寺岡衛

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺岡 衛(てらおか まもる、1935年[1] - )は、日本の新左翼活動家。政治グループ・MELTのメンバー。

1954年、立命館大学に入学、日本共産党に入党。1956年のスターリン批判を契機に、1958年に日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部準備会)に参加した[1]

以後は日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)の指導部の一員となる[2]。1963年に中央専従を酒井与七に引き継ぎ、加入戦術を展開中のJRメンバーを再組織するため関東に派遣され、日本社会党武蔵野総支部オルグ、社青同武三支部書記長に就任した[3]。1969年から社青同解放派高見圭司共労党樋口篤三らと雑誌『根拠地』を刊行した[4]。1960年代後半に再建された第四インター日本支部の政治局の一員となった[3]

1980年代に第四インター日本支部が分裂した際には、第四インターナショナル日本支部再建準備グループ(MELT)に参加した[2]

著書[編集]

  • 『戦後日本労働運動のあゆみ 激動期篇(1945-50年)』 柘植書房、1978年
  • 『戦後左翼はなぜ解体したのか――変革主体再生への展望を探る』 寺岡衛著、江藤正修編、同時代社、2006年
  • 『20世紀社会主義の挫折とアメリカ型資本主義の終焉――左翼再構築の視座を求めて』 寺岡衛著、江藤正修編、柘植書房新社、2010年

脚注[編集]

外部リンク[編集]