リチャード・コシミズ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リチャード・コシミズ(Richard Koshimizu、1955年8月9日[1] - )は、日本のブロガー[2]、政治活動家[3]。本名・輿水正[1][2]

主にインターネットや講演などで言論活動を展開している[2]創価学会やユダヤ金融資本批判、アポロ11号の月面着陸は捏造であるという説を唱え[4]、いわゆる陰謀論者であるとされる[5]。自身は「ネット・ジャーナリスト」、「反ユダヤ金融資本主義者」と称している[1]

概要[編集]

東京都板橋区出身[1]。実家は「輿水語学研究所」という語学塾を営んでいた[1]青山学院大学経済学部卒業[1]。商社勤務中に遭遇した「保険金殺人事件」がネット・ジャーナリスト活動の原点であるとされる[6]。2000年に貿易会社「テクノトレード・エンタープライズ・ジャパン」を創業[1]

2006年10月、第1作『911自作自演テロとオウム事件の真相』を自費出版。阿久根市長の竹原信一は2007年1月11日付の自身のブログで同書を推薦している[7]

2007年、自身の後援会「独立党」を結成[6]イスラエルのメディアで「日本のホロコースト否認の党」としてレポートされた[3]

2009年2月、『小説911』を自費出版。2001年のアメリカ同時多発テロ事件について、WTCは陰謀組織が「純粋水爆」を使って爆破したと主張した[4]。SF作家の山本弘は「と学会」の『トンデモ本』シリーズで同書を紹介し、登場する陰謀組織の頭が悪すぎると評している[4]

2009年10月、コシミズにブログで中傷されたとして、保守系団体「主権回復を目指す会」や「そよ風」メンバーがコシミズの事務所や自宅周辺で抗議街宣を行った[8]

2011年3月11日に東日本大震災が発生すると、ブログで震災は「純粋水爆」を使った人工地震であると断定。「ユダヤ世界最終戦争の一幕」「黒幕はロックフェラー」[9]福島第一原発の事故は地震兵器の存在を隠すために捏造された、計画停電は純粋水爆の起爆装置に電力を使うために行われていると主張した[10]。宗教学者の辻隆太朗は、コシミズなど「3・11に対する日本の陰謀論者たちの反応」は「9・11に対するアメリカの陰謀論者たちの反応」と同様、あらかじめ決まった陰謀論のストーリーに出来事をはめ込んでいると述べている[9]

2014年の東京都知事選挙では弁護士の鈴木達夫候補を支持し、池袋で応援演説を行った[11][12]。宗教研究家の武田崇元によれば、応援演説では空気を読んで陰謀論的色彩を薄めていたとされる[13]

2014年11月26日付の『産経新聞』東海・北陸版(約5000部)に「ネットジャーナリスト リチャード・コシミズがユダヤ独裁国家アメリカの謀略を暴く!!」と題した書籍の広告が掲載された。「ホロコーストはイスラエル建国のためのでっち上げ」などと記していたことから、サイモン・ウィーゼンタール・センターは同年12月4日付で産経新聞社の熊坂隆光社長宛に抗議文を送付した。産経新聞の熊坂社長は12月5日、「掲載に至る経緯は現在、社内で調査中ですが、広告審査手続きに欠陥があったことは明らかです。こうした内容の広告が掲載され、読者の手元に届けられてしまったことは極めて遺憾であり、読者とユダヤコミュニティーの皆様に深くおわびいたします。」とするコメントを出し[14][15][16][17]、産経新聞は12月6日付の朝刊に経過説明と熊坂社長名によるおわび記事を掲載した[18][19][2]

ウィキペディア[編集]

ウィキペディア日本語版では少なくとも2007年9月には記事が存在していた。2016年6月16日に削除依頼が提出され、「一次資料」「特筆性のない記事」であるという意見が大勢を占めたため7月14日に削除された。改善なき再作成が繰り返されたため作成保護されて現在に至る。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『911自作自演テロとオウム事件の真相』 自費出版、2006年12月、ISBN 978-4990357306
  • 『世界の闇を語る父と子の会話集』 自費出版、2007年4月、ISBN 978-4990357313
  • 『続・世界の闇を語る父と子の会話集』 自費出版、2007年12月、ISBN 978-4990357320
  • 『第三集・世界の闇を語る父と子の会話集』 自費出版、2008年5月、ISBN 978-4990357337
  • 『小説911』 自費出版、2009年2月、ISBN 978-4990357399
  • 『2012年 アセンションはやって来ない』 自費出版、2010年8月、ISBN 978-4904801161
  • 『3.11同時多発人工地震テロ』 自費出版、2011年4月、ISBN 978-4904801260
  • 『リチャード・コシミズの新しい歴史教科書』 自費出版、2012年7月、ISBN 978-4904801345
  • 『世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言』 自費出版、2012年12月、ISBN 978-4904801352
  • 『12・16不正選挙』 自費出版、2013年1月、ISBN 978-4904801369
  • 『リチャード・コシミズの未来の歴史教科書』 成甲書房、2013年12月、ISBN 978-4880863108
  • 『リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界』 成甲書房、2014年2月、ISBN 978-4880863122
  • 『世界の闇を語る父と子の会話集 真実を知るためのキーワード篇』 成甲書房、2014年9月、ISBN 978-4880863191
  • 『ティアラの大冒険』 自費出版、2015年6月、ISBN 978-4904801659
  • 『パリ八百長テロと米国1%の対日謀略』 成甲書房、2015年12月、ISBN 978-4880863351

