Microsoft Windows

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品群。

概要[編集]

Microsoft社が開発しているOSで、2017年現在世界のパーソナルコンピュータ市場でトップシェアとなっている。 近年、Windows10の強制アップデートが何かと有名。

ロゴ[編集]

Windows live square.png

製品一覧[編集]

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!

Windows 9が無いのは公式によると「検索した時にWindows 98や95の情報も表示されるため」らしいが詳細は不明。

呪われたOSとの噂もある。

市場独占の問題[編集]

Windowsはマイクロソフトによる独自仕様のソフトウェア製品(プロプライエタリ・ソフトウェア)であり、その製品構成や販売手法をめぐり2009年時点でもいくつかの国で独占禁止法訴訟が起きている。独占の影響を回避するため、官公庁などの公的機関でLinuxなどオープンソースソフトウェアのOSの採用の動き[1]や、オープンフォーマットなどWindows専用のオフィスソフトに縛られないファイルフォーマットの採用の動きがあり、またOSの役割を低下させるクラウドコンピューティングなどの動きもある。上記のようなマイクロソフトによる独占状態の影響もあり、フリーソフトウェア財団は「自由なソフトウェア」というテーマを掲げ、たびたび「脱Windowsキャンペーン」を行っている。

2011年時点で市販されているパーソナルコンピュータの多くはMicrosoft Windowsがインストール済みであり、そのライセンス費用は製品価格にあらかじめ含まれている。パーソナルコンピュータを購入しても、Windowsを望まず、直後に別のOSで上書きするようなユーザーは、この現状を批判的に「マイクロソフト税」(wp:en:Microsoft tax[2][3]や「Windows税」(Windows tax)と呼ぶこともあった。Linuxディストリビューションの一般化やショップブランドパソコンの増加などによりOSなしで販売する業者も増え、自分でOSをインストールするような中級以上のユーザーはOSなしのパソコンを選択肢に入れられるようになった。

2000年代に入ってからのGoogleを筆頭とするネットサービス企業の台頭・2008年以降のスマートフォン市場を刷新したAppleの躍進、組み込み機器向け製品 (鉄道駅に設置されている発車標[4]や列車・バスの車内で稼動する車内案内表示装置[5]などのデジタルサイネージ製品や、自動車に搭載されているカーナビゲーションシステムPOSシステムアーケードゲームファクトリーオートメーション[6]キオスク端末で利用される)の機能性・カスタマイズ性・安定性が向上したことなどに伴い、Windowsを目の敵にする風潮は以前に比べるとずいぶんと薄れているどころか、Windowsの支持に転じる者もいる[7](それはすなわちクラウドコンピューティングモバイルコンピューティングがIT業界の主戦場となったことによるパーソナルコンピュータOSの影響力の低下であり、マイクロソフトとインテルによる市場支配力の低下をも意味している)。

OS市場の独占によるマイクロソフトの強靭な企業体力や統一された操作性が功を奏し、従業員教育にかかるコストが低下したことや、同一系統のプラットフォーム間におけるアプリケーションの互換性がある程度確保されていることに加え、サービス水準合意 (SLA) を締結すれば、競合他社より高品質なサポートを受けることが出来るため、金融機関(WindowsやIEのバグに起因するシステムトラブルが原因で取引金額に狂いが生じたり、残高データが滅失するなどの金銭的損害が発生した場合であっても、適切なSLA契約を締結していれば、マイクロソフトの企業体力により納得できる金額の補償を受けられる可能性があるため。)などのインフラ系企業などを中心に独占状態による悪影響よりも良い影響のほうが大きいと考える者が多い。前述のメリットを活かし、さまざまな社会インフラの運用にも幅広く利用されているだけでなく、冒頭でも述べた通り、マイクロソフトによるほぼ完全な独自設計であることから他のOSとの互換性や移植性が非常に低く、非常に有用かつ代用が効かないアプリケーションや周辺機器を数多く抱える製品でもあるため、政財界からは電力会社公共交通機関などのインフラ産業と同等の扱いを受けることも珍しくない。日本を含むいくつかの国や地域では、独占禁止法の適用除外の対象と見做され、政府機関との随意契約を締結するケースすら存在する[8][9][10]。また、日本や韓国など、いくつかの国や地域ではマイクロソフトとクライアントOSおよびウェブブラウザに関するSLA契約を独占的に締結しているだけでなく、Windows APIを用いた専用のクライアントソフトやActiveXコントロールを用いている場合がある関係上、WindowsとInternet Explorerを用いて電子政府サービスに接続することを利用者に対し推奨ないしは義務付けているため、Windowsマシンを持っていないユーザーは、街頭に設置されている専用の端末を用いてサービスを利用しなければならない。

日本においては他社のOSやブラウザからのアクセスが原因で電子政府システムに障害が発生した場合には、民事および刑事上の責任を負う可能性がある。日本国内の金融機関も、マイクロソフトとOSやブラウザに関するSLAを独占的に締結している事業者が多く、指定以外のOSやブラウザのバグによる重大事故への対策の観点から、macOSLinuxスマートフォンなどからサービスを利用する行為を禁じている事例が少なくない。

また、英国ではLynxを使用しスマトラ沖地震の支援団体のウェブサイトにアクセスしたロンドン在住の男性が、英国のコンピュータ不正使用法に抵触したとして逮捕され有罪判決が出るという事例が存在している[11]

このような中、さらに問題が発生した。fossBytesに2016年8月6日(米国時間)に掲載された記事「Linux Users Claim That Windows 10 Anniversary Update Deletes Dual-boot Partitions」によるとWindows10がLinux環境を削除する恐れがあり、Linuxユーザーからも独占状態に対する批判が高まっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]