天体

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天体(てんたい、英語: astronomical object)とは、宇宙空間にある物体のことを意味する。一般的には宇宙空間に存在する岩石、塵、ガスなどの物体が、重力的によって引き寄せられて、肉眼や望遠鏡にて観察可能になっているものを指し示す。望遠鏡の性能向上や宇宙に関する研究の発展により、宇宙空間にある物体の発見が相次ぎ種類は増加している。

概要[編集]

古くは、肉眼で観測出来る、太陽水星金星火星木星土星・6等星以上の明るさを持つ恒星星雲星団彗星等が天体のすべてであった。

望遠鏡の発明により6等星以下の恒星・星雲・星団・彗星等および天王星海王星と言った星々が天体に加わった。

観測方法は進歩を続け、直接観測する事は難しいとされていたブラックホールの存在も観測できるようになった。

関連項目[編集]

Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが天体の項目をおカタく解説しています。