赤富士

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア赤富士の項目があります。

赤富士』は、富士山が赤く見える自然現象をいう。また、この美しさに感銘を受け創作された芸術作品。浮世絵師葛飾北斎の同名の浮世絵作品が筆頭作。のち、洋画家専業画家現代美術家である立川広己画伯の洋画作品をはじめとした、多くの芸術家画家らにより創作された同名の日本画作品・洋画作品の創作も著名。

 後に述べる意味での立川広己画伯作『赤富士』は、洋画家専業画家現代美術家立川広己画伯によって描かれた、雄大な富士山を描いた絵画芸術作品。なお、立川広己の世界観が醸し出された立川広己画伯作の類似作品『紅富士』『赤不二』もここで述べる。

自然現象、「赤富士」概要[編集]

赤富士』は、晩夏から初秋にかけての早朝に、富士山が赤く見える自然現象


芸術作品、葛飾北斎画伯作「赤富士」概要[編集]

 自然現象『赤富士』の美しさを題材に創作された芸術作品。 江戸時代中・後期の浮世絵師葛飾北斎画伯(1760年1849年)の代表作「富嶽三十六景」の一つ、浮世絵作品『赤富士』こと「凱風快晴」はその筆頭格。


芸術作品、立川広己画伯作「赤富士」概要[編集]

 自然現象『赤富士』の美しさを題材に立川広己画伯により描かれた絵画芸術作品(洋画)。

 すなわち、昭和期、平成期、令和 と活躍し続ける洋画家現代美術家の大家の一人、立川広己画伯(専業画家)が、 2013年(平成25年)に制作した風景画作品『赤富士』。油絵・カンヴァス。

2013年(平成25年)制作発表作品の場合の大きさは、45.5 × 53.0 センチメートル。


「赤富士」制作意図、立川広己画伯語録[編集]

  • 立川広己画伯の制作意図 ― 本作「赤富士」制作に関する立川広己の世界観 ~立川広己画伯語録 ―。
    • 作品「赤富士」制作に関して、以下の通り、作者である 立川広己画伯自身の言葉が添えられている。
      ― 本作「赤富士」制作に関する立川広己の世界観 ―
      富士は雄大です。私たち日本人にとって、いつ見ても感動する「心の」であります。
      今回、世界文化遺産に登録されたとの一報を知り、おめでたいことであります。
      世界的にその神秘的な美しさが、認められたのであります。
      そして、私たち画家にとっては、永遠のモチーフであります。
      ― 以上 立川広己画伯語録 より―[1]


本作品「赤富士」出展と作者立川広己画伯[編集]

本作品「赤富士」出展[編集]


  • 大阪阪神百貨店8階催場にて。
    2006年(平成18年)12月20日(水)~12月28日(木)開催、展覧会、
    「第55回 100万人の洋画秀作市」 絵画展に出展、出席
    • 招待画家立川広己画伯は、本作品「赤富士」等を出展。
      いわば会いに行ける芸術家、会いに行ける洋画家として、作品紹介以外にも、
      本展覧会において本作品を買い上げられた方には、
      作家立川広己画伯との記念写真撮影、作家立川広己画伯のサイン等も 贈呈された。
    • その他5名の招待画家と共に、立川広己画伯は、12月20日(水)~12月28日(木)招待出席。[2]


  • 岩手県一関市千厩町、千厩農村勤労福祉センターにて。
    2007年(平成19年)10月5日(金)~10月7日(日)開催、展覧会、
    「第20回記念 一枚の繪 千厩絵画展」
    • 日野屋本店書籍部が主催。
    • 招待画家立川広己画伯は、本作「赤富士」等を出品し、
      他1名画家と共に期日中平成19年(2007年)10月5日(金)~10月7日(日)来場した。[3]





  • 京阪百貨店守口店 8F 大催事場 京阪美術画廊にて。
    2018年(平成30年)1月2日(火)~1月9日(火)開催、個展、
    一枚の繪 暮らしを彩る 新春大絵画展」。





「赤富士」と作者立川広己画伯[編集]


立川広己画伯作品類型[編集]

洋画家・現代美術家・専業画家、立川広己画伯作品類型[13][14]


脚注[編集]

