坂野潤治

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂野 潤治(ばんの じゅんじ、1937年(昭和12年)5月13日[1] - 2020年(令和2年)10月14日)は、日本の歴史学者。専門は日本近代政治史。東京大学名誉教授。

経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。1963年東京大学文学部国史学科卒業[2]。大学在学中、日本共産党を経て、共産主義者同盟(ブント)に参加[3]60年安保闘争青木昌彦西部邁らとともに全日本学生自治会総連合(全学連)の幹部として参加した[4]。1968年東京大学大学院人文科学研究科国史学専攻博士課程中退[2][5]、東京大学文学部助手。1970年千葉大学人文学部助手。1973年千葉大学人文学部助教授、お茶の水女子大学文教育学部助教授。1975年東京大学社会科学研究所助教授[6]。1986~1998年東京大学社会科学研究所教授(1994~1996年所長)。1998年東京大学名誉教授[7]、千葉大学法経学部教授。2003年退官[8]

藩閥勢力と政党勢力の関係を検討し、明治憲法の立憲的側面を評価した『明治憲法体制の確立』(東京大学出版会、1971年)で注目された[9][10]。『大正政変』(ミネルヴァ書房、1982年)、『昭和史の決定的瞬間』(ちくま新書、2004年)、『明治デモクラシー』(岩波新書、2005年)、『日本近代史』(ちくま新書、2012年)など一般向けの書籍も執筆した。1997年『近代日本の国家構想』(岩波書店、1996年)で吉野作造賞を受賞。2009年『日本憲政史』(東京大学出版会、2008年)で角川源義賞を受賞[11]

2020年10月14日、進行性胃がんのため、東京都大田区の病院で死去。83歳没[12]

人物[編集]

2009年から2016年頃まで3ヶ月に1度、民主党の仙谷由人元官房長官、ジャーナリストの田原総一朗と3人で勉強会を行っていた[9]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『明治憲法体制の確立――富国強兵と民力休養』 東京大学出版会1971年
    • Junji Banno 『The Establishment of the Japanese Constitutional System』 trans. by J. A. A. Stockwin、Routledge、1995年12月18日、New edition。ISBN 0-415-13475-7
  • 『明治・思想の実像』 創文社〈叢書身体の思想 8〉、1977年10月。
  • 『大正政変――1900年体制の崩壊』 ミネルヴァ書房〈歴史と日本人 5〉、1982年4月。
    • 『大正政変――1900年体制の崩壊』 ミネルヴァ書房〈Minerva21世紀ライブラリー 10〉、1994年4月。ISBN 4-623-02402-4
    • 『明治国家の終焉――1900年体制の崩壊』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2010年6月。ISBN 4-480-09296-X
  • 『近代日本の外交と政治』 研文出版、1985年12月。ISBN 4-87636-061-8
  • 『大系日本の歴史 13 近代日本の出発』 小学館、1989年4月。ISBN 4-09-622013-2
    • 『大系日本の歴史 13 近代日本の出発』 小学館〈小学館ライブラリー〉、1993年8月。ISBN 4-09-461013-8
    • 『近代日本の出発』 新人物往来社〈新人物文庫〉、2010年5月。ISBN 4-404-03848-8
  • 『日本政治史――明治・大正・戦前昭和』 放送大学教育振興会〈放送大学教材 1993〉、1993年3月。ISBN 4-595-53491-4
    • 『日本政治史――明治・大正・戦前昭和』 放送大学教育振興会〈放送大学教材 1997〉、1997年3月、改訂版。ISBN 4-595-53492-2
  • 『近代日本の国家構想――1871-1936』 岩波書店、1996年10月。ISBN 4-00-002757-3
    • Junji Banno 『Democracy in Pre-War Japan 1871-1937: Collected Essays』 trans. by Andrew Frasen、Routledge、2001年。ISBN 0-415-22864-6
    • 『近代日本の国家構想――1871-1936』 岩波書店〈岩波現代文庫〉、2009年8月。ISBN 4-00-600228-9
  • 『日本政治「失敗」の研究――中途半端好みの国民の行方』 光芒社、2001年7月。ISBN 4-89542-184-8
  • 『十五年戦争論再考――平和三勢力の敗退』 北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター編、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター〈Academia juris booklet no.1〉、2002年11月。ISBN 4-902066-00-9
  • 『昭和史の決定的瞬間』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2004年2月。ISBN 4-480-06157-6
  • 『明治デモクラシー』 岩波書店〈岩波新書〉、2005年3月。ISBN 4-00-430939-5
  • 『近代日本政治史』 岩波書店〈岩波テキストブックス〉、2006年1月。ISBN 4-00-028040-6
  • 『未完の明治維新』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2007年3月。ISBN 978-4-480-06353-3
  • 『日本憲政史』 東京大学出版会、2008年5月。ISBN 978-4-13-030147-3
  • 『日本近代史』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年3月。ISBN 978-4-480-06642-8
  • 『西郷隆盛と明治維新』 講談社〈講談社現代新書〉、2013年4月。ISBN 978-4-06-288202-6
  • 『〈階級〉の日本近代史――政治的平等と社会的不平等』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2014年11月。ISBN 978-4-06-258589-7
  • 『帝国と立憲――日中戦争はなぜ防げなかったのか』 筑摩書房、2017年7月。
  • 『近代日本の構造――同盟と格差』 講談社〈講談社現代新書〉、2018年5月。ISBN 978-4-06-511729-3
  • 『明治憲法史』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2020年9月。ISBN 978-4-480-07317-4

共著[編集]

編著[編集]

監修[編集]

訳書[編集]

出典[編集]

  1. デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説 コトバンク
  2. 2.0 2.1 日本憲政史 / 坂野 潤治【著】 紀伊國屋書店ウェブストア
  3. 西部邁『六〇年安保――センチメンタル・ジャーニー』洋泉社MC新書、2007年
  4. 坂野潤治さんが死去 東京大名誉教授 (写真=共同) 日本経済新聞(2020年10月20日)
  5. 日本政治「失敗」の研究 / 坂野 潤治【著】 紀伊國屋書店ウェブストア
  6. 「坂野潤治教授略歴・著作目録」『社會科學研究』49巻3号、1998年
  7. 名誉教授:坂野潤治 東京大学社会科学研究所
  8. 『法学論集』18巻1号、千葉大学法学会、2003年
  9. 9.0 9.1 歴史学者、坂野潤治さんが死去 田原総一朗氏「彼に代わる学者は見つからない」 - 芸能社会 SANSPO.COM(サンスポ)(2020年10月20日)
  10. 歴史学者の坂野潤治さんが死去、83歳 近代政治史を研究 毎日新聞(2020年10月21日)
  11. 近代日本の出発 / 坂野 潤治【著】 紀伊國屋書店ウェブストア
  12. 坂野潤治氏死去 歴史学者、83歳 時事ドットコム(2020年10月21日)

外部リンク[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク