宇多田ヒカル

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇多田ヒカル
読みうただ ひかる
生年月日1983年1月19日
出身地ニューヨーク
職業シンガーソングライター
レーベルエピックレコードジャパン
公式サイト宇多田 ヒカル 公式サイト
年齢37歳

宇多田ヒカル(うただひかる、1983年1月19日 - )は、日本を代表するシンガーソングライター。U3MUSIC所属。レーベルはエピックレコードジャパンに所属。

概要[編集]

1998年12月、シングル「Automatic/time will tell」で東芝EMIからデビュー。ラジオのプロモーションから人気が出始め、その後マスコミで演歌歌手である藤圭子の娘だと報じられ話題となる。この勢いで1999年2月「Movin' on without you」をリリース。この「Automatic」「Movin' on without you」の2曲によって社会現象となる。当時、小室哲哉を中心とした小室ファミリーが人気となっていたが、このことがきっかけとなり小室ブームは終焉し宇多田を中心にR&Bやヒップホップがブームとなる。1stアルバム「First Love」は700万枚を超える日本最大のヒットを記録した。1999年12月ビーイングから倉木麻衣がデビューするとプロモーションビデオや歌唱スタイルから宇多田と似ていると比較され話題となった。

2001年、2ndアルバム「Distance」が浜崎あゆみの「A BEST」と同日リリースで話題となった。どちらのアルバムもオリコン1位、450万枚以上を記録した。

2010年、人間活動を宣言し休業するが「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」とUtada名義で「Utada The Best」をリリース。Utada名義のベストアルバムは本人の意向とは違うレコード会社の都合でリリースされ不満を宇多田が発言したことで問題となった。

2016年、8年ぶりのアルバム「Fantôme」をリリースした。2形態以上リリースが常識となった日本の音楽市場で1形態のリリースで余裕の売上を記録した。2018年レコード会社を現在のエピックレコードジャパンに移籍。アルバム「初恋」をリリースした。

外部リンク[編集]