on overall economic activity. For this work, he is regarded as the father of monetary economics."[95]
  • "[...] no less an authority than the University of Chicago's Milton Friedman, the father of monetary economics, [...]"[96]
マイクロクレジット ムハマド・ユヌス(1940年生まれ) [97] グラミン銀行を設立
人事経済学 エドワード・ラジア(1948年生まれ) この分野で最初の論文を発表した。
家族および消費者科学 エレン・スワロウ・リチャーズ(1842-1911) American Association of Home Economics、現在はAmerican Association of Family&ConsumerSciencesを設立した。 「科学を家庭に持ち込むことで、リチャーズは、文明の基本単位であると彼女が信じていた家族のために、「...最高の肉体的、精神的、道徳的発達を達成する」ことを望んでいた。 [98]

思想の学派[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
オーストリア学派 カール・メンガー(1840-1921) [99]
サラマンカ学派 フランシスコ・デ・ビトリア(c。1483-1546) [100] 商業的道徳に関する非常に影響力のある教師および講師

理論[編集]

フィールド 「父」または「母」と見なされた
人(たち)
理論的根拠
期待理論 トマソ・デ・カジェタン(1469-1534) [101] お金の価値に対する市場の期待の影響を認識した
現代ポートフォリオ理論 ハリー・マーコウィッツ(1927年生まれ) [102]
社会選択理論 ケネス・アロー(1921-2017) 彼の1951年の著書「社会的選択と個人的価値観」で分野を創設

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. A name suggested in 1802 by the German naturalist Gottfried Reinhold Treviranus and introduced as a scientific term later that year by Jean-Baptiste Lamarck.

出典[編集]

  1. Pamela Gossin, Encyclopedia of Literature and Science, 2002.
  2. Finocchiaro, Maurice A. (Fall 2007), "Book Review—The Person of the Millennium: The Unique Impact of Galileo on World History", The Historian 69 (3): 601–602
  3. Weidhorn, Manfred (2005). The Person of the Millennium: The Unique Impact of Galileo on World History. Universe, p. 155.
  4. Singer, C. 『A Short History of Science to the 19th century』 Streeter Press、2008年、35頁。
  5. Needham, C. W. 『Cerebral Logic: Solving the Problem of Mind and Brain』 Loose Leaf、1978年、75頁。ISBN 978-0-398-03754-3
  6. DK Publishing 『Explorers: Tales of Endurance and Exploration』 Penguin、2010年、272頁。ISBN 9780756675110
  7. Centennial Tribute to Archie Carr- The Father of Sea Turtle Research & Conservation – Sea Turtle Conservancy” (英語). 2019年3月21日確認。
  8. Fisheries (2018年6月12日). “Faces of Sea Turtle Conservation: Dr. Larisa Avens, Research Biologist | NOAA Fisheries” (英語). www.fisheries.noaa.gov. 2019年3月21日確認。
  9. Archie Carr Biography” (英語). InfoPlease. 2019年3月21日確認。
  10. Telling the story of the father of sea turtle conservation” (英語). Mongabay Environmental News (2013年1月21日). 2019年3月21日確認。
  11. Heyman (2009年11月28日). “Archie Carr: Father of Turtle Research” (英語). Pat Heyman. 2019年3月21日確認。
  12. Goodland, R.J. (1975). “The tropical origin of ecology: Eugen Warming's jubilee”. Oikos 26 (2): 240–245. doi:10.2307/3543715. JSTOR 3543715. 
  13. DanMcIlhenny (2016年7月29日). “A Lifelong Passion for Place and Conservation: Wyoming, Alaska, and the Muries' Arctic Love Affair”. Medium.com.テンプレート:Cite web/error
  14. p. 162, Museum: the Macleays, their collections and the search for order, Robyn Stacey, Ashley Hay, Cambridge University Press, 2007, テンプレート:ISBN2.