  1. 日本の美Ⅴ 「富士山」監修 高階秀爾 2015 年(平成27年)3月 ― 歴史的名作から現代作家まで― 富士山画集の決定版 ― すべての日本人が 畏敬の念をこめて仰ぎ見る 聖なる存在 ― 美術 年鑑社発行 272頁。立川広己 ― 赤富士 ― 平成25年(2013年)10月25日発行
  2. 2006年(平成18年)12月20日(水)~12月28日(木)阪神百貨店8階催場、第55回、100万人の洋画秀作市。立川広己画伯来場。令和元年2019年9月閲覧
  3. 岩手県一関市千厩町、千厩農村勤労福祉センター2007年(平成19年)10月5日(金)~10月7日(日)「第20回記念、一枚の繪、千厩絵画展」。招待画家立川広己画伯出展出席。令和元年2019年9月閲覧
  4. 佐賀市・佐賀玉屋南館6階若楠・銀杏にて。2008年(平成20年)2月26日(火)~3月2日(日)第7回・一枚の繪・佐賀絵画展。出席画家・立川広己画伯来場。なお、特別コーナーには、佐賀出身の超現実主義(シュルレアリスム)絵画の旗手、故古沢岩美画伯の油絵、ペン、水墨等のデッサンも展示された。令和元年2019年9月閲覧
  5. 阪神梅田本店9階、阪神美術画廊。2015年(平成27年)12月9日(水)~12月15日(火)「立川広己油彩展」個展紹介頁。令和元年2019年9月閲覧
  6. 仙台藤崎本館6階美術ギャラリー「立川広己油彩展」紹介頁。令和元年2019年9月閲覧
  7. 一枚の繪暮らしを彩る新春大絵画展、2018年(平成30年)1月2日(火)~1月9日(火)一枚の繪創業50周年記念絵画展。京阪百貨店守口店8F大催事場京阪美術画廊。令和元年2019年9月閲覧
  8. いよてつ高島屋6階美術画廊第7回立川広己画伯洋画展2018年(平成30年)2月28日(水)~3月6日(火)個展紹介頁。令和元年2019年9月閲覧
  9. 仙台藤崎本館6F美術ギャラリー立川広己洋画展2018年(平成30年)7月5日(木)~7月11日(水)個展紹介頁。令和元年2019年9月閲覧
  10. 東京・銀座の画廊、ギャラリー一枚の繪2019年(平成31年)1月7日(月)~1月19日(土)立川広己画伯個展。令和元年2019年9月閲覧
  11. 東京都美術館(東京・台東区・上野、上野公園内)開催、55周年記念都展(令和元年(2019年)11月開催)、の外部審査員、2名のうちの一人に、自由美術協会会員の立川広己画伯が任命。公募美術団体都展公式サイト、令和元年2019年9月閲覧
  12. 都展・年間行事予定表2019年(令和元年)版より、55周年記念都展(公募展)開催。令和元年(2019年)11月19日(火)~11月24日(日)(※18日(月)休館日)会場は東京都美術館。公募美術団体都展公式サイト、令和元年2019年9月閲覧
  13. 洋画家・専業画家、立川広己画伯
  14. 洋画家・現代美術家、立川広己画伯
  15. 立川広己画伯作「赤い盛花」
  16. 立川広己画伯作「幸せの黄花」
  17. 立川広己画伯作「幸せのミモザ」
  18. 立川広己画伯作「真紅のバラ」・「真紅の薔薇」・「深紅のバラ」・「深紅の薔薇」
  19. 立川広己画伯作「ピナイサーラの滝」
  20. 立川広己画伯作「ピナイサーラの滝」
  21. 立川広己画伯作「浮遊する物体」
  22. 立川広己画伯作「浮遊する物体」
  23. 立川広己画伯作「横たわるトルソ」
  24. 立川広己画伯作「終美」
  25. 『立川広己画伯語録』。令和元年2019年9月閲覧
  26. 『立川広己の世界』。令和元年2019年9月閲覧
  27. 『東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成27年2015年3月』。令和元年2019年9月閲覧
  28. 『東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成29年2017年2月』。令和元年2019年9月閲覧
  29. 『東京・銀座・ギャラリー一枚の繪・立川広己画伯個展・平成31年2019年1月』。令和元年2019年9月閲覧
  30. 『仙台・藤崎・立川広己画伯個展・令和元年2019年6月~7月』。令和元年2019年9月閲覧
  31. 『洋画家立川広己画伯個展』。令和元年2019年9月閲覧
  32. 洋画家立川広己画伯紹介頁


関連項目[編集]