大垣市

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大垣城天守閣
奥の細道むすびの地記念碑
墨俣一夜城

大垣市(おおがきし)は、岐阜県西濃地方に位置する市。

概要[編集]

岐阜市に次いで県内第2位の約16万人の人口を擁している。

ライバルは県庁所在地の岐阜市である。大垣共立銀行(大垣市に本店)は、十六銀行(岐阜市に本店)から岐阜県の指定金融機関の座を奪っており、着実にライバルの座を脅かしている。しかし、大垣市・岐阜市とも魅力に欠ける市であったため、平成の大合併による市域拡張は東中濃諸市や飛騨の高山市と違って大失敗に終わっている。

平安時代からの交通の要衝であり、江戸時代は城下町および美濃路の宿場町であるが、明治以前は自噴水に悩まされた低湿地でもあり、五街道の中山道は大垣を避け、河渡、美江寺、赤坂を経由する北廻りルートだった。明治の東海道本線建設にあたっては、穂積、大垣経由となり、静岡県の富士市同様、潤沢な工業用水が確保できたため工業が発達。経済力を背景に前述の大垣共立銀行の他、大垣発祥の西濃運輸も全国展開を果たしている。

平成の大合併[編集]

平成の大合併で関ヶ原町垂井町養老町墨俣町安八町上石津町池田町輪之内町神戸町との合併をもくろんだが失敗に終わり、墨俣町と上石津町だけとの合併に終わる。2町とも大垣市とは接していないため、全国でも珍しい二重飛地になっており、まるで中華人民共和国にあるような「墨俣町地域自治区」、「上石津町地域自治区」といった呼ばれ方をしている。

仮に合併が成立していたら、市の名前だけで一面トップを飾るような事になったのは予想に難くない。『関ヶ原、地名から消える!!』は相当なインパクトがあったと思われる。現状でも墨俣の一夜城は大垣市墨俣町地域自治区になってしまった。

大合併計画に参加表明していた他の町のうち、養老町・墨俣町・垂井町の各市町も壬申の乱関ヶ原合戦で日本史のキープレイスだったため、どんな名前をつけても日本中の歴史学者民俗学者歴史ヲタ歴女からバッシングを受けたと思われる。

大垣を舞台とする作品[編集]

観光地[編集]

  • 大垣城
  • 墨俣一夜城
館内は大垣市墨俣歴史資料館になっている。
  • 奥の細道むすびの地
周囲は、『奥の細道の風景地』として奥の細道むすびの地記念館、飛騨・美濃さくら三十三選の地、等があり観光地として整備されている。

脚注[編集]

市部 岐阜市 / 大垣市 / 高山市 / 多治見市 / 関市 / 中津川市 / 美濃市 / 瑞浪市 / 羽島市 / 恵那市 / 美濃加茂市 / 土岐市 / 各務原市 / 可児市 / 山県市 / 瑞穂市 / 飛騨市 / 本巣市 / 郡上市 / 下呂市 / 海津市
羽島郡 岐南町 / 笠松町
養老郡 養老町
不破郡 垂井町 / 関ケ原町‎
安八郡 神戸町 / 輪之内町 / 安八町
揖斐郡 揖斐川町 / 大野町 / 池田町
本巣郡 北方町
加茂郡 坂祝町 / 富加町 / 川辺町 / 七宗町 / 八百津町 / 白川町 / 東白川村
可児郡 御嵩町
大野郡 白川村