カール・マルクス

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1875年頃のカール・マルクス

カール・ハインリヒ・マルクスKarl Heinrich Marx1818年5月5日 - 1883年3月14日)はドイツ人ジャーナリスト。共産主義思想家である[1]

概要[編集]

共産主義の理念はマルクスが打ち立てたものでは無い[2]。生産手段を共同所有する事を前提に経済や社会組織を構築することによって、平等・公平で差別や搾取の無い社会を実現しようとする理念であり、資本主義社会が発生する時期に既に登場している[3]

元来、マルクスの思想は政治・歴史・経済を巻き込む極めて多様な要素を持つ思想であった。しかし、ソヴィエト・マルクス主義の出現により単純化されてしまっている[4]

サブカルチャーへの影響[編集]

ライトノベル『いでおろーぐ!』は、作者の椎田十三曰く、マルクスの『ドイツ・イデオロギー』に着想を得ているらしい。

出典・引用等[編集]

  • 『岩波 哲学・思想辞典』 廣松渉 子安宣邦 三島憲一 宮本久雄 佐々木力 野家啓一 末木文美彦、岩波書店、1998年3月18日 発行、1st。ISBN 4-00-080089-2

脚注[編集]

  1. 廣松 1998, pp. 1530右段-1531左段.
  2. 廣松 1998, pp. 341右段-342左段.
  3. 廣松 1998, p. 342左段.
  4. 廣松 1998, p. 1530右段.