山川暁夫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山川 暁夫(やまかわ あきお、1927年2月28日 - 2000年2月12日)は、日本の国際政治評論家。本名は山田昭(やまだ あきら)[1]川端治(かわばた おさむ)の筆名も持つ[2]

経歴[編集]

福岡市出身[1]。敗戦直後の旧制浪速高校の学園民主化運動などに参加する中で、日本青年共産同盟(民青の前身)に加盟する。1948年、東京大学経済学部入学、同年10月には日本共産党本部の青年・学生担当部員となる[2]。1954年、東京大学経済学部卒業[1]。1957年、共産党系の通信社ジャパンプレスサービス(JPS)に入社[3]。1960年代半ばから「川端治」の筆名で共産党系の雑誌に安保・沖縄問題などに関する論評を発表。1972年の新日和見主義事件で「分派」の理論的指導者として査問を受けたことを契機に離党するまで、共産党のイデオローグとして活躍する[2]

1972年、JPSを退社[3]。1973年頃から「山川暁夫」の筆名で『朝日ジャーナル』『現代の眼』などに評論を発表し始め、日韓問題、1976年のロッキード事件、1978年の有事立法論議などで注目を集める。1974年春から個人的なニュースレター『MAPP』(Military & Politics Perspective)を不定期で発行。山川と同じく新日和見主義事件でJPSを追われた高野孟の協力を得て[4]、1975年秋に月2回刊行のニュースレター『INSIDER』(インサイダー)を創刊し、編集長となる[5]。1979年秋に『INSIDER』の廃刊を一旦宣言するが、田原総一朗長谷川慶太郎らの協力で株式会社化し1980年2月に再スタート。発行元は「MAP分析研究会」(代表=山川暁夫)から「株式会社まっぷ出版」(のち株式会社インサイダーに改称)に変更となり[4]、高野孟が編集長の座を引き継ぐ[5]。その後も政治評論家として活躍し、日本社会党の機関誌『月刊社会党』などに寄稿する。MAP分析研究会顧問[6][7]

1989年、大阪経済法科大学教養部教授、のち客員教授[8][1]。社会主義運動にも携わり、1986年結成の共産主義者の建党協議会(建党協)に参加[2]。1995年、建党協は“建党協”継承の生田あいらと、建党同盟の山川らに分裂[9]。1998年2月、日本労働者党(日共左派系の組織)と建党同盟が統合して労働者社会主義同盟(労社同)が結成され、山川が議長に選出された[10]

2000年2月12日、心不全で死去、72歳[11]。2010年3月26日、代々木の全理連ビルで「山川暁夫=川端治さん没後10年のつどい」が開催され、高野孟、長谷川慶太郎、有田芳生ら約100人が参加した[12]

人物[編集]

  • 川上徹は『素描・1960年代』(大窪一志との共著、同時代社、2007年)で、民青全学連以外で新日和見主義事件に連座した人物について、「僕が知っているのは、労教協森住和弘国労細井宗一平和委員会熊倉啓安JPの川端治(山川暁夫)・高野孟(香月徹)あたりだけど、みんな主張はそれぞれだったと思う。議論してすりあわせたなんてことは一回もない」と語っている[13]
  • 山川が『INSIDER』の発行を始めた頃、在日記者を名乗っていたソ連KGBレフチェンコ少佐が情報収集のために山川と接触していた[1][7]。1982年にレフチェンコがKGBの日本人エージェントのコードネームや実名を暴露したいわゆるレフチェンコ事件の際、コードネーム「パッシン」が山川暁夫とされたが、山川はエージェントであることを否定し、レフチェンコに対し激しく反論した。
  • 社民党衆議院議員の今川正美によると、長谷川町子のマンガ『サザエさん』に登場するカツオは自身がモデルになっていると語ったとされる。長谷川は山川と同じ福岡市出身[14]

著書[編集]

山田昭名義[編集]

  • 『安保黒書』 潮見俊隆、林茂夫共編、労働旬報社、1969年

川端治名義[編集]

  • 『自民党――その表と裏』 編、新日本出版社、1963年
  • 『安保条約下の日本』 新日本出版社(新日本新書)、1965年
  • 『今日の自由民主党』 新日本出版社(新日本新書)、1968年
  • 『現代日本の政治の条件』 新日本出版社、1968年
  • 『70年闘争とアジアの未来』 畑田重夫、唐沢敬共著、新日本出版社(新日本新書)、1969年
  • 『あすを呼ぶベトナム――写真集 その生活と思想』 小西久弥対談、小西久弥写真、新日本出版社(新日本新書)、1969年
  • 『現代史の記録(全4巻)』 新日本出版社、1970年
  • 『青年と沖縄問題――70年代をどう生きる』 編著、日本青年出版社(青年新書)、1971年
  • 『青年のための沖縄問答』 日本青年出版社(青年新書)、1971年
  • (監修)『沖縄問題資料集』 日本青年出版社(青年新書)、1971年

山川暁夫名義[編集]

