青山学院大学

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青山学院大学(あおやまがくいんだいがく、英:Aoyama Gakuin University)は1874年11月16日に創設されたプロテスタント・メソジスト派の男女共学の私立大学である。略称は「青学」(あおがく)、「青山」(あおやま)。

全学共通の特長ある教養教育「青山スタンダード」が特色である。「青山スタンダード科目」は1年次生を対象とするフレッシャーズ・セミナー、ウェルカム・レクチャー、キャリアデザイン・セミナー、教養コア科目、技能コア科目、2~4年次生を対象とするテーマ別科目などがある。教養教育と専門教育を密接に結びつける。

沿革[編集]

  • 1874年、ドーラ・E・スクーンメーカーは津田仙の助力を得て「女子小学校」を麻布に開校する。
  • 1875年 、「女子小学校」を「救世学校」と改称する。
  • 1877年、「救世学校」は築地明石町に移転し「海岸女学校」と改称
  • 1878年、ジュリアス・ソーパー「耕教学舎」を築地に開校する。
  • 1879年、ロバート・S・マクレイ「美會神学校」を横浜に開校。
  • 1881年、「耕教学舎」を「東京英学校」と改称する。
  • 1882年、「美會神学校」を「東京英学校」に合同
  • 1883年、ジョン・F・ガウチャーの寄付え青山の土地購入、「東京英学校」を移転し「東京英和学校」と改称。
  • 1894年、「東京英和学校」を「青山学院」と改称。神学部、普通部(高等普通学部・英語師範科・予備学部)。
  • 1895年、「東京英和女学校」を「青山女学院」と改称。
  • 1904年、青山学院高等科・神学部は専門学校の認可を受ける
  • 1906年、青山学院財団法人設立(1942年に財団法人青山学院に変更)。
  • 1923年、関東大震災により、青山学院・青山女学院の校舎・諸施設大破
  • 1927年、「青山女学院」を「青山学院」に合同
  • 1945年、空襲により校舎・諸施設の大半が罹災する。
  • 1949年、新制大学「青山学院大学」を開校。(文学部、商学部、工学部[翌年関東学院大学に合同]を置く)
  • 1953年、大学商学部を経済学部に改組
  • 1959年、法学部を設置
  • 1965年、大学廻沢キャンパス(1971年世田谷キャンパスに改称)を開学し、理工学部を置く
  • 1982年、大学厚木キャンパスを開学
  • 2003年、大学厚木キャンパス・世田谷キャンパスを閉じ、大学相模原キャンパス開学
  • 大学社会情報学部・研究科を設置
  • 2009年、教育人間科学部・研究科を設置
  • 2015年、大学地球社会共生学部を設置。

基本事項[編集]

  • 名称:青山学院大学
  • 創立者:D.E.スクーンメーカ、ジュリアス・ソーパー、ロバート・S・マクレイ、ジョン・F・ガウチャー、本多庸一
  • 創立年:1874年11月16日
  • 所在地(本部):東京都渋谷区渋谷4-4-25
  • 校章:盾はとA、G。盾は「信仰を盾として」(新約聖書 エフェソの信徒への手紙6章16節)からきたもので、信仰の象徴。
  • 教育理念:「地の塩、世の光」としての研究共同体。時代の要請に応える。
  • 学生数:学部 17,907名、大学院 博士前期 630名、博士後期 117名、専門職大学院 411名、5年一貫博士 22名。
  • 学部
    • 文学部
    • 法学部
    • 教育人間科学部
    • 経済学部
    • 経営学部
    • 国際政治経済学部
    • 総合文化政策学部
    • 理工学部
    • 社会情報学部
    • 地球社会共生学部
  • キャンパス
    • 青山キャンパス(〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25)
    • 相模原キャンパス(〒252-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1)

参考文献[編集]