  15. The Nobel Prize in Physiology or Medicine 1973”. Nobelprize.org.. 2016年9月9日確認。 “The Nobel Prize in Physiology or Medicine 1973 was awarded jointly to Karl von Frisch, Konrad Lorenz and Nikolaas Tinbergen 'for their discoveries concerning organization and elicitation of individual and social behaviour patterns'.”
  16. Moore, James (2006), "Evolution and Wonder - Understanding Charles Darwin", Speaking of Faith (Radio Program), American Public Media, <Archived copy”. 2008年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月22日確認。> Retrieved on 2006-12-15
  17. The Father of Genetics”. Cartage.org.lb. 2013年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月15日確認。
  18. p. 91, Theory change in science: strategies from Mendelian genetics, Lindley Darden, Oxford University Press US, 1991, テンプレート:ISBN2.
  19. North American Herpetology”. ansp.org. 2019年3月21日確認。
  20. Jordan, David Starr 『A Guide to the Study of Fishes』 Henry Holt and Company、1905年, online at Google Books, p. 390.
  21. Prathap, Gangan (March 2004), “Indian science slows down: The decline of open-ended research”, Current Science 86 (6): 768–769 [768] 
  22. The Slow Death of Spontaneous Generation (1668-1859)”. 2013年4月18日確認。
  23. p. 18, Foundations in microbiology: basic principles, Kathleen Park Talaro, 6th ed., international ed., McGraw-Hill, 2007, テンプレート:ISBN2.
  24. Rothbard, Murray N. 『Economic thought before Adam Smith: An Austrian Perspective on the History of Economic Thought』 Edward Elgar、Cheltnam, UK、2006年、10頁。ISBN 978-0-945466-48-2
  25. Patterson, Elizabeth C. 『John Dalton and the Atomic Theory』 Anchor、Garden City, New York、1970年、10頁。
  26. Ott, Bevan, J.、Boerio-Goates, Juliana 『Chemical Thermodynamics - Principles and Applications』、2001年。ISBN 978-0-12-530990-5
  27. Derewenda, Zygmunt S. (2007), “On wine, chirality and crystallography”, Acta Crystallographica A 64 (Pt 1): 246–258 [247], Bibcode 2008AcCrA..64..246D, doi:10.1107/s0108767307054293, PMID 18156689 
  28. John Warren (2005). "War and the Cultural Heritage of Iraq: a sadly mismanaged affair", Third World Quarterly, Volume 26, Issue 4 & 5, p. 815-830.
  29. Dr. A. Zahoor (1997). JABIR IBN HAIYAN (Geber) Archived 2008-06-30 at the Wayback Machine.. University of Indonesia.
  30. Paul Vallely. How Islamic inventors changed the world. Archived 2008-05-17 at the Wayback Machine. The Independent.
  31. Kim, Mi Gyung 『Affinity, That Elusive Dream - A Genealogy of the Chemical Revolution (Epilogue: A Tale of Three Fathers)』、2003年。ISBN 978-0-262-11273-4
  32. Berzelius, Jöns (1779–1848) - Eric Weisstein's World of Scientific Biography
  33. Jons Jacob - Encyclopædia Britannica Online, 2 Aug 2007
  34. 404: Not Found”. American Chemical Society. 2018年1月15日確認。
  35. O. Hahn and F. Strassmann Über den Nachweis und das Verhalten der bei der Bestrahlung des Urans mittels Neutronen entstehenden Erdalkalimetalle (On the detection and characteristics of the alkaline earth metals formed by irradiation of uranium with neutrons), Naturwissenschaften Volume 27, Number 1, 11-15 (1939). The authors were identified as being at the Kaiser-Wilhelm-Institut für Chemie, Berlin-Dahlem. Received 22 December 1938.
  36. Chemistry Contexts. by Irwin, D; Farrelly, R; Garnett, P. Longman Sciences, (2001)
  37. Meijer, E. W. (2001). “Jacobus Henricus van 't Hoff; Hundred Years of Impact on Stereochemistry in the Netherlands”. Angewandte Chemie International Edition 40 (20): 3783–3789. doi:10.1002/1521-3773(20011015)40:20<3783::AID-ANIE3783>3.0.CO;2-J. PMID 11668534. 
