お茶

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緑茶

お茶(おちゃ、:tea)、(ちゃ、さ、た)は、チャノキの葉を粉砕して蒸し、乾燥させたものである。また、これに湯を通し、あるいは煎じた飲料である。

種類[編集]

日本で知られているものは3つあり、日本茶紅茶中国茶である。いずれもペットボトルで販売されている。

日本茶とはいわゆる緑茶であり、焙煎したほうじ茶、粉末にして湯に溶かせるようにした抹茶、煎茶に最下級の番茶など多くの種類がある。緑茶にはビタミンCが含まれる。特に抹茶は、「茶の湯」として、室町時代の文化として大きく発展した。

紅茶は、1971年の紅茶自由化によって日本で製造される量は少なくなった。主な産地は、スリランカやインドの高地で栽培されることが多い。紅茶ではアールグレイやダージリン、アッサム、ニルギリ、ウバなどが有名である。

中国茶は、数千種類あるとされているが、大きく6〜7種類に分けることが多く、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶、花茶などに分けられる。主な種類としては、烏龍茶 普洱茶 ジャスミン茶 などとある。


緑茶[編集]

詳細は「緑茶」を参照

緑茶が飲まれている地域は東アジアと北アフリカである。日本ではそのまま何も入れずに飲むが、モンゴルでは馬乳、中国台湾北アフリカでは砂糖を入れることがある。

抹茶[編集]

抹茶を原料に加えたアイスクリーム

詳細は「抹茶」を参照

抹茶は乾燥した茶をで碾くことで作られる。茶の湯でよく用いられる。

紅茶[編集]

詳細は「紅茶」を参照

水色は紅。チャノキを完全に発酵させたものである。中国やインドからイギリスに輸出されたときに自然に発酵させてできたと言われているが、中国やインドでも古くから紅茶を飲まれていた。発酵によってビタミンCが壊されている。緑茶に比べて香りが強い。茶といえばほとんどの国が紅茶である。ジャムとともに飲むロシアンティー、大量の砂糖を入れる中近東のチャイがある。

麦茶[編集]

詳細は「麦茶」を参照

夏に冷やして飲まれる。江戸時代には既に飲まれており、当時は麦湯と呼ばれた。 冷やして飲まれることが多いものの、冬場などに温めて砂糖などを入れて飲まれることもある。オオムギから作られるため厳密にはお茶ではないが、俗にいう茶の一種として分類される(茶外茶とよばれる)。

歴史[編集]

茶の扱いによって戦争が起きたことがある。ボストン茶会事件に始まったアメリカ独立戦争、茶の輸入超過による貿易赤字をアヘンの輸出によって解消しようとし、アヘン没収によって始まったアヘン戦争がある。

文化[編集]

一般的に飲茶されている国や地域では、飲む茶などによって独自の文化が発達している。有名なところでは、イギリスのアフタヌーンティー。台湾の飲茶。 前述の通り日本の「茶の湯」などがある。

関連項目[編集]