小田和正

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア小田和正の項目があります。

小田 和正(おだ かずまさ、1947年9月20日 - )は、日本シンガーソングライター音楽プロデューサー会社役員

プロフィール[編集]

概要[編集]

関東学院六浦小学校、横浜市立八景小学校、聖光学院東北大学工学部建築学科を経て、早稲田大学大学院理工学研究科修了。

オフコースリーダーボーカリスト

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


作品[編集]

小田和正の作品一覧」を参照

出演[編集]

ドキュメンタリー[編集]

特別番組[編集]

  • 追いかけて、追い続けて〜小田和正の世界(1992年1月24日、NHKBS2) - ファンを公言する小宮悦子によるロングインタビューがメイン。その他、映画「いつか どこかで」監督風景や、Far East Club Band リハーサル・ライブの映像(インタビュー以外は、後述の「音楽達人倶楽部」で放送されたものとほぼ同じ)。
  • 音楽達人倶楽部「小田和正」(1992年2月6日、NHK総合) - 映画「いつかどこかで」監督風景やFar East Club Band リハーサル・ライブ映像。
  • クリスマスの約束TBS) - 2001年より毎年12月25日(クリスマス)前後に放送。
  • 情熱大陸700回記念特別企画井上真央が撮る小田和正』(2012年6月10日、6月17日、MBS
  • KAZUMASA ODA TOUR"どーもどーも その日が来るまで"(2012年6月24日、WOWOWライブ) - 2011年から2012年にかけて行われた全国ツアーから2011年9月28日、29日の東京ドーム公演の模様を放送。
  • 100年インタビュー「時は待ってくれない〜小田和正」(2017年3月20日、NHK BSプレミアム) - 聞き手はオフコース時代からの大ファンである阿部渉アナウンサー。同年3月15日の『NHKニュース おはよう日本』(NHK総合)でも10分間のダイジェスト版を放送。同年6月11日に60分の短縮版(同年8月10日未明(同年8月9日深夜)にもNHK総合で放送)、同年8月13日に未公開シーンとライブ映像、オフコース時代に出演した『若い広場』のダイジェストを織り込んだ3時間の完全版を放送。
  • 小田和正音楽特番『風のようにうたが流れていた』(2019年3月30日、TBS) - 2001年から2017年までクリスマスの時期に放送されていた小田出演の『クリスマスの約束』の制作チームが手がけた特別番組。小田の母校である神奈川県横浜市聖光学院中学校・高等学校で収録。
  • 小田和正 Tour 2018〜2019 ENCORE!! ENCORE!!(2019年10月19日、NHK BSプレミアム) - 全国24か所64公演、およそ55万人を動員した最新の全国ツアーの中から追加公演の模様を放送。さらにライブではおなじみとなっている名物企画「御当地紀行」を、阿部渉アナウンサーと一緒にめぐり、ライブにかける思いや心境が語られた。

CM[編集]

  • goodtimes & badtimes(1988年)、Little Tokyo(1989年)
  • 君にMerry Xmas(1989年 クリスマス2日間限定)、Oh! Yeah!(1991年)、my home town(1992年)
  • アルバム『Oh! Yeah!』(1991年)
  • Oh! Yeah!
  • アルバム『自己ベスト』(2002年)
  • アルバム『そうかな』(2005年)
  • トヨタアリオン(2005年)
  • Re
  • 今日も どこかで

タイアップ(CM)[編集]

  • 野球編・ラグビー編 - 哀しみを、そのまま(1986年) ※野球編は小田、ラグビー編は市川崑がそれぞれ演出。
  • 卒業編 - 僕の贈りもの(1988年)
  • 仲直り編・床屋編 - 恋は大騒ぎ(1990年) ※仲直り編は小田の企画、演出。床屋編では自身も出演。
  • いつか どこかで(1991年) ※映画『いつか どこかで』の撮影風景を使用
  • 風と君を待つだけ(1991年)、だからブルーにならないで(1993年)
  • 風の坂道(1993年)
  • またたく星に願いを(1993年)
  • 風のように(1997年)、こんな日だったね(1999年)
  • JRA ブランドCM
  • woh woh(2000年・2011年)、19の頃(2000年・2012年)、風の街(2001年)、彼方(2013年)
  • 言葉にできない(2000年 - 2003年 ※一時期、小田のライブ映像を使用)、たしかなこと(2004年)、オリジナル曲(2010年)、愛になる(2014年)、風を待って(2020年7月 - )
  • 大好きな君に(2003年)、
  • オリジナル曲(2006年3月-6月)
  • 大好きな君に(2006年)、風の坂道(2008年)、緑の街(2011年)、Re(2013年)、この街(2014年- )、キラキラ(2018年-)
  • 若葉のひと(2009年3月)
  • 今のこと(2013年6月)
  • wonderful life(2015年5月- )
  • オリジナル曲(2017年3月- )
  • JAL×コカ・コーラ2020「Airport」篇
  • 会いに行く(2020年12月- )

関連書籍[編集]

  • Time can't wait(小田和正 著、1990年初版、朝日新聞社
  • キャディ(小田和正 著、1994年初版、スタジオシップ
  • YES-NO小田和正ヒストリー(小貫信昭 著、1998年初版、角川書店
  • たしかなこと(インタビュアー/著 小貫信昭、2005年初版、ソニー・マガジンズ
  • 小田和正歌詞集 風うた〜恋〜(小田和正 著、2006年初版、主婦と生活社
  • 小田和正全詞集 大切なことば(小田和正 著、2007年初版、ジービー)
  • 小田和正という生き方(陥合真司 著、2009年初版、青弓社
  • 小田和正ドキュメント1998-2011(小貫信昭 著、2011年初版、幻冬舎
  • ダイジョウブ(小田和正 著、2011年初版、講談社

受賞歴[編集]

1997年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. オフコース時代に明治ブルガリアヨーグルトのCMソングを歌ったことがある。

出典[編集]


外部リンク[編集]