年末

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

年末(ねんまつ)とは、の終わりのことである。現在多くの国で採用されているグレゴリオ暦では、年末は12月31日であり、実際にはその前数日、あるいは数週間も含めて年末と称されることが多い。また、年末の後には年始が訪れ、合わせて長期間の休みになる場合が多いので、年末年始と併称する場合も多い。しかし、日本の旧暦では、年によって12月29日12月30日かのどちらかが年末であり、12月31日が年末になることはなかった。古代ローマにおいては、年末は現在と同じく12月であったが、年始は3月であった。これは、冬の間は農業ができない以上、年に含めても意味がないと考えられたためである。

年末の風物詩[編集]

スポーツ[編集]

サッカー
競馬 (中央競馬地方競馬)
  • 有馬記念 - 長らく12月最終日曜日のメインレースで定着している。
  • ホープフルステークス - 2017年以降は、こちらが12月最終開催日 (概ね12月28日) に開催されることがほとんどである。
  • 東京大賞典 - 地方競馬唯一の国際G1レース。12月29日の開催で定着。
陸上競技

テレビ番組[編集]

12月下旬より前に開催されるものも含む。また、以下に記載されるもの以外にも1年を振り返る番組・企画が多い。ここでは概ね5年以上放送されている番組を記載する。

NHK総合・Eテレ
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
TBS系列
テレビ東京系列
フジテレビ系列

過去[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ただし決勝戦は、2005年以降テレビ朝日の本社で行われている。
  2. ただしM-1とTHE MANZAIでは出場に関する条件が異なっていた。
    • M-1グランプリ - 結成15年以内 (2010年までは結成10年以内) の2人組以上のグループで、プロ・アマ問わず出場可。
    • THE MANZAI - 芸歴等の制限はないが、プロの漫才師のみ出場可。