  • 『激動するアジアと朝鮮――日韓民衆の連帯を求めて』 青地晨、井上澄夫、梶谷善久ほか共著、世界政治経済研究所、1976年
  • 『アメリカの世界戦略――日本はそのターゲットか!加担者か』 学陽書房、1978年
  • 『CIA――もう一つの政府』 教育社(入門新書)、1978年
  • 『80年代――その危機と展望』 技術と人間、1979年
  • 『新たなる戦前――山川暁夫政治評論集』 緑風出版、1983年
  • 『85年体制への序章――中曽根・行革・レフチェンコ・大韓機事件を撃つ 山川暁夫政治評論集』 緑風出版、1983年
  • 『湾岸戦争と海外派兵――分析と資料』 剣持一巳、宮嶋信雄共編著、緑風出版、1991年
  • 『短い20世紀の総括――【討論】回転した世界史を読む』 田口富久治、加藤哲郎、稲子恒夫共著、有田芳生構成、教育史料出版会、1992年
  • 『憲法読本――改憲論批判と新護憲運動の展望』 いいだもも、星野安三郎、山内敏弘共編、社会評論社、1993年
  • 『国権と民権――山川暁夫=川端治論文集』 山川暁夫=川端治論文集刊行委員会編、緑風出版、2001年
  • (監修)『21世紀へのワークシート――こどもたちと平和をつくる本』 反核ポッポの会編、反核ポッポの会、1985年
  • (監修)『インサイド・ザ・リーグ――世界をおおうテロ・ネットワーク』 ジョン・リー・アンダーソン、スコット・アンダーソン著、近藤和子訳、社会思想社、1987年

分担執筆等[編集]

山田昭名義[編集]

  • 『新段階のベトナム戦争』 アジア・アフリカ研究所編、労働旬報社、1966年
  • 『君の沖縄――佐藤・ニクソン協定のねらい』 労働者教育協会編、学習の友社、1971年

川端治名義[編集]

  • 『日本の軍隊-自衛隊』 日本共産党中央委員会出版部編、日本共産党中央委員会出版部、1967年

山川暁夫名義[編集]

  • 『朝鮮半島の危機と米軍』 晩声社、1977年
  • 『日韓関係を撃つ――玄海灘をこえる民衆連帯のために』 市民の手で日韓ゆ着をただす調査運動編、社会評論社、1981年
  • 『82年春闘読本――職場・地域から労働運動の再生をめざして』 「82年春闘読本」編集委員会編、「82年春闘読本」編集委員会、発売:新地平社、1982年
  • 『講座現代と変革 第2巻 現代日本の支配構造』 「講座現代と変革」編集委員会編集、新地平社、1984年
  • 『日本社会党への手紙』 松岡英夫、江藤正修編、教育史料出版会、1990年
  • 『PKO問題の争点――分析と資料』 緑風出版編集部編、緑風出版、1991年
  • 『マルクスを読む』 情況出版編集部編、情況出版、1999年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 20世紀日本人名事典の解説 コトバンク
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 平井純一山川暁夫さんを送る会開く」『かけはし』2000.4.10号
  3. 3.0 3.1 二木啓孝「山川暁夫」、朝日新聞社編『「現代日本」朝日人物事典』朝日新聞社、1990年、1671頁
  4. 4.0 4.1 高野孟・余り短かくない自分史・第1部 高野孟の極私的情報曼荼羅&あーかいぶ
  5. 5.0 5.1 インサイダーご購読の皆様へ INSIDER(インサイダー)
  6. 平凡社教育産業センター編『現代人名情報事典』平凡社、1987年、1063頁
  7. 7.0 7.1 「表現の自由」研究会編著『現代マスコミ人物事典』二十一世紀書院、1989年、464頁
  8. デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説 コトバンク
  9. 仲村実「同志であり先輩であった、いいだももさんの死を悼む」『コモンズ』第36号(2011年6月1日)6面
  10. 労社同第1回全国大会について 労働者社会主義同盟
  11. 94. 山川暁夫さん、2月12日に逝去(00/02/15) 旧「ベ平連」運動の情報ページ
  12. 山川暁夫=川端治さん没後10年のつどい 有田芳生の『酔醒漫録』(2010年3月27日)
  13. 川上徹、大窪一志『素描・1960年代』同時代社、2007年、339頁
  14. 故・山川暁夫さんのこと 梟のつぶやき日記~今川正美のブログ(2019年5月26日)

関連文献[編集]

  • 安東仁兵衛 『戦後日本共産党私記』 文藝春秋(文春文庫)、1995年
  • 川上徹 『査問』 筑摩書房、1997年/筑摩書房(ちくま文庫)、2001年
  • 油井喜夫 『汚名』 毎日新聞社、1999年
  • 油井喜夫編 『虚構――日本共産党の闇の事件』 社会評論社、2000年
  • 油井喜夫 『実相――日本共産党の査問事件』 七つ森書館、2008年
  • 油井喜夫 『総括――民青と日本共産党の査問事件』 七つ森書館、2010年
  • 有田芳生 『闘争記』 教育資料出版会、2010年

外部リンク[編集]