藤圭子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア藤圭子の項目があります。

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本演歌歌手。娘はシンガーソングライター宇多田ヒカル。元夫は歌手の前川清、音楽プロデューサーの宇多田照實

プロフィール[編集]

概要[編集]

本名は宇多田 純子(うただ じゅんこ)。旧姓は阿部(あべ)。

岩見沢市立栄中学校卒業。

沢の井音楽事務所新栄プロダクションなどを経て、U3MUSIC取締役。

1969年に『新宿の女』でデビュー。

主な代表作は『女のブルース』など。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
RCA
1 1969年
9月25日
A面 新宿の女 石坂まさを
みずの稔
石坂まさを 小谷充 JRT-1037
B面 生命ぎりぎり 石坂まさを 池田孝
2 1970年
2月5日
A面 女のブルース 石坂まさを 猪俣公章 成田征英 JRT-1057
B面 あなた任せのブルース 森川登 池田孝
3 1970年
4月25日
A面 圭子の夢は夜ひらく 石坂まさを 曽根幸明 原田良一 JRT-1077
B面 東京流れもの 不詳
4 1970年
7月25日
A面 命預けます 石坂まさを 曽根幸明 JRT-1097
B面 ネオン街の女 池田孝
5 1970年
10月25日
A面 女は恋に生きてゆく 石坂まさを 池田孝 JRT-1117
B面 盛り場数え唄 石坂まさを 中村泰士 原田良一
6 1971年
2月5日
A面 さいはての女 石坂まさを 彩木雅夫 池田孝 JRT-1137
B面 東京花ものがたり 石坂まさを
7 1971年
5月5日
A面 恋仁義 石坂まさを 曽根幸明 JRT-1167
B面 涙ひとしずく 野々卓也 池田孝
8 1971年
6月5日
A面 みちのく小唄 石坂まさを 野々卓也 池田孝 JRT-5
B面 会津磐梯山 不詳
9 1971年
7月5日
A面 愛の巡礼 浅木しゅん 石坂まさを 高田弘 JRT-1177
B面 圭子の三度笠 石坂まさを 池田孝
10 1971年
10月25日
A面 知らない町で 石坂まさを 曽根幸明 JRT-1197
B面 圭子の網走番外地 不詳 池田孝
11 1972年
1月25日
A面 京都から博多まで 阿久悠 猪俣公章 池田孝 JRT-1207
B面 街の子 竹村次郎
12 1972年
5月25日
A面 別れの旅 阿久悠 猪俣公章 池田孝 JRT-1237
B面 哀別 石坂まさを 中村泰士 馬飼野俊一
13 1972年
9月25日
A面 花は流れて 石坂まさを 鈴木邦彦 池田孝 JRT-1257
B面 遊侠の人
14 1972年
12月5日
A面 悲しみの町 石坂まさを 浜圭介 竜崎孝路 JRT-1267
B面 白い坂道が見える窓 野々卓也
15 1973年
3月25日
A面 明日から私は 山上路夫 鈴木邦彦 JRT-1277
B面 別れ道 石坂まさを
16 1973年
7月25日
A面 花小唄 石坂まさを 野々卓也 池多孝春 JRT-18
B面 新東京小唄 神坂薫
17 1973年
8月25日
A面 遍歴 石坂まさを 曽根幸明 池多孝春 JRT-1297
B面 愛の孤独 たつみりょう 馬飼野俊一
18 1973年
11月5日
A面 恋の雪割草 山口洋子 猪俣公章 竹村次郎 JRT-1327
B面 御用牙 石坂まさを 曽根幸明
19 1974年
4月5日
A面 京都ブルース なかにし礼 馬飼野康二 JRT-1337
B面 女の人生
20 1974年
6月5日
A面 火の国小唄 石坂まさを 野々卓也 池多孝春 JRT-21
B面 萩の女 はぞのなな 森山慎也 竜崎孝路
21 1974年
7月5日
A面 私は京都へ帰ります 山口洋子 猪俣公章 池多孝春 JRT-1357
B面 雨の仙台 石坂まさを たつみりょう 馬飼野俊一
22 1974年
8月25日
A面 命火 石坂まさを 小杉仁三 JRT-1377
B面 夜のブルース 原田良一
23 1975年
