賢島駅の歴史

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。

賢島駅の歴史(かしこじまえきの歴史)は、三重県志摩市に存在する近畿日本鉄道近鉄志摩線鉄道駅 (旅客駅)である賢島駅の歴史のことである。

概要[編集]

志摩半島英虞湾にある、志摩半島とわずか10m隔てた賢島という離島にある地上駅鉄道駅である。近鉄志摩線の終点である。

沿革[編集]

狭軌時代の賢島駅[編集]

1968年10月1日ダイヤ改正にて、鳥羽駅との間の営業キロは25.1km、所要時間は55分、運転本数33往復と上り1本志摩磯部駅止まり。運賃は130円だった。周遊券周遊指定地「伊勢志摩1」 の指定地接続駅だった。

駅周辺[編集]

ホテル、旅館といった宿泊施設、飲食店がある。

バス停留所[編集]

航路[編集]

隣の駅[編集]

参考文献[編集]