日本の冤罪が指摘されている事件の一覧

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本の冤罪が指摘されている事件の一覧(にほんのえんざいがしてきされているじけんのいちらん)は、日本冤罪の疑いがあるとされている事件の一覧。

概要[編集]

何らかの形で冤罪の疑いがあるとされている事件の一覧。無罪判決が確定した事件はこの項から外す。

一覧[編集]

1920年代[編集]

  • 山本老事件 - 目撃証言の矛盾や拷問による自白から冤罪が疑われるが、戦争にとって事件の捜査資料が焼失したことも影響して2度の再審請求棄却。遺族によって第三次再審請求が行われるも、刑事訴訟法応急措置法一八条についての判断が最高裁で示されて再審請求棄却。

1950年代[編集]

1952年
  • 白鳥事件 - 疑惑のピストルが問題となる。再審請求が行われるも棄却。しかし、最高裁において「白鳥決定」という再審において重要な決定が下された。

1960年代[編集]

1966年
  • 袴田事件 - 死刑判決確定後も無罪を主張。第二次再審請求によって事件から48年後の2014年3月27日に再審開始が決定。

1970年代[編集]

1974年
富山事件 - 革マル派の一人が殺害された事件で1987年に有罪判決が確定。1995年に出所。再審請求中。

1980年代[編集]

1985年
松橋事件 - 殺人事件で有罪確定も、自白で焼却されたとされた布が存在や凶器と傷口が合わないなどの理由で再審請求。

1990年代[編集]

1992年
  • 飯塚事件 - 一貫して無罪を訴えるも2008年10月に死刑執行。遺族が再審請求。
1995年
  • ケヤキ・庭石事件 - 1995年から不正に財産を得ようとしていたとして特別背任で3人が有罪。2014年に1人が再審請求。

2000年代[編集]

2001年
2002年
2005年
2006年
  • 天竜林業高校調査書改ざん汚職事件 - 2006年と2007年に調書を改ざんした見返りとして、天竜林業高校前校長が元市長から現金20万円を受け取ったとされる事件。前校長は有罪確定後に再審請求。
2008年
2009年

2010年代[編集]

2011年
2012年
2013年

関連項目[編集]