1月25日
A面 あなたの噂 山口洋子 猪俣公章 竹村次郎 JRT-1397
B面 銀座のお恵ちゃん 石坂まさを 三条ひろし 長作幸男
24 1975年
4月25日
A面 生きてるだけの女 浜岡幸 賀川幸生 小山恭弘 JRT-1417
B面 さすらい花 石坂まさを 岡千秋 小谷充
25 1975年
9月25日
A面 さすらい よしかわかおり 遠藤実 斉藤恒夫 JRT-1447
B面 風子二十四不幸せ 島田幸一
26 1975年
11月5日
A面 はしご酒 はぞのなな 赤坂通 小山恭弘 JRT-1457
B面 裏町流し唄 石坂まさを 岡千秋 佐藤まさと
27 1976年
4月25日
A面 女だから 小谷夏 中村泰士 馬飼野俊一 RVS-1007
B面 あなたはもう他人
28 1976年
8月25日
A面 聞いて下さい私の人生 六本木哲 池多孝春 RVS-1027
B面 薄化粧 石坂まさを 若林いさむ 竜崎孝路
29 1977年
2月5日
A面 哀愁酒場 石坂まさを 平尾昌晃 竜崎孝路 RVS-1047
B面 あなたへの未練 山田孝雄
30 1977年
6月25日
A面 貴方ひとすじ 石坂まさを 若林いさむ 池多孝春 RVS-1077
B面 新宿エレジー 上條たけし
31 1977年
11月5日
A面 面影平野 阿木燿子 宇崎竜童 馬飼野俊一 RVS-1107
B面 圭子のドンデン節
32 1978年
5月
A面 銀座流れ唄 阿木燿子 宇崎竜童 大村雅朗 RVS-1127
B面 猫と女
33 1978年
10月
A面 酔い酔い酒場 阿木燿子 宇崎竜童 小山恭弘 RVS-1148
B面 女文字
34 1979年
3月
A面 北の港町 遠藤実 斉藤恒夫 RVS-1167
B面 わくらばの宿 一条貴之 岡千秋 池多孝春
35 1979年
10月
A面 可愛い女 中山大三郎 船村徹 栗田俊夫 RVS-1197
B面 赤ちょうちんブルース
CBS・ソニー
36 1981年
10月
A面 螢火[注 1] 阿木燿子 三島大輔 若草恵 07SH-1057
B面 恋狂い 一文字まこと 森川範一
ロリーポップ
37 1984年
7月
A面 あいつが悪い[注 2] 伊藤アキラ 浜圭介 桜庭伸幸 a-15267
B面 (カラオケ) -
リバスター
38 1984年
10月
A面 蝶よ花よと 鳥井実 西谷翔 池多孝春 7RC-0037
B面 酒の駅 荒川利夫 立木達也 南郷達也
ポリドール
39 1986年
6月25日
A面 東京迷路[注 3] 浅木しゅん 杉本真人 松井忠重 7DX-1436
B面 (カラオケ) -
40 1987年
2月25日
A面 新宿挽歌 なかにし礼 船村徹 丸山雅仁 7DX-1471
B面 北国流れ旅 八坂こうじ 武田芳美 斉藤恒夫
41 1988年
3月25日
A面 旅路 星野哲郎 北原じゅん 馬場良 7DX-1547
B面 群馬慕色
42 1989年
2月25日
A面 新地の雨[注 4] 桂三枝 美波有 桜庭伸幸 7DX-1591 (EP)
H10P-40012 (CD)
B面 浪花の女 藤田まさたか
センチュリーレコード
43 1994年
4月21日
01 酒に酔うほど Ra U[注 5] Ra U
Sking U
平岩嘉信 CEDC-10390
02 婚約解消 Ra U
日本クラウン
44 1996年
8月21日
01 天国 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵 CRDN-341
02 献身
45 1996年
9月25日
01 冷たい月[注 6] Ra U & Sking U 宮川彬良 CRDN-347
02 ゴールデン・エラ[注 7]
46 1996年
10月23日
01 千年のかがり火 曲保 曽根幸明 CRDN-2011
02 MY FRIENDS
47 1997年
10月22日
01 男と女 Ra U Ra U
Sking U
Como-Lee CRDN-511
02 抱いて…
スバック
48 2014年
2月13日
01 母子舟[注 8] 石坂まさを 平尾昌晃 竜崎孝路 SVCA-241
02 恋して母は

アルバム[編集]

