カメラ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カメラ(かめら)は、写真を撮るための道具。

概要[編集]

 基本的にレンズを通じて写真撮影する為の道具だが、最近のデジカメでは動画をとる為の機能もついてたり、スマートフォンにも比較的高性能なカメラ機能がついておりいちいちドでかいカメラを持ち運ぶ必要も減ってきているようだ。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


フィルムカメラとデジカメの比較[編集]

 この節では、それぞれの欠点・利点を比較します。

フィルムカメラ[編集]

 丸っこいフイルムをいれてそこにを焼き付けて撮影するカメラ。かなりの高性能なものから写るんですみたいな手軽なインスタントカメラまでさまざまなものがある。

  • 利点
  • 電地も比較的使わない。
  • 鮮やかできれいな写真が撮影できることができる。
  • 欠点
  • 毎回お店にもって行き現像してもらう必要がある。
  • カメラに詳しくも無い庶民が気軽に加工することができない。
  • 間違えてシャッターを押してしまっても削除できない、また現像するまでどう取れているか分からない[1]

デジタルカメラ・デジカメ[編集]

 従来のアナログ方式のカメラとは違いデジタル方式を採用したカメラ。これらのことより「アナログカメラ」と呼ばれることもある。なお、スマホのカメラ機能はここに入れるものとする。

  • 利点
  • うまく撮れなかった写真を削除することができる。
  • パソコンに取り込んで加工したりすることが容易にでき、また印刷も家庭用プリンターで簡単にできる。
  • スマートフォンなどのように本体が小さく軽量化することができ、手軽に持ち運べられる。
  • 欠点
  • フィルムカメラとは違い、すぐに確認できてしまうので現像するまでのワクワク感が少ない[2]
  • フィルムカメラよりも多少質が劣る。

脚注[編集]

  1. これこそがフイルムのカメラの醍醐味でもあるので、利点でもある。
  2. 勿論、これを利点ともいえる場合があるが

外部リンク[編集]

カメラ(商品・サービス情報) - Canon

関連項目[編集]