日本棋院

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像募集中.png

日本棋院(にほんきいん、英文:The Nihon Ki-in)は、我が国の伝統文化である棋道の継承発展及び内外への普及振興を図るとともに、棋士の健全な育成を行い、囲碁を通して文化の向上に資することを目的とした団体である[1]。正式名は公益財団法人日本棋院であり、本部を東京都千代田区五番町7-2(市ヶ谷駅前)に置く。囲碁の段級位認定は、日本では日本棋院と関西棋院だけが行っている。約300人の棋士が所属している。職員として事務員や棋院発行の出版物をまとめる記者などが所属している。

歴史[編集]

明治から大正前期の囲碁界は、家元の本因坊家と方円社が勢力を競い合っていた。1923年(大正12年)の関東大震災を契機として、大同団結の機運が高まり、中央棋院裨聖会方円社に合同を申し入れ、これを拒否するならば方円社との新聞手合を拒絶すると迫った。方円社はこれを受け入れ、関西の棋士らも参加して棋界合同協議を開催、同年5月に方円社は解散し、翌1924年(大正13年)7月17日、大倉喜七郎を後援者として、碁界大合同による日本棋院が設立された。方円社所属棋士は日本棋院所属となった。総裁に牧野伸顕、副総裁に大倉喜七郎が就任した。

1924年に機関紙『棋道』が創刊された。大倉喜七郎の経済的援助によって1926年に東京麹町区永田町に日本棋院会館が開館した。同年、院社(日本棋院・棋正社)対抗戦が開始された。1927年(昭和2年)、昇段を決める日本棋院の大手合・東西対抗第一回が開始された。1935年(昭和10年)、ラジオ囲碁対局が放送開始された。1936(昭和11)年、第1回全日本アマ選手権戦が開催された。本因坊秀哉から本因坊の名跡は日本棋院にゆずり渡され、1939年(昭和14年)、毎日新聞の協力で第1期本因坊戦が開始された。1945(昭和20)年東京大空襲赤坂区(現港区溜池にあった日本棋院本部が焼失し、目黒岩本七段宅に移転した。1947(昭和22)年には坂田栄男梶原武雄ら8棋士が「囲碁新社」を旗揚げしたが、1949年(昭和24)に日本棋院に復帰した。

1948年(昭和23年)、日本棋院の新会館が東京・芝高輪北町に開館した。1950年(昭和25)年、関西棋院が独立した際に、日本棋院残留派により、日本棋院関西総本部が発足した。1953年(昭和28)年、第1期NHK杯争奪戦・第1回王座戦が開始された。1961年(昭和36年)、第1期名人戦が開始された(読売新聞)。1962(昭和37)年NHKテレビ囲碁対局が開始された。1971年(昭和46年)、東京・市ヶ谷に日本棋院・新会館が竣工した。1973年(昭和48年)年、日本棋院・中部総本部会館が竣工した。1976年(昭和51年)、第1期棋聖戦が開始された。同年、名人戦が読売新聞から朝日新聞に移行し、第1期名人戦開始。同年、第1期碁聖戦・第1期天元戦開始。1977(昭和52)年、週刊『碁』創刊。1979(昭和54)年、第1回世界アマチュア囲碁選手権戦開催。2003年(平成15年]]、大手合を廃止し、新昇段制度を制定した。2005年(平成17年)、日本棋院関西総本部、大阪梅田・阪急ファイブアネックスビルに移転した。2011年(平成23年)、公益財団法人に移行した。2014年(平成26年)、関西総本部は「大阪市北区茶屋町19-19」に移転し、梅田囲碁サロンを開館した(大阪市北区角田町1番12号)。

発行誌[編集]

機関誌として月刊「碁ワールド」、また年刊「囲碁年鑑」を発行している。入門者向け雑誌として「囲碁未来」、週刊誌として「週刊碁」がある。

組織概要[編集]

  • 名称:公益財団法人日本棋院
  • 創立:大正13年7月17日
  • 日本棋院東京本院:〒102-0076 東京都千代田区五番町7-2
  • 代表者:團宏明
  • 日本棋院有楽町囲碁センター:東京都千代田区有楽町二丁目10-1
  • 日本棋院関西総本部:大阪府大阪市北区茶屋町19-19
  • 梅田囲碁サロン:大阪府大阪市北区角田町1-12 阪急ファイブアネックスビル6F
  • 日本棋院中部総本部:愛知県名古屋市東区橦木町1-19

事業内容[編集]

  • 国内海外への囲碁の普及および国際交流の推進
  • 棋士の育成と棋道研鑽
  • 囲碁会館の運営、囲碁学校・公開実用講座の開催
  • 棋戦(棋聖戦、名人戦、本因坊戦など)の企画、実施、後援
  • 各種アマチュア囲碁大会、指導員講習会の企画、実施、後援
  • インターネットによる棋戦のライブ中継および囲碁情報の提供
  • 囲碁に関する雑誌、新聞図書の刊行並びに囲碁用品の販売
  • 囲碁に関する図書室、資料館の設置と運営
  • 囲碁の段級審査および免状の交付

歴代総裁[編集]

(注)総裁の空白期間:1947年 - 1952年, 1987 - 1993年, 1996 - 2004年

歴代理事長[編集]

(注)加藤正夫が2004年12月30日急逝したため、2005年の理事長は空席である。

役員等[編集]

  • 総裁:今井敬 新日鐵住金株式会社 名誉会長
  • 顧問:大竹英雄 名誉碁聖
  • 理事長:[[團宏明] 公益財団法人日本棋院 理事長
  • 副理事長:小林覚 日本棋院棋士 九段
  • 常務理事:後藤俊午 日本棋院棋士 九段
  • 常務理事:大淵盛人 日本棋院棋士 九段
  • 常務理事:宮崎龍太郎 日本棋院棋士 七段
  • 常務理事:久保秀夫 日本棋院棋士 七段
  • 常務理事:平野則一 日本棋院棋士 五段
  • 常務理事:原幸子 日本棋院棋士 四段
  • 常務理事:重野由紀 日本棋院棋士 二段
  • 理事:小松英樹 日本棋院棋士 九段
  • 理事:齋藤喜以子 くらし・まちづくりコーディネーター
  • 理事:佐川八重子 株式会社桜ゴルフ 代表取締役
  • 理事:角和夫 阪急電鉄株式会社 代表取締役会長
  • 理事:高濱正伸 花まる学習会代表
  • 理事:土屋弘志 大成建設株式会社 常務執行役員
  • 理事:外池徹 アライドメディカル 代表取締役、アフラック元相談役
  • 理事:堀義人 グロービス経営大学院 学長
  • 理事:松浦晃一郎 元ユネスコ事務局長、世界ペア碁協会会長
  • 監事:橋本雄二郎 日本棋院棋士 九段
  • 監事:[大内隆美]] 構想日本政策スタッフ
  • 監事:[藏本隆]] 公認会計士、税理士

評議員[編集]

参考文献[編集]