  38. Spek, Trienke M. van der (2006). “Selling a Theory: The Role of Molecular Models in J. H. van 't Hoff's Stereochemistry Theory”. Annals of Science 63 (2): 157–177. doi:10.1080/00033790500480816. 
  39. Kreuzfeld, HJ; Hateley, MJ. (1999). “125 years of enantiomers: back to the roots Jacobus Henricus van 't Hoff 1852–1911”. Enantiomer 4 (6): 491–6. PMID 10672458. 
  40. Jacob Darwin Hamblin 『Science in the Early Twentieth Century: An Encyclopedia』 ABC-CLIO、2005年9。ISBN 9781851096657。「His interest in both fields would serve him well, because he became a principal founder of physical chemistry.」
  41. Elizabeth H. Oakes 『Encyclopedia of World Scientists』 Infobase Publishing、2010年、562頁。ISBN 9781438118826
  42. Thiele, Rüdiger (2005), “In Memoriam: Matthias Schramm”, Arabic Sciences and Philosophy 15 (2): 329–331, doi:10.1017/S0957423905000214 
  43. Thiele, Rüdiger (August 2005), “In Memoriam: Matthias Schramm, 1928–2005”, Historia Mathematica 32 (3): 271–274, doi:10.1016/j.hm.2005.05.002 
  44. McCoy, T. J.; Steele, I. M.; Keil, K.; Leonard, B. F.; Endress, M.; Steele; Keil; Leonard; Endress (1993). “Chladniite: A New Mineral Honoring the Father of Meteoritics”. Meteoritics 28 (3): 394. Bibcode 1993Metic..28Q.394M. 
  45. Williams, Henry Smith 「5」『A history of science』3、Harper、1904年、168ff。ISBN 0-250-40142-8
  46. Pasachoff, Naomi 『Ernest Rutherford: Father Of Nuclear Science (Great Minds of Science)』、2005年。ISBN 978-0-7660-2441-0
  47. Resources”. IAEA.org. 2018年1月15日確認。
  48. Milestones in the birth of Cosmology”. FSU.edu. 2013年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月15日確認。
  49. Weidhorn, Manfred (2005). The Person of the Millennium: The Unique Impact of Galileo on World History. iUniverse, p. 155. テンプレート:ISBN2.
  50. Perrot, Pierre 『A to Z of Thermodynamics』 Oxford University Press、1998年。ISBN 978-0-19-856552-9
  51. Boyer, Carl B. 「The Arabic Hegemony」『A History of Mathematics』 John Wiley & Sons, Inc.、1991年、Second、228。ISBN 978-0-471-54397-8。「Diophantus sometimes is called "the father of algebra," but this title more appropriately belongs to al-Khwarizmi. It is true that in two respects the work of al-Khwarizmi represented a retrogression from that of Diophantus. First, it is on a far more elementary level than that found in the Diophantine problems and, second, the algebra of al-naren is thoroughly rhetorical, with none of the syncopation found in the Greek Arithmetica or in Brahmagupta's work. Even numbers were written out in words rather than symbols! It is quite unlikely that al-Khwarizmi knew of the work of Diophantus, but he must have been familiar with at least the astronomical and computational portions of Brahmagupta; yet neither al-Khwarizmi nor other Arabic scholars made use of syncopation or of negative numbers.」
  52. Derbyshire, John 「The Father of Algebra」『Unknown Quantity: A Real And Imaginary History of Algebra』 Joseph Henry Press、2006年31。ISBN 978-0-309-09657-7。「Diophantus, the father of algebra, in whose honor I have named this chapter, lived in Alexandria, in Roman Egypt, in either the 1st, the 2nd, or the 3rd century CE.」
  53. History of Topology』 Ioan Mackenzie James、Elsevier、1999年544。ISBN 9780444823755。「Poincaré: the founder of algebraic topology」
  54. p. 750, Rudiments of Mathematics Part 1, M. N. Mukherjee, P. Mukhopadhyay, S. Sinha Roy & U. Dasgupta, Academic Publishers, 2008, 5th ed., テンプレート:ISBN2.
