南海トラフ地震

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

南海トラフ地震(なんかいとらふじしん、英 Nankai Trough Earthquake)は、日本列島が位置するユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが年間数センチの割合で潜り込み、プレートの境界にひずみが蓄積し、それが一気に解放されることによって起きる海溝型地震である。

南海トラフは駿河湾から日向灘に続く水深4000メートル級の海底が溝状の地形を形成する区域である。駿河湾、遠州灘、熊野灘、紀伊半島の南側海域、土佐湾から日向灘沖までの広い範囲に渡っている。過去1400年間で、約100~200年の間隔で大地震と大津波が繰り返されている。平均約88年周期で大地震が起こると推定されている。南海トラフでは最近の73年間大地震が発生していないため、今後、M8からM9クラスの地震が70-80%の確率で起きると予測されている[1]

近年ではスロースリップの研究が進み、その解析から、危機が迫っているという見解もある[2]

被害想定[編集]

出典:「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ(第一次報告)」平成24年8月29日発表から「各都府県で死者数が最大となるケースの死者数内訳」による人的被害。

  • 死者
    • 静岡県 - 10万9,000人
    • 和歌山県 - 8万人
    • 高知県 - 4万9,000人
    • 三重県 - 4万3,000人
    • 宮崎県 - 4万2,000人
    • 徳島県 - 3万1,000人
    • 愛知県 - 2万3,000人
    • 大分県 - 1万7,000人
    • 愛媛県 - 1万2,000人
    • 大阪府 - 7,700人

過去の南海トラフ大地震[編集]

※なお、延暦地震(794年)は、南海トラフと認定されていないのが多数説であるが、今津は2012年に南海トラフ地震の可能性を指摘している[4]

報告[編集]

南海トラフ巨大地震対策について[5]

参考文献・注釈[編集]

  1. 南海トラフ地震で想定される震度や津波の高さ気象庁
  2. 南海トラフ巨大地震 「スロースリップ」から見えてきた迫りくる危機NHK
  3. 長尾武(2014)「正平(康安)地震(1361 年)による大阪での津波高」京都歴史災害研究 = Historical disaster studies in Kyoto (15), pp.11-20
  4. 今津勝紀(2012)「仁和3年の南海地震と平安京社会」条里制・古代都市研究 = Annals of the Association for Ancient Rural and Urban Studies (28), pp.30-41
  5. 南海トラフ巨大地震対策について中央防災会議、2013年5月28日