ハイリー・センシティブ・パーソン

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハイリー・センシティブ・パーソン(英:Highly Sensitive Person、HSP)は、人間の生存戦略の一つとされる。

概要[編集]

5人に1人くらいの割合で存在する、普通の人より非常に敏感で繊細な事を生存戦略とする人間。

「Elaine N. Aron」という女性の心理学者[1]などによって研究され、1996年頃から広まった概念になる模様。

なんとなく早期警戒機のような役割に感じるが[2]、一般的には「鉱山のカナリア」らしい。

まだ子供の場合はHighly Sensitive Child、HSCと呼ぶらしい。

特徴[編集]

  • 人一倍繊細で気づきやすい。
  • 大きい音にはびっくりしてしまうとか。
  • 不登校の原因、とされる事もある。
  • エンパスと重なる部分もある。

適性[編集]

  • 対人間よりは対動物・植物・物品などの仕事の方が向いているとか。
  • 瞬時に判断が求められる仕事には向いていないとか。

脚注[編集]

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア