天体

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

天体(てんたい、英語: astronomical object)とは、宇宙空間にある物体のことを意味する。一般的には宇宙空間に存在する岩石、塵、ガスなどの物体が、重力的によって引き寄せられて、肉眼や望遠鏡にて観察可能になっているものを指し示す。望遠鏡の性能向上や宇宙に関する研究の発展により、宇宙空間にある物体の発見が相次ぎ種類は増加している。

概要[編集]

古くは、肉眼で観測出来る、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・6等星以上の明るさを持つ恒星・星雲・星団・彗星等が天体のすべてであった。

望遠鏡の発明により6等星以下の恒星・星雲・星団・彗星等および天王星・海王星と言った星々が天体に加わった。