スペイン語を公用語としない南アメリカの国一覧

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南アメリカには13の国・地域があるが、うち9国はスペイン語公用語としている。

概要[編集]

15世紀から17世紀にかけては、コンキスタドールを送り込むなどスペイン人によるアメリカ大陸の開拓が広く進められ、結果としてアメリカ大陸では広くスペイン語が用いられるようになった。現在でもそれは残っており、南米に限ればスペイン語を公用語としない国・地域は4つしかない。

一覧[編集]

南米東岸部をきわめて簡潔に表現した図.png

以下は、南アメリカにありながらスペイン語が公用語でない国・地域の一覧である。各国の場所は右の図を参照されたい。

ガイアナ
公用語は英語。もともとスペイン人にもポルトガル人にも影響されなかったこの地は、古くはイギリス人の活動の場であり、オランダ西インド会社の管轄下になるも、ナポレオン戦争後にイギリスの植民地となり、1831年にはイギリス領ギアナとなり、最終的に1966年に独立した。
ギアナ
これは厳密には国ではなくフランスの海外県の一つであり、公用語はフランス語。17世紀にフランスがアマゾンの調査を行った際にフランス人が流入、そして18世紀には流刑の地となる。一時的にポルトガル人により占領されるも回復、最終的に、1946年に植民地から海外県に変更された。
スリナム
公用語はオランダ語。もともとはスペイン人により発見されたが、やがてはイギリスの植民地化、そして最終的にはオランダの植民地となり、1815年のパリ条約にてオランダ領化。その後、1975年にオランダから独立。
ブラジル
公用語はポルトガル語。南米最大の面積を誇る国で、南米東部の多くを占める。この地はもとよりスペイン人からの影響を受けず、一時的に一部がオランダなどから妨害を受けることがあったが古くからポルトガル人の土地であった。1822年にポルトガルから独立。