田川和夫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

田川 和夫(たがわ かずお、1932年[1] - )は、日本の新左翼活動家。元革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)政治局員。

茨城大学在学中、民青に加盟。日本共産党港地区委員会指導者として60年安保闘争に参加[1]。港地区委員会は全学連による1959年の11・27国会突入闘争を受けて「プロレタリア革命の勝利のために公然たる党内闘争を展開せよ!!―港地区委員会は声明を発する」を発表して党中央を批判[2]。また全学連による1960年の1・16羽田闘争を受けて党中央を批判し、田川が港地区委員会副委員長であった[3]1960年3月、共産主義者同盟(第一次ブント)に集団加盟した[1]。これにより学生中心のブントは労働者の同盟員を獲得した[2]

1960年夏の第一次ブント分裂の際には、青木昌彦清水丈夫ら全学連書記局メンバーによる「プロレタリア通信派」(プロ通)に所属した[1]。清水らが革共同全国委員会に移行して1961年3月にプロ通派が解散すると、林紘義と「共産主義の旗」(共旗派)を結成した[1]。機関紙上で革共同を批判したが、1961年12月に分派闘争の中止、ブント再建を目指して日本共産労働党の結成を呼びかけ、同委員長となった[1]。再建には失敗し、1963年に革共同全国委から日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)が分裂した際には、革共同中核派に加盟して政治局員となった[1]。中核派では労働運動の指導を担当した[3][4]。1969年に中核派が非公然指導部を分けたとき公然指導部の幹部に残り、革マル派から二度の襲撃を受ける。1972年から73年にかけて労働運動の進め方を巡って内部分裂が起き、中核派を離脱した。革マル派が発表した中核派の内部文書によると、田川は組合主義・合法主義の運動を主張し、革マル派との内ゲバに反対していたとされる[4]

著書[編集]

  • 『日本共産党史――神格化された前衛』 現代思潮社、1960年
    • 『日本共産党史』 現代思潮社、1965年(新版)
  • 『戦後日本革命運動史 第1 戦後革命の敗北』 現代思潮社、1970年
  • 『日本革命運動史 戦前篇 1』 青年社、1970年
  • 『戦後日本革命運動史』1・2 現代思潮社、1971年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 板橋真澄「田川和夫」戦後革命運動事典編集委員会編 1985, p. 176-177.
  2. 2.0 2.1 板橋真澄「日本共産党港地区委員会」戦後革命運動事典編集委員会編 1985, p. 217.
  3. 3.0 3.1 絓ほか 2005, p. 100-101.
  4. 4.0 4.1 立花 1983, p. 278-279.

参考文献[編集]

  • 絓秀実、井土紀州、松田政男ほか共著 『LEFT ALONE――持続するニューレフトの「68年革命」』 明石書店、2005年
  • 戦後革命運動事典編集委員会編 『戦後革命運動事典』 新泉社、1985年
  • 立花隆 『中核VS革マル(上)』 講談社(講談社文庫)、1983年
  • 伴野準一 『全学連と全共闘』 平凡社(平凡社新書)、2010年