旧暦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧暦(きゅうれき)とは、現在のが採用される前に採用されていた暦のことである。日本においては、グレゴリオ暦が採用される直前の時点で使用されていた暦である天保暦を旧暦と称する。しかし、実際には、その前に採用されていた寛政暦などの太陰太陽暦も天保暦と大差はないので、合わせて旧暦と言ってしまう場合が多い。中国や朝鮮半島でも同様に、現在採用されているグレゴリオ暦が採用される直前に使用されていた太陰太陽暦を旧暦と呼んでいる。また、ヨーロッパにおいては、グレゴリオ暦が採用される直前の段階ではユリウス暦が採用されていたので、ユリウス暦が旧暦である。さらに、ユリウス暦にとっての旧暦はローマ暦となる。