国際連合

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
国連から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際連合(こくさいれんごう、United Nations)は、1945年10月24日に設立された国際組織。略称は「国連」。事務局の代表は事務総長であり、現在の事務総長はアントニオ・グテーレス(任期は2017年1月1日から2026年12月31日)であり、前任者は潘基文である。

概要[編集]

国際連合の前身ともいえる組織国際連盟第二次世界大戦を防ぐことができなかったことを踏まえて、1945年10月24日に設立される。発足当時の加盟国は51か国で、「国際平和と安全の維持」などを目標に掲げている。連合国が中心となって設立した組織であり、中心国は安全保障理事会の常任理事国となっている。本部はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンに設置され、2014年11月現在の正式加盟国は193か国。

機関[編集]

国際連合では、総会安全保障理事会経済社会理事会信託統治理事会国際司法裁判所、事務局の6機関を主要機関と定めている。

総会[編集]

国産連合の全ての加盟国による総会。決議は法的拘束力をもたないものであるが、決議によって各国の意思を示すことができる。一国一票で、過半数の賛成によって決議(重要問題は3分の2)がなされる。

国連総会一般討論演説(こくれんそうかいいっぱんとうろんえんぜつ)とは、国連総会が1年ごとの新会期に入る9月に合わせ、各国首脳らがアメリカニューヨークの国連本部の総会議場にに集まり、政治経済、国際問題でそれぞれの立場を表明するスピーチのことであり、演説は国家元首政府首脳閣僚国連大使の順が原則である。ただし1番目のブラジル大統領、2番目のアメリカ大統領だけは慣例で決まっている。約1週間の期間中は「ハイレベルウイーク」と呼ばれ、ニューヨークは首脳らの個別会談や国際会議など、活発な外交活動が展開されることになる。

安全保障理事会[編集]

15か国で構成される機関。国際平和と安全を推進する機関。アメリカ合衆国イギリスフランス共和国ロシア連邦中華人民共和国の5か国からなる常任理事国と、総会から2年の任期で選ばれる10か国による非常任理事国(再選は禁止)からなる。9理事国の賛成(常任理事国5か国の賛成を含む)で決議が採択される。安全保障理事会の決議には法的拘束力があるが、常任理事国のうち1か国でも反対すれば決議は採択されないため、重要事項に対しては安全保障理事会としての役割は機能していないのが現状である。

専門機関[編集]

国際連合から独立した専門機関。

参考文献[編集]

  • 著者:明石康『国際連合 軌跡と展望』(岩波新書、2006年11月21日初版発行)、ISBN 4-00-431052-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]