渡邉寛

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

渡邉 寛(わたなべ ひろし、1931年12月10日[1] - 1997年11月[2])は、日本の経済学者。東日本国際大学経済学部国際経済学科教授、学部長[1]東北大学名誉教授[3]

東京生まれ[1]東京商科大学予科に入学後、マルクス経済学者の宇野弘蔵を師と仰ぐ[4]。1953年、一橋大学経済学部卒業[1]法政大学助手[4]、助教授、東北大学教授を経て、東日本国際大学教授[1]。在職中に急逝した[4]

経済学者の太田仁樹は、渡邉の著書『レーニンの農業理論』を、「レーニンの言説に対して批判的な分析を加えた最初の学問的著作というべきで,研究史上画期的な位置を占めている」と評した[5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『レーニンの農業理論』 御茶の水書房、1963年
  • 『レーニンとスターリン――社会科学における』 東京大学出版会(UP選書)、1976年/川上忠雄編・解説、こぶし書房(こぶし文庫)、2007年
  • 『迷走するECの農業政策』 批評社、1994年

共著[編集]

  • 『日本のマルクス経済学――その歴史と論理』上下 日高普ほか共著、青木書店、1967-68年
  • 『講座帝国主義の研究――両大戦間におけるその再編成 1 帝国主義論の形成』 降旗節雄、桜井毅共著、宇野弘蔵監修、青木書店、1973年
  • 『講座帝国主義の研究――両大戦間におけるその再編成 2 世界経済』 加藤栄一ほか共著、宇野弘蔵監修、青木書店、1975年

訳書[編集]

分担執筆[編集]

  • 『世界思想教養全集第11 マルクスの政治思想』 桑原武夫ほか編、河出書房新社、1962年
  • 『資本論講座 第6分冊 地代・収入』 遊部久蔵編、青木書店、1964年
  • 『世界の思想 第11 マルクスの政治思想』 桑原武夫ほか編、河出書房新社、1965年
  • 『世界の大思想 第2期 第4 マルクス 経済学・哲学論集』 務台理作ほか責任編集、河出書房、1967年
  • 『世界の大思想 第2期 第5 エンゲルス』 務台理作ほか責任編集、河出書房、1967年
  • 『経済学全集 第15 農業経済論』 大内力編著、筑摩書房、1967年
    • 『経済学全集 20 農業経済論』 大内力編著、筑摩書房、1977年
  • 『マルクス経済学の研究 上』 鈴木鴻一郎編、東京大学出版会、1968年
  • 『マルクス経済学――理論と実証』 日高普ほか編、東京大学出版会、1978年
  • 『現代の資本主義を読む――「グローバリゼーション」への理論的射程』 半田正樹、工藤昭彦編、批評社、2004年
  • 『福本和夫の思想――研究論文集成』 小島亮編、こぶし書房、2005年
  • 『宇野理論の現在と論点――マルクス経済学の展開』 櫻井毅、山口重克、柴垣和夫、伊藤誠編著、社会評論社、2010年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 日外アソシエーツ編『現代日本人名録 1998 4. ひろ~わ』日外アソシエーツ、1998年、1668頁
  2. 現代の資本主義を読む 批評社
  3. レーニンとスターリン 社会科学における honto
  4. 4.0 4.1 4.2 レーニン論 紀伊國屋書店
  5. 太田仁樹「<研究ノート>マルクス主義理論史研究の課題(X) : 岡田和彦著『レーニンの市場と計画の理論』によせて」『岡山大学経済学会雑誌』31巻2号、1999年、276頁