  55. “The man who cracked the Kama Sutra code”. (2000年10月4日. https://www.telegraph.co.uk/news/science/science-news/4754214/The-man-who-cracked-the-Kama-Sutra-code.html 
  56. Coles, Michael、Landrum, Rodney 『Expert SQL Server 2008 Encryption』 Apress、2011年(en)。ISBN 9781430233657
  57. Ne'eman, Yuval (1999), “The Impact of Emmy Noether's Theorems on XXIst Century Physics”, in Teicher, M., The Heritage of Emmy Noether, Israel Mathematical Conference Proceedings, Bar-Ilan University, American Mathematical Society, Oxford University Press, pp. 83–101, ISBN 978-0-19-851045-1, OCLC 223099225 
  58. Dick 1981, p. 174.
  59. van der Waerden 1985, p. 244.
  60. Marvin Jay Greenberg, Euclidean and Non-Euclidean geometries: Development and history New York: W. H. Freeman, 1993.
  61. p. 46, Aristarchus of Samos: The Ancient Copernicus, Thomas Heath, Oxford, 1913.
  62. Stigler, Stephen M. (1990). The History of Statistics: The Measurement of Uncertainty before 1900. Belknap Press/Harvard University Press.
  63. O'Connor, John J; Edmund F. Robertson "Gérard Desargues". MacTutor History of Mathematics archive.
  64. O'Connor, John J; Edmund F. Robertson "Gregorio Ricci-Curbastro". MacTutor History of Mathematics archive.
  65. Boyer 「Greek Trigonometry and Mensuration」『A History of Mathematics』 John Wiley & Sons, Inc.、1991年、Second、162。ISBN 978-0-471-54397-8。「For some two and a half centuries, from Hippocrates to Eratosthenes, Greek mathematicians had studied relationships between lines and circles and had applied these in a variety of astronomical problems, but no systematic trigonometry had resulted. Then, presumably during the second half of the second century B.C., the first trigonometric table apparently was compiled by the astronomer Hipparchus of Nicaea (ca. 180-ca. 125 B.C.), who thus earned the right to be known as the father of trigonometry. Aristarchus had known that in a given circle the ratio of arc to chord decreases from 180° to 0°, tending toward a limit of 1. However, it appears that not until Hipparchus undertook the task had anyone tabulated corresponding values of arc and chord for a whole series of angles.」
  66. Wheeler, Lynde, Phelps (1951). Josiah Willard Gibbs - the History of a Great Mind. Ox Bow Press.
  67. Michael J. Crowe (1994). A History of Vector Analysis : The Evolution of the Idea of a Vectorial System. Dover Publications; Reprint edition.
  68. Who is called the father of political science?” (英語). Study.com. 2018年12月8日確認。
  69. Niccolò Machiavelli is the Father of Modern Political Science - Fact or Myth?” (英語). factmyth.com. 2018年12月8日確認。
  70. Otlet, P. (1934), Traité De Documentation: Le Livre Sur Le Livre, Théorie Et Pratique, Editiones Mundaneum: Mons, Belgium 
  71. Rousseau, Ronald (2014), “Library Science: Forgotten Founder of Bibliometrics.”, Nature 510 (7504): 218, Bibcode 2014Natur.510..218R, doi:10.1038/510218e, PMID 24919911 
  72. H. Mowlana (2001). "Information in the Arab World", Cooperation South Journal 1.
  73. Zafarul-Islam Khan, At The Threshold [sic] Of A New Millennium – II, The Milli Gazette.
  74. Akhtar S. W. (1997). “The Islamic Concept of Knowledge”. Al-Tawhid: A Quarterly Journal of Islamic Thought & Culture 12: 3. 
