冬至

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

冬至(とうじ)とは、太陽赤緯が最も低くなる(-23°26')ときである。その瞬間が訪れる日全体を指していうこともある。南半球では夏になるが、便宜上北半球と同様に至という。

性質[編集]

このとき、太陽の黄経は270°になる。言い換えれば、南極側の地軸が最も太陽に向くときである。北半球では太陽南中高度が最も低くなり、が最も短くなり、が最も長くなる。また、太陽は最も南寄りから昇り、南寄りに沈む。南半球では太陽の南中高度が最も高くなり、昼が最も長くなり、夜が最も短くなる。また、太陽は最も北寄りから昇り、北寄りに沈む。そして、白夜極夜となる地域が最も多くなり、北極圏のほぼ[1]全域で極夜、南極圏の全域で白夜となる。また、南極圏では冬至のときに、太陽の1日のうちで最も低い高度が最も高くなる。

時期[編集]

グレグリオ暦では、21世紀現在は、12月21日もしくは12月22日となる。二十四節気の一つでもあり、この場合は冬至の日から、次の小寒1月6日ごろ)までの、約半月を指す。

気温との関係[編集]

理論的には冬至のときに北半球では最低気温、南半球では最高気温を記録するはずだが、実際には地面が温まって、もしくは冷えてから、大気が暖まる、あるいは冷えるまでには時間がかかるので、冬至より1カ月ほど遅れた1月下旬が、北半球では最も寒い時期に、南半球では最も暑い時期になる地域が多い。この期間の差は、概ね内陸部ほど小さく、沿岸部ほど大きくなる。

脚注[編集]

  1. 実際には、日の出日の入りを太陽の中心でなく上端で決めていることや、地球大気により太陽が浮き上がって見えることから、北極圏の南端では極夜にならない。