すみっコぐらし

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

すみっコぐらしはSAN-X[1]キャラクター。作者はよこみぞゆり

概要[編集]

当初は4体、後に、ざっそう、ほこり、とかげ、タピオカ等を加えて多くのキャラクターが誕生した。みんな自己主張せず、ひっそりと目立たず、おとなしく暮らしている。みんな様々な悲しい過去を背負っている。

キャラクター一覧[編集]

すみっコぐらし ここがおちつくんです、に登場したキャラクター。(五十音順)
アーム
ズルい方法ですみっこを占領したすみっコをつまみ上げる。すみっコから恐れられている。誰かが操ってるのか、自立しているのかは謎。
えびふらいのしっぽ
頭に海老の尾がついている。とんかつとよく一緒にいる。体色は薄茶色。無表情。
ざっそう
体色は薄緑。明るい性格。ねこをすみっこに連れてきた。
しろくま
寒がりで北から逃げてきた。ピンク色のふろしきを持ってる。きれい好きで率先して掃除をする。体色は白。
たぴおか
飲み物だけ飲まれて飲み残された。様々な体色。無表情。
ブラックたぴおか
やはり飲み残された。体色は黒。無表情。
とかげ
体色は水色。ほかのすみっコとは別に木の洞の中で暮らしている。正体はきょうりゅうの子。正体はみんなには秘密。もしバレたらきっと、仲良しのとかげ(本物)が怖がったり、すみっコのみんながつかまってしまう。[2]にせつむりだけに正体を明かした。
とかげ(本物)
体色は薄緑。森の中で暮らしている。生活実体は謎。
とんかつ
体色は茶色。とんかつアピールをしようと頭にソースをかけることがある。時々、えびふらいのしっぽと一緒に体を揚げ直す。
にせつむり
ざっそうに名付けられた。実はナメクジカタツムリになりたくて貝殻を背負っている。寝るときはからを取る。とかげの正体を知っている。速く移動したいときはとかげの頭に乗る。体色はクリーム色。
ねこ
捨て猫だった。3人兄弟。三毛猫。ざっそうに連れられてすみっコぐらしになった。[3]よく壁に向かって爪をといでいる。
ふろしき
しろくまの持ち物。ピンク色にクリーム色の水玉模様をしている。物を包むだけでなく、様々な使い方をしている。無表情だが、一度片付けられたのを再び取り出されたとき微笑んだ。
ぺんぎん?
自分の正体がわからない。とかげと逆。とかげの正体を疑っている。よく虫めがねでいろいろなものをのぞいている。読書が趣味でよく本を読んでいるが、特に図鑑をよく読む。きゅうりが好き。体色は薄緑。
ぺんぎん(本物)
体色は青。天秤棒に荷物をくくりつけている。
ほこり
体色は灰色。浮いている。合体して大きくなれる。脳天気。

その他[編集]

  1. ファミリーマートでゼリーのコラボレーションを行った。
  2. 東日本旅客鉄道京浜急行電鉄阪急とのコラボレーションでは車両の側面にラッピングを貼った。
  3. ダイソーからタオル、しまむらからおやすみマットを発売。

書籍[編集]

すみっコぐらし ここがおちつくんです
すみっコぐらし このままでいいんです
絵本すみっコぐらしそらいろのまいにち

参考文献[編集]

    • すみっコぐらし そらいろのまいにち

脚注[編集]