酒井与七

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井 与七(さかい よしち、1938年[1] - )は、日本の新左翼活動家。旧・日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)の指導者[2]日本革命的共産主義者同盟(JRCL)のメンバー[3]。別名は山本統敏[2][4]

来歴[編集]

日本共産党京大学生細胞のメンバーであったが、1959年1月に第四インターナショナル支持の日本革命的共産主義者同盟(革共同)に参加した。酒井らのグループは社会主義学生同盟左翼反対派(レフト)として活動し、同年にレフト京大支部の機関紙『インテルナツィオナーレ』を創刊した。革共同は1960年に日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)(JRCL)に改組したが、翌年に分裂した。1963年にJRCL中央書記局(京都)の専従となり、第四インターの再建を目指し、機関紙『世界革命』の編集・発行に携わるようになった。1964年に上京し、1980年代中頃まで新旧のJRCLの中央専従として活動する[5]

1965年2月、西京司らの革共同関西委員会と、太田竜らの旧国際共産主義労働党(ICP)グループが統一して再建された第四インターの書記長となる(委員長は太田竜[6])。同年8月の第2回大会での太田派の分裂の際には、多数派を形成した[1]。1966年、太田のボルシェビキ・レーニン主義派による分派闘争などにより多数派が分解した際には、社会主義通信派(社通派)を結成した[7]。1967年、社通派、ML研、関東社研の代表による「三者協議会」が発足[8]ベトナム革命・砂川闘争・羽田闘争の高揚の中で機関紙『第四インターナショナル』を復刊する。1968年にはベトナム革命の前進、フランス五月革命の勃発の中で機関紙『世界革命』を復刊する[1][8]。同年、第四インターは統一・再建され、中央政治局が選出された[8]

第四インター内では中央政治局と旧関西地方委員会が次第に対立する。1969年5月31日、大阪教員組合主催の“沖縄奪還大教組全員集会”に第四インター系の「国際主義高校生戦線」のメンバーを含む約210人の反戦高校生が主催者の制止を破って乱入し、一時演壇を占拠するという事件が発生する。高校生の活動を非難する西、岡谷進香山久ら関西派と、評価する酒井、小島昌光ら中央政治局が対立。酒井らが多数派を形成し、第四インターの指揮権を掌握した[9][1]。1970年8月の第四インター日本支部第4回大会で加入戦術の放棄や「極東解放革命」論が決定され、酒井中心の執行部体制が確立した[10]

著作[編集]

編著[編集]

  • マルクス主義革命論史 2 第二インターの革命論争』 F・エンゲルスほか著、山本統敏編・解説、紀伊國屋書店、1975年

訳書[編集]

分担執筆[編集]

  • 『トロツキー著作集 1938-39 下』 トロツキー著、長田一訳、柘植書房、1971年
  • 『トロツキー=労働組合論』 レオン・トロツキー著、浦田伸一編訳、三一書房(三一新書)、1971年
  • 『ベトナム革命と世界革命―ベトナム革命完全勝利万才―』 新時代社編集、新時代社(国際革命文庫)、1971年
  • 『アジア革命と極東解放革命』 日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)中央政治局編、新時代社(国際革命文庫)、1975年
  • 『ヨーロッパとアメリカ――帝国主義に関する二つの演説』 トロツキー著、大屋史朗西島栄、坂本透、湯川順夫訳、柘植書房、1992年
  • 『紙碑中村丈夫――共産党から新左翼への七〇年』 中村丈夫追悼集刊行会編、彩流社、2008年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 板橋真澄「酒井与七」戦後革命運動事典編集委員会編『戦後革命運動事典』新泉社、1985年、104頁
  2. 2.0 2.1 田代則春『日本共産党の変遷と過激派集団の理論と実践』立花書房、1985年、98・255頁
  3. 報告:アジア連帯講座/講座報告「「ロシア革命― 革命的民主主義とプロレタリア権力」 講師:酒井与七さん(JRCL) 虹とモンスーン(アジア連帯講座のBLOG)
  4. 中村丈夫さんとのことなど(上) 週刊かけはし
  5. 論文掲載にあたって 週刊かけはし
  6. 社会問題研究会編『全学連各派――学生運動事典』双葉社、1969年、120頁
  7. 第四章 労働者の中へ ― 加入活動の時代 ― 日本革命的共産主義者同盟小史
  8. 8.0 8.1 8.2 第五章 同盟の再建 ― 急進的青年運動の中での苦闘 ― 日本革命的共産主義者同盟小史
  9. 国富建治「第四インター派の「内ゲバ」主義との闘い」いいだもも、蔵田計成共編著『検証内ゲバ Part2――21世紀社会運動の「解体的再生」の提言』、社会評論社、2003年、219-221頁
  10. 田代則春『日本共産党の変遷と過激派集団の理論と実践』立花書房、1985年、287頁

関連文献[編集]

  • 江藤正修編『資料集 戦後左翼はなぜ解体したのか』同時代社、2006年