石和町

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いさわちょう
石和町
日本国旗.png日本
地方甲信越地方
所属山梨県東八代郡
人口2万7380 人
面積14.92 km2
人口密度192 人/km2
備考昭和31年(1956年)に石和町が誕生。平成16年(2004年)10月12日に笛吹市に新規編入されて消滅
Wikipedia-logo.png石和町

石和町(いさわちょう)とは、山梨県東八代郡にかつて存在したである。現在は笛吹市の一部となって消滅している。

概要[編集]

この町は甲府盆地の東、笛吹川の西岸に位置する町であった。町名の石和は平安時代石禾郷(いさわのごう)に由来するといわれている。もともと、甲斐守護として君臨した甲斐武田氏永正17年(1519年)に武田信虎が本拠地を甲府に移すまでここを本拠にしていた。そのため、武田家関係の寺社や建築関係が非常に多い。江戸時代には石和代官所も設置され、宿場町として繁栄した。

明治時代末期の明治40年(1907年)に大水害が起こり、それにより石和町の中心部は流失埋没して砂礫地となる。しかし整理が行なわれて復興した。温泉も古くから湧出していたが、昭和36年(1961年1月にブドウ畑の中から60度の高温の湯が多量に湧出するという突発的事件が起きたのを契機として、この町は果樹と温泉の町として有名になった。

昭和31年(1956年9月、旧石和町と英村岡部村の1町2村が合体し、昭和32年(1957年)に甲府市との一部境界を変更し、昭和34年(1959年4月富士見村を編入した。

この町は前述のように温泉による観光業と、ブドウや桃、柿、林檎などの果樹のほか、豊富な地下水や温泉を利用した錦鯉の生産が主要産業となっている。観光の見どころとしては甲斐武田氏ゆかりの古社寺をはじめ、甲府盆地湖水伝説の残る佐久神社、歴史民俗資料館などがある。

平成16年(2004年10月12日御坂町一宮町八代町境川村東山梨郡春日居町と合併して笛吹市が発足したことにより、石和町は廃止された。

石和町の見どころ[編集]

石和町の特産品[編集]

石和町の年中行事[編集]

人口の変遷[編集]

平成8年(1996年)度3月31日の住民台帳によると石和町の人口は2万3894人、平成16年(2004年10月1日の人口は2万7380人である。

人口・面積[編集]

  • 人口は2万3894人[1]
  • 面積は14.92平方キロメートル[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 平成8年度3月31日の住民台帳