名鉄5000系電車 (2代)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
犬山駅にて
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが名鉄5000系電車 (2代)の項目をおカタく解説しています。

名鉄5000系電車(めいてつ5000けいでんしゃ)は、2008年から運用を開始した名古屋鉄道が保有している鉄道車両である。

概要[編集]

特急政策の見直しにより、2000系ミュースカイ」以外の特急列車では、すべての列車を特別車2両+一般車4・6両の一部特別車で運行することが決定した。そこで、1000系「パノラマスーパー」の内、特別車2両と一般車4両(1200系)で編成組み換えを行っていない編成に関しては、2007年から廃車が始まり、翌年に全廃した。しかし、廃車になった1000系の機器を最大限生かすために、様々な部品を流用し、新造した車体と組み合わせて、新しい通勤型車両5000系が誕生した。

構造[編集]

車体[編集]

日車式ブロック工法を使用したステンレス製の車体を使用。先頭部は普通鋼製である。側面はデビュー当時旧塗装だった3300系・3150系と同じ名鉄スカーレットの帯を巻いており、全面のみ帯が2本になっている。これはブレーキ方式が違い連結できない3300系・3150系との区別を図るためである。

また、名鉄で初めてフルカラーLEDの行先表示器を採用した。

車内[編集]

車内はオールロングシート。機器のスペースの関係で脚台付きの座席もある。車内案内表示器は2段表示のLED式。車内の客用ドアの内3つの鴨居部に十鳥配置されている。

機器類[編集]

台車はボルスタ付FS539、FS039、またはボルスタレスSS165F、SS026F。界磁チョッパ制御である。

編成[編集]

豊橋方からク5000(Tc)、モ5050(M)、モ5150(M)、ク5100(Tc)。5001F~5014Fが落成し、運用についている。

運用[編集]

本線系統のツーマン運転が行われている路線の一部のほか、築港線でのワンマン運転でも活躍している。なお、豊橋駅には原則入線しない。

なお、3500系や3300系などの3R車とはブレーキ方式が異なることから併結はできず、6000系や6500系などの6R車とは歯車比の相違から営業線上での併結は行わない。1800系や5700系、1380系との併結実績はあるが、ダイヤが乱れた際か臨時運用、あるいは回送運用にて実施された程度である。

外部リンク[編集]