アイザック・ニュートン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイザック・ニュートン(英語:Isaac Newton、生没年:1642年~1727年)とはイギリス数学者物理学者である。微積分及び万有引力の法則、光のスペクトルを発見した人物として知られる。

概要[編集]

上述の「輝かしい業績」から世界一有名な科学者と言っても過言ではない存在と言えるかも知れないが、微積分に関してはドイツの数学者ライプニッツと先取権論争していたらしいし万有引力についても同郷の物理学者ロバート・フックと先取権を巡って醜い争いを繰り拡げていたそうであるから、彼の業績っちゅーんは一体何処までが真実なのか些か怪しい所がある。(経済学者ケインズもニュートンの事を「最後の錬金術師」などと言ってからかっていたそうだし…。)

彼の世界最大の業績といえばやはり用ドア(「キャットフラップ」というらしい)の発明であろう。愛猫家としても知られるニュートンは猫達に対する異常なまでの愛情が昂じて遂に自邸内の人用扉の隣に上述の猫用ドアを設けてしまったそうである。たかが飼い猫の為に高級住宅のドア横の壁に風穴ぶち開けて猫専用扉作るなぞ正気の沙汰とは到底思えない。彼に工事を命じられた大工はこの極めて奇怪な仕事の依頼にさぞかし困惑した事であろう( ˘•ω•˘ )💦

りんごの木[編集]

ニュートンといえば自邸内に生えていた林檎から落ちる林檎を見て万有引力の法則を着想したというエピソードが有名であるが東京都文京区にある小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)には彼の生家の林檎の木が接ぎ木という形で現存している。かつてフジテレビ系バラエティ番組トリビアの泉に於いてこの小石川植物園の林檎の木から生ったりんごが不味いというトリビアが紹介されていたのだが、理由は何でも「全然品種改良してなかったから」だとか。飽くまで番組放送当時の話であり現在どうなってるのかは筆者は知らないが興味のある読者は食べれ。(無論東大から許可が下りればの話だが…)実際に喰ってみて凄ぇまずかったとしても当局では一切の責任を負いかねますので悪しからず御了承下さいm(_ _)m

ニュートンの肖像