  75. Willcox, William Bradford、Arnstein, Walter L. 『The Age of Aristocracy, 1688 to 1830』 Volume III of A History of England, edited by Lacey Baldwin Smith、1966年、Sixth Edition, 1992、133頁。ISBN 978-0-669-24459-5。「Adam Ferguson of Edinburgh became "the father of modern sociology."」
  76. Auguste Comte, Britannica Student Encyclopedia. Accessed October 5, 2006.
  77. p. 87, Full Meridian of Glory, Paul Murdin, New York: Springer, 2009, テンプレート:ISBN2 (print), テンプレート:ISBN2 (online).
  78. DIWAN, Jaswith 『ACCOUNTING CONCEPTS & THEORIES』 MORRE、LONDON、001–002。id# 94452。
  79. L. K. Jha, K. N. Jha (1998). "Chanakya: the pioneer economist of the world", International Journal of Social Economics 25 (2-4), p. 267-282
  80. Rothbard, Murray N. 「Chapter 12 — The founding father of modern economics: Richard Cantillon」『Economic thought before Adam Smith: An Austrian Perspective on the History of Economic Thought』 Edward Elgar、Cheltnam, UK、2006年、345頁。ISBN 978-0-945466-48-2。「The honour of being called the 'father of modern economics' belongs, then, not to its usual recipient, Adam Smith, but to a gallicized Irish merchant, banker, and adventurer who wrote the first treatise on economics more than four decades before the publication of the Wealth of Nations. Richard Cantillon (c. early 1680s-1734)…」
  81. Pelo, June. “Anders Chydenius”. 2007年11月26日確認。
  82. Steven Pressman, Fifty Major Economists, Routledge 1999 (ISBN 0-415-13481-1), p. 20.
  83. Acton Institute: Anders Chydenius (1729-1803)”. 2007年11月26日確認。
  84. Cleveland C.; Ruth M. (1997). “When, where, and by how much do biophysical limits constrain the economic process? A survey of Georgescu-Roegen's contribution to ecological economics”. Ecological Economics 22 (3): 203–223. doi:10.1016/s0921-8009(97)00079-7. 
  85. Daly H (1995). “On Nicholas Georgescu-Roegen's contributions to economics: An obituary essay”. Ecological Economics 13 (3): 149–54. doi:10.1016/0921-8009(95)00011-w. 
  86. Mayumi K (1995). “Nicholas Georgescu-Roegen (1906-1994)”. Structural Change and Economic Dynamics 6 (3): 115–120. doi:10.1016/0954-349x(95)00014-e. 
  87. 『Bioeconomics and Sustainability: Essays in Honor of Nicholas Georgescu-Roegen』 Cheltenham: Edward Elgar、1999年。ISBN 978-1-85898-667-8
  88. Mayumi, Kozo 『The Origins of Ecological Economics: The Bioeconomics of Georgescu-Roegen』 Routledge, Taylor & Francis Group、2001年。ISBN 978-0-415-23523-5
  89. John Maynard Keynes”. Investopedia. Investopedia. 2015年2月11日確認。
  90. Blinder. “Keynesian Economics”. Library of Economics and Liberty. Liberty Fund. 2015年2月11日確認。
  91. Briggs. “John Maynard Keynes: The Man Who Transformed the Economic World”. Investing Answers. 2015年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月11日確認。
  92. Rothbard, p 379.
  93. Woods, p. 155.
  94. Pressman, Steven50 Major Economists』 Taylor & Francis〈Routledge Key Guides〉、2006年、2、137頁。ISBN 97804153664892013年1月5日確認。
  95. “Dun's Review”. Dun's Review 94: 146. (1969). https://books.google.com/books?id=v8cSAQAAMAAJ 2013年1月5日閲覧。. 
  96. "Expanding Microcredit in India: A Great Opportunity for Poverty Alleviation", Grameen Dialogue.”. 2012年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月26日確認。
  97. Ellen Swallow Richards - Vassar College Encyclopedia - Vassar College”. VCEncyclopedia.Vassar.edu. 2018年1月15日確認。
  98. Rothbard, p 167
  99. Rothbard, p 102
  100. Rothbard, p 100-101
  101. Find Local Contractors - Home Remodeling Contractors on Ecnext”. goliath.Ecnext.com. 2018年1月15日確認。