美輪明宏

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア美輪明宏の項目があります。

美輪 明宏(みわ あきひろ、1935年昭和10年)5月15日 - )は、日本の男性歌手俳優演出家タレント霊能力者

プロフィール[編集]

概要[編集]

本名・旧芸名は丸山 明宏(まるやま あきひろ)。

海星中学を経て、国立音楽大学附属高校中退。

1950年代から歌手として活動し、『毛皮のマリー』、『黒蜥蜴』などで俳優、『もののけ姫』、『ハウルの動く城』などで声優としても活動をしている。

人物[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


作品[編集]

シングル[編集]

  • メケ・メケ/ジェルソ・ミーナ(1957年 SB-31、コロムビア)
  • ジョリー・シャポー/目を閉じて(1957年 SB-35 )
  • 蟻の街シャンソン / 指男 (1959年)
  • ヨイトマケの唄/ふるさとの空の下で (1965年 BS-261 )
  • 太陽が大好き / 兄弟
  • 湯どうふの唄/トニーの唄(1966年)
  • 雪国の女ごころ/哀しみの中から(1967年 BS-642 )
  • 黒蜥蜴の唄 / 息子よ (1968年)
  • むらさき小唄/大江戸出世小唄(1970年4月10日 SN-941 、テイチク テレビドラマ「雪之丞変化」主題歌)
  • 東京娘/人生の並木路(1971年)
  • ヨイトマケの唄 / メケ・メケ (1973年 BS-1725 、キング ベストカップリングシリーズ)
  • 昼メロ人生/砂漠の青春(1983年4月)
  • ヨイトマケの唄 / ラストダンスは私と (1998年12月23日)
  • ヨイトマケの唄/いとしの銀巴里/人の気も知らないで(2003年10月1日)
  • ヨイトマケの唄/ふるさとの空の下で (2013年10月)
  • 愛の讃歌/群衆 (2014年10月)

オリジナルアルバム[編集]

編集アルバム[編集]

  • 華麗な世界(1973年、SKA-60)
  • 美輪明宏の世界 (1987年4月21日)(1994年)(2006年11月)
  • 愛の贈り物(1991年8月21日)(2006年11月)
  • 全曲集(1996年9月21日)
  • 全曲集(1999年9月3日、KICX-2523)
  • 全曲集(2000年9月6日、KICX-2616)
  • 全曲集(2001年9月5日、KICX-2711)
  • 全曲集(2002年9月2日、KICX-2812)
  • 全曲集(2003年9月3日、KICX-2912)
  • 全曲集(2004年9月1日 KICX-3212)
  • ベストセレクション シャンソン・アルバム(2004年12月1日)
  • 全曲集 (2005年9月7日、KICX-3312)
  • テイチク・ワークス 1970-1971(2006年4月26日)
  • 全曲集(2006年9月6日、KICX-3412)
  • 全曲集(2007年9月5日、KICX-3512)
  • 全曲集 2009(2008年09月10日)
  • ベストセレクション(2008年11月26日)
  • 全曲集 2010(2009年9月9日)
  • ベストセレクション2010(2010年4月7日)
  • 全曲集 2011(2010年10月6日)
  • 全曲集 2012(2011年9月)
  • 全曲集 2013(2012年10月)
  • 全曲集 2014(2013年9月)
  • 全曲集 2015(2014年9月)

企画アルバム[編集]

  • 丸山明宏”魅惑の古賀メロ”を唄う(1971年1月5日)
  • 懐かしの欧州ヒット曲集 シャンソンとタンゴ(1973年、日本ビクター
  • ヨーロッパ・ヒットをうたう(1992年10月21日)
  • 昭和の名歌を唄う(1995年9月6日)
  • 日本の心を歌う(1999年8月27日)
  • 《愛》を歌う(2001年2月21日)
  • 古賀メロディーを唄う(2002年10月22日)
  • 日本の詩を唄う(2006年11月8日)
  • メケ・メケ (2014年2月、日本コロムビア
  • 愛の讃歌 エディット・ピアフに寄せて(2014年7月)

ライブアルバム[編集]