共著[編集]

  • 『闇の陰謀対談 ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ』 ベンジャミン・フルフォード共著、学研パブリッシング、2014年10月、ISBN 978-4054061347
  • 『日本も世界もマスコミはウソが9割――出版コードぎりぎり[FACT対談]』 ベンジャミン・フルフォード共著、成甲書房、2016年5月、ISBN 978-4880863399
  • 『サイキックドライビング【催眠的操作】の中のNIPPON』 飛鳥昭雄、天野統康、菅沼光弘、高島康司、船瀬俊介、ベンジャミン・フルフォード、宮城ジョージ、吉濱ツトム共著、ヒカルランド、2016年7月、ISBN 978-4864713924
  • 『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い――日本独立はそのゆくえにかかっている!』 クリス・ノース、ベンジャミン・フルフォード、板垣英憲共著、ヒカルランド、2016年9月、ISBN 978-4864714242

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 リチャード・コシミズ (2014年4月26日). “RKのwikiなんですが、ひどいもんですね。私RKが裏社会から恐れられている証左では”. 旧RKブログ保存版. 2016年12月26日確認。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 佐藤卓己編著『ヒトラーの呪縛――日本ナチカル研究序説 下』中公文庫、2015年、138-139頁
  3. 3.0 3.1 Iris Georlette (2007年6月7日). “Holocaust denier establishes party in Japan”. Ynetnews. 2016年12月26日確認。
  4. 4.0 4.1 4.2 と学会『トンデモ本の世界 X』楽工社、2011年、102-110頁
  5. と学会『トンデモ本の世界 X』楽工社、2011年、137頁
  6. 6.0 6.1 『リチャード・コシミズの未来の歴史教科書』著者について
  7. 竹原信一 (2015年6月6日). “ブックセンター書林”. 住民至上主義 (公務員法で溶け落ちる日本). 2016年12月26日確認。
  8. 不逞の輩を許すな!リチャード・コシミズ事務所前に全員集合だ<捏造と誹謗を生業にする輿水 正の化けの皮を剥ぎ取れ!> 『行動する』運動へ敵対する輩に正義の鉄槌を!”. 主権回復を目指す会 (2009年10月1日). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月26日確認。
  9. 9.0 9.1 辻隆太朗『世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ』講談社現代新書、2012年、42-44頁
  10. 辻隆太朗『世界の陰謀論を読み解く――ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ』講談社現代新書、2012年、35-36頁
  11. リチャード・コシミズ (2014年1月30日). “突然行動を起こすRK”. 旧RKブログ保存版. 2016年12月26日確認。
  12. リチャード・コシミズ (2014年2月3日). “都知事選:鈴木たつお候補の池袋応援演説やりました。”. 旧RKブログ保存版. 2016年12月26日確認。
  13. 武田崇元 2014年1月30日のツイート、2016年12月26日閲覧。
  14. 米ユダヤ系団体、本紙掲載広告に抗議 産経・熊坂社長「おわびします」”. 産経ニュース (2014年12月5日). 2017年5月14日確認。
  15. ホロコースト:「でっち上げ」産経の書籍広告に抗議”. 毎日新聞 (2014年12月5日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日確認。
  16. 産経新聞に米ユダヤ系団体が抗議 掲載広告めぐり”. 47NEWS (2014年12月6日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日確認。
  17. 「反ユダヤ本の広告、産経謝罪」『朝日新聞』2014年12月6日付朝刊
  18. 産経新聞:社長名でおわび掲載 ユダヤ系団体抗議受け”. 毎日新聞 (2014年12月6日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日確認。
  19. 産経新聞、ユダヤ中傷書籍の広告掲載で謝罪”. 日本経済新聞 (2014年12月6日). 2017年5月14日確認。

関連文献[編集]

  • ASIOS、アンドリュー・ウォールナー『検証 大震災の予言・陰謀論――"震災文化人たち"の情報は正しいか』文芸社、2014年
  • 唐沢俊一『トンデモ非常時デマ情報レスキュー』ブリックス、2012年

外部リンク[編集]