LP
  1. 新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて(1970年3月5日) ※オリコン1位20週連続獲得。2013年4月 復刻版CD発売。
  2. 女のブルース(1970年7月5日) ※オリコン1位17週連続獲得。2013年4月 復刻版CD発売。
  3. 演歌の競演 清と圭子(1970年12月) ※オリコン1位5週連続獲得。
  4. 歌いつがれて25年 藤圭子演歌を歌う(1970年12月5日)1970年10月23日 渋谷公会堂ライブ ※オリコン2位獲得
  5. さいはての女(1971年3月5日) ※2013年11月 復刻版CD発売。
  6. 圭子の人生劇場(1971年7月5日)
  7. 藤圭子リサイタル(1971年10月5日)1971年7月5日 サンケイホール ライブ
  8. 圭子のわらべ唄(1971年12月25日)with グリーメン
  9. 知らない町で(1971年12月25日) ※2013年11月 復刻版CD発売。
  10. 藤圭子オン・ステージ(1972年5月25日)上記渋谷公会堂ライブの一部を4チャンネルステレオ
  11. 別れの旅(1972年6月25日)※2014年2月 復刻版CD発売。
  12. オリジナル・ゴールデン・ヒット集(1972年8月5日)
  13. 遠くへ行きたい/「演歌の旅」(1972年12月5日)
  14. 悲しみの町(1973年2月)※2016年1月 復刻版CD発売。
  15. 演歌の旅 緋牡丹博徒(1973年6月)
  16. 遍歴/明日から私は(1973年9月)
  17. 演歌全集8枚組(1973年12月5日)『故郷/艶姿』『任侠/港灯』『憂愁/恋心』『巷歌/出発』と分冊でも発売
  18. 女のブルース/藤圭子ブルースを唄う(1974年2月)
  19. 京都ブルース(1974年4月)
  20. 夜とあなたが(1974年7月)
  21. 圭子のにっぽんひとりあるき(1974年9月)
  22. 藤圭子演歌の世界(1974年10月)
  23. 命火(1974年10月)
  24. あなたの噂(1975年3月)
  25. 生きてるだけの女(1975年6月)
  26. 女だから(1976年6月)
  27. 聞いて下さい私の人生/デビュー七周年記念 藤圭子リサイタル(1976年11月5日)1976年9月24日 新宿コマ劇場ライブ
  28. 南国土佐を後にして(1976年12月)
  29. 明治一代女(1976年12月)
  30. 緋牡丹博徒(1976年12月)
  31. 霧の摩周湖(1976年12月)
  32. 女の意地(1976年12月)
  33. 黒い花びら(1976年12月)
  34. 哀愁酒場(1977年4月)
  35. 貴方ひとすじ(1977年7月)
  36. 面影平野(1977年12月)※2014年2月 復刻版CD発売。
  37. マイ・セレクション 藤圭子(1978年) 藤が自ら選曲したベストアルバム
  38. ビッグ・ショー演歌・浪曲・おんなの涙(1978年5月)1978年2月26日『NHKビック・ショー』ライブ
  39. 歌謡劇場(1978年12月20日)
  40. 10周年記念 涙唱!藤圭子(1979年5月)
  41. さよなら藤圭子(1980年2月21日)1979年12月26日 新宿コマ劇場 さよなら公演ライブ
  42. 螢火-右・左-(1981年11月)
  43. 蝶よ花よと(1984年11月)
CD
  1. STAR(1993年9月17日)
  2. 圭子の夢は夜ひらく 藤圭子 HIT COLLECTION(1999年5月21日)
  3. 藤圭子 POPS COLLECTION(1999年5月21日)
  4. 藤圭子 伝説の名曲(1999年10月21日)
  5. GOLDEN☆BEST 藤圭子(2005年10月26日)
  6. スーパーベスト(2005年12月11日)
  7. GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌(2010年12月8日)
  8. 藤圭子 ベスト・ヒット(2012年9月1日)
  9. 藤圭子 スーパー・ヒット(2012年9月1日)
  10. 藤圭子 ベスト・ヒット 昭和歌謡を歌う(2012年11月1日)
  11. 藤圭子 スーパー・ヒット 昭和歌謡を歌う(2012年11月1日)
  12. 新宿の女 (復刻版)(2013年4月10日)※Blu-spec CD2
  13. 女のブルース (復刻版)(2013年4月10日)※Blu-spec CD2
  14. 宇多田純子さん安らかに(2013年9月30日)
  15. さいはての女(復刻版)(2013年11月27日)※Blu-spec CD2
  16. 知らない町で(復刻版)(2013年11月27日)※Blu-spec CD2
  17. 別れの旅(復刻版)(2014年2月26日)※Blu-spec CD2
  18. 面影平野(復刻版)(2014年2月26日)※Blu-spec CD2
  19. 悲しみの町(復刻版)(2016年1月8日)※Blu-spec CD2
CD-BOX
通信販売限定の6枚組CD-BOX。『シングル・コレクション1』『シングル・コレクション2』『ブルース』『怨歌・任侠・さすらい』『昭和の名曲』『リサイタル』 合計101曲収録。
  • 藤圭子 コンプリート・シングル・コレクション 〜15年の輝石〜(2005年9月21日)
通信販売限定の6枚組CD-BOX。『シングル・コレクション1969~1971』『〃1971~1973』『〃1974~1976』『〃1976~1984』『任侠・股旅&80'S歌謡』『大正~昭和名曲集』RCA時代のシングル盤A面B面全曲他 合計109曲収録。
通信販売限定の5枚組CD-BOX。『オリジナルを歌う』『男の情を歌う』『女心を歌う』『人生・昭和を歌う』『ふるさと・叙情を歌う』の五つのテーマで構成されている。自身のヒット曲22曲に加え、男性歌手の曲や抒情歌などカバー曲を86曲、合計108曲収録。
通信販売限定の6枚組CD-BOX。『歌いつがれて25年 藤圭子演歌を歌う』『藤圭子リサイタル』『聞いて下さい私の人生』『さよなら藤圭子-1』『さよなら藤圭子-2』(同タイトルLPのリマスタリング)『ディレクターズ・セレクション』(榎本襄選曲によるスタジオ録音8曲)合計110曲を収録。付録の小冊子には、デビューから引退までの10年間担当だった元RCAディレクター榎本襄のインタビューも掲載されている。