  • 魅惑のコンサート(1977年、ポリドール
  • 老女優は去り行く 美輪明宏のすべて(1978年、CBSソニー
  • 喝采~銀巴里ライヴ(1981年12月、ヴィクター)(1994年12月1日)
  • ジァン・ジァンライブ'94(1995年2月20日)

ボックス・セット[編集]

  • 美輪明宏全集(2002年3月6日)
  • 美輪明宏大全集(2015年12月)

オムニバス[編集]

  • シャンソン・ド・銀巴里(1970年4月5日)(2012年6月)
  • 魅惑のシャンソン(1997年12月)
  • 魅惑のムード・ヴォーカル 癒しの歌声コレクション(2010年2月)

映像作品[編集]

  • 人生愛と美の法則1(2006年3月24日)
  • 人生愛と美の法則2(2006年3月24日)
  • リサイタル”愛” 1 日本の心を唄う~'91秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  • リサイタル”愛” 2 サンジャンの恋人~'91秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  • リサイタル”愛” 3 愛しの銀巴里~'93秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  • リサイタル”愛” 4 愛の賛歌~'93秋パルコ劇場~(2006年12月6日)
  • 毛皮のマリー 2001年版 (2011年5月)
  • 雪之丞変化 DVD-BOX (2013年6月)
  • 美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して~(2013年12月)

その他[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 青森県のせむし男(1967年、1983年)
  • 毛皮のマリー(1967年、1983年、1994年、1996年、2001年、2009年)
  • 黒蜥蜴 (1968年、1969年、1993年、1994年、1997年、2003年、2005年、2008年、2013年、2015年)
  • 双頭の鷲 (1968年、1984年、1997年、1999年、2007年、2008年)
  • 椿姫 (1968年、1969年、1998年、2004年、2012年)
  • マタ・ハリ(1969年)
  • 枯葉の寝床(1978年)
  • 愛の讃歌 エディット・ピアフ物語(1979年、1981年、1996年、2000年、2006年、2011年、2014年)
  • 花粉熱(1979年)
  • リチャード三世(1980年)
  • アラバールの大典礼(1985年)
  • 近代能楽集より 葵上・卒塔婆小町(1996年、1998年、2002年、2010年)

映画[編集]

  • 永すぎた春(1957年) - シャンソン歌手 役
  • 暖流(1957年) - KRテレビ(現在のTBS)に出演中の歌手 役
  • 女であること(1958年) - 歌手 役(オープニングで同名主題歌を歌う)
  • 東京野郎と女ども(1958年) - 舶来のシスターボーイ 役
  • 蟻の街のマリア(1958年) - ジャン 役
  • 愛情の都(1958年) - 歌手 役(銀座のクラブの出演歌手として歌う)
  • 体当りすれすれ娘(1959年) - 佐伯登 役
  • 新婚列車(1959年) - 君島登 役
  • 未婚(1959年) - 四人組仙吉 役
  • 激闘(1959年) - 香港ジョー 役
  • 夜の配役(1959年) - 吉岡 役
  • 愛の濃淡(1959年) - ロロ 役
  • 続べらんめえ芸者(1960年) - 小柳明 役
  • 銀座退屈娘(1960年) - 大沢ジロー 役
  • 風流滑稽譚 仙人部落(1961年) - 洗濯屋の小僧 役
  • 猟人日記(1964年) - 本人 役
  • 黒蜥蜴(1968年松竹 深作欣二監督) - 黒蜥蜴(緑川夫人) 役
  • 黒薔薇の館(1969年、松竹、深作欣二監督) - 藤尾竜子 役
  • 女賭博師壷くらべ(1970年、大映井上芳夫監督) - 竜神のお松 役
  • 書を捨てよ町へ出よう(1971年、日本ATG寺山修司監督) - 地獄のマヤ 役
  • バカ政ホラ政トッパ政(1976年、東映中島貞夫監督) - シャンソン歌手 役
  • 日本人のへそ(1977年、日本ATG、須川栄三監督) - 会社員、偽学生=ヤクザ、助教授 役(3役)
  • TAKESHIS'(2005年、松竹/オフィス北野、北野武監督) - 大物歌手(本人) 役
  • ドキュメンタリー映画『追憶』(2016年) - ナレーション [1]

