日本革命的共産主義者同盟

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本革命的共産主義者同盟(にほんかくめいてききょうさんしゅぎしゃどうめい)は、日本の新左翼党派。略称は革共同(かくきょうどう)。

1957年12月に日本トロツキスト連盟が改称する形で結成され、1958年12月に結成された共産主義者同盟(ブント)と共に日本における新左翼運動の源流となった。分裂を繰り返し、日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)(第四インター)、革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)、日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)などの党派が生まれた。

概要[編集]

1957年1月27日、内田英世・富雄太田竜黒田寛一らが第四インター日本支部準備会として日本トロツキスト連盟を結成した。西京司岡谷進ら関西グループの合流、内田英世の離脱を経て、同年12月1日に日本革命的共産主義者同盟(革共同)に改称した。当初は思想同人的なサークルであった。機関紙は『第四インターナショナル』。1958年4月5日に『世界革命』に改題。

1958年7月、トロツキズムを掲げパブロ派を支持する太田派と、トロツキズムは批判的に摂取すべきとする黒田派が対立する。太田派は反帝国主義・労働者国家無条件擁護、社会党への加入戦術を、黒田派は反帝国主義・反スターリン主義を主張した。西、岡谷らは中間に立った。少数派の太田派は革共同を脱退して関東トロツキスト連盟を結成した(革共同第一次分裂)。

太田派が脱退した革共同では、キャノン派路線の下に第四インターナショナルへの参加を目指す西、岡谷ら関西派と、「反帝・反スタ」を掲げ「革命的マルクス主義グループ」を名乗る黒田派が対立する。1959年に黒田が民青の情報を警視庁公安に売ろうとして未遂に終わっていたことが発覚する。同年8月の第1回大会で黒田が除名されたことをきっかけとして、本多延嘉ら黒田派は革共同から分裂して8月31日に革命的共産主義者同盟全国委員会(革共同全国委)を結成した(革共同第二次分裂)。革共同に残った通称「関西派」(1958年12月結成)は、第一次分裂で外に出た太田派と合体し、1960年11月に日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)を結成した。

革共同全国委では、1962年9月の革共同全国委第三回総会の「三全総路線」をめぐって政治局多数派の本多派と、政治局少数派の黒田派が対立する。本多らは地区党組織への再編・他党派とも共闘した大衆運動路線を、黒田らは産業別組織の維持・イデオロギー闘争路線を主張し、全学連内部でも大学管理法案反対闘争での統一行動をめぐって対立が起きた。1963年4月1日に黒田派は革共同全国委から分裂して日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)を結成した(革共同第三次分裂)。革共同全国委の学生組織「日本マルクス主義学生同盟」では黒田派が多数派を占め、本多派は分裂して「マルクス主義学生同盟・中核派」を結成したことから、上部団体の革共同全国委も中核派と呼ばれるようになった。

参考文献[編集]