出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(りく)とは、地球などののある天体の表面で、ではない部分のこと。以下、地球の陸について説明する。

海と比較した特徴[編集]

まず、陸では水が乏しい。また、水によって有害な紫外線が保護されない。このため、生命誕生から長らく、陸には生命が存在しなかった。また、地球上で、海は全て続いているが、陸は途切れ途切れになっている。地球上で陸が占める割合は、約71%である。どの半球をとっても、陸の方が少ない。

大きさ[編集]

様々だが、大きなものを大陸、小さなものをという。島よりさらに小さいものは岩礁となる。大陸と島の境界は、オーストラリア大陸グリーンランド島である。