テレビドラマ[編集]

バラエティ他[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

2016年・2017年は未出場。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2012年(平成24年)/第63回[3] ヨイトマケの唄 21/25 和田アキ子
2013年(平成25年)/第64回 2 ふるさとの空の下に 19/23 石川さゆり
2014年(平成26年)/第65回[4] 3 愛の讃歌 22/23 中島みゆき トリ前
2015年(平成27年)/第66回 4 ヨイトマケの唄(2) 23/26 レベッカ
  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

劇場アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

携帯公式サイト[編集]

音声ガイド[編集]

  • 東京国立博物館「伊勢神宮と神々の美術展」(2009年)

著書[編集]

単著[編集]

  • 丸山明宏『紫の履歴書』大光社 1968 のち角川文庫、水書坊
  • 『新・紫の履歴書』面白半分 1976
  • 『獅子の座蒲団 霊感・人生相談』角川書店 1983年 のち「獅子の座ぶとん」文庫
  • 『霊の実在』明日香出版社 1984 現代辻説法
  • 『生きるって簡単』佼成出版社 1987年
  • 『悩まなくてよい本 霊能的雑業家の開運アドバイス』佼成出版社 ダルマブックス 1987
  • 『ほほえみの首飾り 南無の会辻説法』水書坊 1989
  • 『光をあなたに:美輪明宏の心麗相談』メディアファクトリー 1995年
  • 『人生ノート』パルコ出版 1998年
  • 『天声美語』講談社 2000年
  • 『強く生きるために』主婦と生活社 2000年
  • 『ああ正負の法則』パルコ出版 2002年
  • 『愛の話 幸福の話』集英社 2002年
  • 『地獄を極楽にする方法』主婦と生活社 2003年
  • 『霊ナァンテコワクナイヨー』パルコ出版 2004年
  • 『人生学校虎の巻』家の光協会 2005年 ISBN 978-4-259-54671-7
  • 『戦争と平和 愛のメッセージ』岩波書店 2005年 ISBN 978-4-00-023648-5
  • 『美輪明宏のおしゃれ大図鑑』集英社 2005年 ISBN 978-4-08-780413-3
  • 『世なおしトークあれこれ』パルコ出版 2007年 ISBN 978-4-89194-751-4
  • 『続・人生学校虎の巻』家の光協会 2008年
  • 『乙女の教室』集英社 2008年
  • 『愛と美の法則』パルコ出版 2009年
  • 『花言葉』パルコ出版 2010年 ISBN 978-4-89194-835-1
  • 『悩みも苦しみもメッタ斬り!』家の光協会 2011年 ISBN 978-4-259-54735-6
  • 『明るい明日を』パルコ出版 2012年 ※第18回スポニチ文化芸術大賞グランプリ受賞
  • 『人生はドンマイドンマイ』家の光協会 2013年
  • 『楽に生きるための人生相談』朝日新聞出版 (2015/12/7)
  • 『心の嵐を青空に』家の光協会 (2016/12/12)
  • 『愛の大売り出し』パルコ (2018/2/28)
  • 『おだやかに生きるための人生相談』朝日新聞出版 (2019/9/6)

共著[編集]

脚注[編集]

  1. “ペリリュー島の戦いをつづるドキュメンタリー公開、ナレーションは美輪明宏”. 映画ナタリー. (2016年9月20日. http://natalie.mu/eiga/news/202403 2016年9月20日閲覧。 
  2. 美輪明宏、子ども番組初登場 Eテレ『にほんごであそぼ』新キャラクターに”. ORICON STYLE (2016年1月27日). 2016年1月27日確認。
  3. 最年長初出場歌手(当時77歳)
  4. 最年長出場歌手記録更新(当時79歳、昨年までは藤山一郎が一位)
  5. もののけ姫”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日確認。
  6. ハウルの動く城”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日確認。
  7. 16年半の歴史に幕~「愛と別れ」のお話”. TBSラジオ2020年3月29日). 2020年3月29日確認。

外部リンク[編集]