オペレーティングシステム

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

オペレーティングシステム(英:Operating System、OS、オーエス)とは、ハードウェアアプリケーションを仲介する役割を担っているソフトウェアで、コンピューターシステムにおいては非常に重要となる存在である。

概要[編集]

コンピューターとは共生の関係にある。共に進化してきた。

簡単に言うと、ハードウェアの差を埋めて、異なるハードウェア上でも同じアプリケーションが動作するようにしている。

アプリケーションは基本的にはOSを前提にして開発されるため、OSが変わると基本的には動作不能になる。

代表的なOS[編集]

マイクロソフト系列
パーソナルコンピューターといった個人用途向けのOSが有名。ゲーミングPCDirectXの都合上、大体このOS。
  • MS-DOS、Windows95、Windows98、WindowsMe、Windows2000、WindowsXP、Windows Vista‎、Windows7、Windows8、Windows10
アップル系列
  • Classic Mac OS
デザイン関係の分野で広く使われる事になった。
BSD系UNIXをベースに開発された、Classic Mac OSの後継。
  • モバイル機器向け - iOS
グーグル系列
モバイル機器向けのOS。Linuxベース。
UNIX系列
サーバー等の業務用コンピューターで使われる事で有名だが、無料で使えるUbuntu等のOSは、子供向けPCのOSとして採用される事もある。DirectXは使えないのでOpenGL等の別の技術で代替される事がある。
  • UNIX、SunOS、Soralis、FreeBSD、NetBSD、DragonFly
Linux系列
Red Hat系
  • Red Hat、CentOS、Fedora
Debian系
  • Debian、KNOPPIX
Ubuntu系
  • Ubuntu、Kubuntu、Lubuntu、Xubuntu

ビット数について[編集]

32bitOSとか64bitOSという呼ばれ方があるが、それは32bitCPU向けのOSなのか、64bitCPU向けのOSなのか、という違いである。

32bitOSは64bitCPUでも一般的には扱えるが、64bitOSを32bitCPUで扱う事は出来ない。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアオペレーティングシステムの項目があります。