美濃路

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美濃路(みのじ)は東海道の宮宿(熱田宿)と中山道の垂井宿とを結ぶ脇往還(脇街道)である。宮宿(熱田宿)から桑名宿への東海道の難所「七里の渡し」の海路を避けるバイパスとなっていた。

概要[編集]

江戸時代には五街道に準ずる重要な街道とされていた。名古屋宿清須宿稲葉宿萩原宿起宿墨俣宿大垣宿を経由する約60kmの街道である。1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍の先鋒である福島正則が行軍した。徳川家光の上洛時や朝鮮通信使などの通行にも使用された。