名古屋インターチェンジ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
名古屋ICから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが名古屋インターチェンジの項目をおカタく解説しています。

名古屋インターチェンジ(なごやインターチェンジ、名古屋IC)は、愛知県名古屋市名東区小井堀町に位置する東名高速道路名古屋第二環状自動車道のJCT・本郷ICが併設されたインターチェンジである。

概要[編集]

名東区の東端、長久手に近い場所にある。名古屋ICの語源は明らかでないが、名古屋市で最初にできた高速道路のインターチェンジを普通に「名古屋IC」と命名し、名古屋市の東名以外の高速道路のICが増えても、改称は行われず、そのままの名称で現在に至っていると思われる。

接続及び近隣の一般道路[編集]

接続する一般道は愛知県道60号名古屋長久手線東山通広小路通太閤通)が通じている。また近隣には国道302号線が通じている。

付記[編集]

  • 名古屋市の一番東端、長久手に近い場所に位置しているので、名古屋東インターチェンジ(名古屋東IC)と俗称されることもあるが、誤表記である。
  • 東名全通時に現在の横浜町田インターチェンジが横浜ICと呼ばれていたことや横浜青葉IC音羽蒲郡ICが追加新設された例を踏まえても、「名古屋名東IC」もしくは「名古屋長久手IC」への改称も有りと思われるが、改称が検討された形跡はない。