リンゴ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リンゴ(りんご)とは、バラ科の植物で、丸く赤い実を付け、フルーツとして普及している。主な品種はサンつがるふじなど。主な生産地は青森県,長野県。漢字表記は「林檎」。

果肉が黄色っぽい薄い色なのに対して、皮が鮮やかな赤色となっているためか、飾り切りの対象として使われることが多い。特に、皮の一部を残し、V字型に深く切り込みを入れたものは、「うさぎりんご」として広く親しまれている。また、皮を包丁で取り除く時に、一本のひも状になるように、ずらしながら、かつ切れないよう気を付けながら進めていく技もある。リンゴはきちんと食べるようにしよう。食べ物で遊んではいけません

しりとりでは、「しりとりの」から始めた時の次の単語として、このリンゴが広く知られている。よく言われるのは「しりとり→リンゴ→ゴリラ→ラッパ→パンツ…」。