年始

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

年始(ねんし)とは、の始まりのことである。グレゴリオ暦そのほか多くの暦では1月1日が1年の最初の日となっており、その後数日も含めて年始と呼ぶことが多い。日本では年始は比較的長期間の休みになる場合が多く、このために年末と合わせて年末年始とも称される。しかし、年は循環するものなので、実際にはいつを1年の始まりとしても問題ない。例えば、古代ローマでは、現在の3月に当たる月を年始としていた。それは、現在の1月と2月に当たる月は冬季で農業ができなかったため、月に名前が付けられていなかったためである。また、天文学などでは、便宜的に1月1日の1つ前の日付として「1月0日」というものを仮定し、これを年始とする場合がある。