梶裕貴

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア梶裕貴の項目があります。
ニコニコ大百科ではプレミアム会員がお金をかけてまで梶裕貴の記事を執筆しています。

梶 裕貴(かじ ゆうき、1985年9月3日 - )は、日本男性声優ナレーター歌手。妻は声優の竹達彩奈。

プロフィール[編集]

概要[編集]

日本ナレーション演技研究所(17期特待生)出身。アーツビジョン所属後、2013年10月1日からVIMS所属となる。

2009年に第3回声優アワード新人男優賞受賞。2013年に第7回声優アワード主演男優賞受賞となり、2014年にも第8回声優アワード主演男優賞受賞となった。

2019年6月23日、自身のTwitterで同じ声優の竹達彩奈結婚したことを発表した。

2019年8月、所属事務所のヴィムスが、ネット上における梶の過去の交際に関する悪質な噂や誹謗中傷について、法的措置を視野に入れていると発表した。ヴィムスによると、梶に対する根拠のない悪質な噂の流布、それによる誹謗中傷について「間違いなくプライバシーの侵害、人格権の侵害であり、名誉毀損による物質的・精神的被害も深刻化している状態」と説明している。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

2021年[編集]

OVA[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

  • ニセコイ(舞子集) - コミックス第14巻DVD付き同梱版に収録
  • ノラガミ(雪音) - コミックス10-11巻DVD付き特別版に収録

2015年[編集]

2016年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

アニメ映画[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

Webアニメ[編集]

2011年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

ゲーム[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

未定[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]