CMソング[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1970年(昭和45年)/第21回 圭子の夢は夜ひらく 13/24 西郷輝彦
1971年(昭和46年)/第22回 2 みちのく小唄 09/25 舟木一夫 内山田洋とクール・ファイブのメインボーカル代理として

港の別れ唄』も歌唱[注 10]

1972年(昭和47年)/第23回 3 京都から博多まで 13/23 美川憲一
1975年(昭和50年)/第26回 4 さすらい 03/24 堺正章
1976年(昭和51年)/第27回 5 はしご酒 15/24 殿さまキングス

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

主な出演作[編集]

映画[編集]

  • 盛り場流し唄 新宿の女(1970年、日活
  • ずべ公番長 夢は夜ひらく(1970年、東映
  • 涙の流し唄 命預けます(1970年、松竹
  • 女子学園 やばい卒業(1970年、日活)
  • 藤圭子 わが歌のある限り(1971年、松竹)

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

ほか多数

書籍[編集]

タイトル 著者 出版年月 出版社 備考
演歌の星 藤圭子物語 藤圭子 1971年7月10日 ルック社 絶版
宇多田ヒカル 母娘物語 石坂まさを 1999年11月1日 ゴマブックス 絶版
きずな 藤圭子と私 石坂まさを 2013年10月10日 文藝春秋 1999年刊行『きずな』の再発売 現在は電子版が入手可能
流星ひとつ 沢木耕太郎 2013年10月11日 新潮社
藤圭子 追悼 夜ひらく夢の終わりに 編集:阿部晴政 2013年10月29日 河出書房新社 KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集 藤圭子
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾 大下英治 2013年11月1日 イースト・プレス
怨歌の誕生 五木寛之 2013年12月12日 双葉社 表題作は1970年6月7日付毎日新聞日曜版エッセイ

『艶歌と援歌と怨歌』に加筆[注 11]。現在は電子版が入手可能

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 藤圭似子名義。
  2. 圭子名義。
  3. ホース音楽出版から発売された自主制作盤も存在する(規格品番:a-18222)。
  4. 桂三枝とのデュエット。
  5. 藤のペンネーム。
  6. 藤圭子 with cubic U名義(宇多田ヒカルとのデュエット)。
  7. 1999年5月5日に、本楽曲とそのカラオケ版の2曲を収録したシングルCDが発売された(規格品番:CRDP-214)。
  8. 1984年頃に録音された未発表曲2曲を収録したシングルCD[1]
  9. 灘五郷(西宮)震災後酒造部門廃業。
  10. 当時の夫であった内山田洋とクール・ファイブメインボーカル前川清が急病でダウンしたため。内山田洋とクール・ファイブの出番自体はフォーリーブスに振り替えられたが、『港の別れ唄』は藤がメインボーカルを担当し残りのメンバーがバックコーラスを務める形で歌われた。
  11. 初出:オール讀物(文藝春秋)1970年10月、1971年『 四月の海賊たち』で単行本化。

出典[編集]

  1. Sponichi Annex 2013年12月21日付

外部リンク[編集]