金日成

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

偉大なる首領金日成同志(キム・イルソン、日本語読:きん にっせい、朝鮮語:김일성、1912年4月15日 - 1994年7月8日)は、北朝鮮の政治家及び軍人。朝鮮民主主義人民共和国を建国した人物。本名は金 成柱金 聖柱金 誠柱ともいわれている(ただし、いずれも読みは全てキム・ソンジュ)また、読みは「キム・イルソン」だが、「金一星」と呼ばれていた時期もあった

金日成
各種表記
ハングル김일성
漢字金日成
発音:キム・イルソン
キミルソン
日本語読み:きん にっせい
英語表記:Kim Il-Sung
Kim Il-Seong

経歴[編集]

1948年から死までの間、常に最高指導者の座に就いていた。以後、偉大な領導者金正日将軍様・敬愛する金正恩元帥様と後継者選びは世襲制であり、事実上の独裁国家(金王朝)を造り上げたことになる。

1945年、日本の敗戦によりソ連より帰国。朝鮮共産党責任書記に就任する。1948年朝鮮民主主義人民共和国が建国されると首相に就任。1949年に妻の金正淑が死去。1950年6月25日、南側に侵攻し朝鮮戦争勃発。1951年には金聖愛と再婚する。戦争指導を中国が行うようになると権力基盤を磐石とするため、南朝鮮出身の南労派をアメリカのスパイとして粛清する。1956年にはソ連でのスターリン批判に影響された、ライバルのソ連派・延安派が金日成を批判したことから粛清する。

1967年にかつては同盟関係にあった甲山派を金正日の主導により粛清。以後北朝鮮は金日成の唯一体系とされ、敬称が首領となる。1972年国家主席となる。1990年には自由民主党金丸信副総裁・日本社会党田辺誠と会談。1992年には息子の金正日を朝鮮人民軍最高司令官に推戴する。1994年6月にジミー・カーターアメリカ元大統領と会談し、南北首脳会談に同意する。同年7月8日に心臓病で死去。82歳没。

最高指導者であった期間は46年であり、ヨシフ・スターリンの29年、毛沢東の31年を遥かに凌ぐ。世襲王制を除けばフィデル・カストロに次ぐ世界歴代2位の長さである。半世紀の統治の間に主に自国民160万人を殺害したとされる[1]。これはポル・ポトの犠牲者、200万人に匹敵する数値である。とは言え、金日成の統治期間は先述の通り46年と長い一方、ポル・ポトの統治期間は僅か4年足らずであるため、ポル・ポトの方が圧倒的に惨い、ともいえる。

死後、長男の金正日が後継者となって金日成の死から3年後の1997年に総書記に就任した。

略歴[編集]

関連項目[編集]