国際民間航空機関

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際民間航空機関(こくさいみんかんこうくうきかん)とは、通称をICAOといい、国際民間航空の健全な発展や安全飛行の増進などを目的に1947年に発足した国際連合の専門機関である。日本1953年加盟した。2017年現在では加盟国はおよそ190か国にのぼり、理事国は日本・中国アメリカイギリスが務めている。

本部はカナダモントリオールにあり、テロ対策に関する条約策定や国際航空のガイドライン作成などを担っている。少なくとも3年に1回は総会を開き、総会で選ばれる36か国の代表で構成する理事会で国際的基準を定めて運航上の問題について仲裁活動を行なう。代表の任期は3年である。