西武立川駅

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西武立川駅
せいぶたちかわ
Seibu-Tachikawa
SS34 武蔵砂川 (2.0km)
(2.7km) 拝島 SS36
所在地東京都立川市西砂町一丁目21-2
駅番号SS35
所属事業者西武鉄道
所属路線拝島線
キロ程11.6km(小平起点)
西武新宿から34.2km
駅構造地上駅橋上駅
ホーム1面2線
乗降人員
-統計年度-
11,705人/日
-2019年-
開業年月日1968年昭和43年)5月15日

西武立川駅(せいぶたちかわえき)とは、東京都立川市にある西武拝島線の駅。駅番号SS35

概要[編集]

立川市昭島市との境界に位置する。青梅線昭島駅が南側にあり、徒歩20分である。

駅南口は西武鉄道所有の広大な空き地があったが、2009年7月より再開発が開始され2011年3月頃より順次完成している[1]。駅前に立川市により区画整理が行われ、ヤオコーサンドラッグが出店。名鉄不動産住友不動産によりマンションや建売住宅が建設された。またロータリーが完成しており、タクシーの乗り場がある。将来的に路線バスの乗り入れが出来る様に敷地が確保されている。

駅北口は2013年5月現在、ロータリーが完成してはいるが商業施設は建設されていない。但し、戸建やアパートなどが遂次建築されている。

立川駅との関係[編集]

「西武立川」という駅名ではあるが、単に立川市に位置しているというだけであり、立川市中心部にある東日本旅客鉄道(JR東日本)立川駅から北西におよそ5km程度離れている。また立川駅と異なり、都市拠点機能や繁華街が形成されてはおらず、駅前は閑静な住宅地として立川駅とは対照的な風景となっている。なお西武立川駅そのものは昭島市武蔵村山市境の近くに位置している。

同様の例は、練馬区中心部に位置する練馬駅西武池袋線)と、練馬区と板橋区の区境に位置する東武練馬駅東武東上線)、また行田市中心部に位置する行田市駅秩父鉄道)と、行田市と熊谷市鴻巣市の市境に位置する行田駅JR高崎線)、相模原市中心部に位置する相模原駅JR横浜線)と相模原市と座間市境に位置する小田急相模原駅小田急線)、古河市中心部に位置する古河駅JR宇都宮線)と渡良瀬川を挟んだ埼玉県加須市に位置する新古河駅東武日光線)でも見られる。

バス路線[編集]

脚注[編集]

西武新宿方面<<) 小平 - 萩山 (>>西武遊園地方面) - 小川 - 東大和市 - 玉川上水 - 武蔵砂川 - 西武立川 - 拝島