清水丈夫

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 丈夫(しみず たけお、1937年[1][注釈 1] - )は、日本の新左翼活動家。革命的共産主義者同盟全国委員会(通称:中核派)議長。筆名は岡田新津久井良策[3]

経歴[編集]

実家は農家。神奈川県立湘南高等学校出身。高校時代はラグビー部に所属[4]。1961年東京大学経済学部卒業[5]

東大入学後、共産主義者同盟(ブント)に加盟[3]。1959年6月の全学連第14回大会でブントが革共同から主導権を奪い、唐牛健太郎が委員長、清水が書記長に就任。60年安保闘争時の全学連書記長を務める[5]

安保闘争敗北後は青木昌彦らと共に全学連書記局メンバーを中心とするプロレタリア通信派(プロ通)に所属[6]。1961年3月のプロ通派の解散後は北小路敏奥田正一らと共に革命的共産主義者同盟全国委員会に合流。1963年に革共同全国委員会が中核派と革マル派に分裂すると中核派に所属。以後は中核派の政治局員として[5]本多延嘉陶山健一、北小路敏らと党を指導する[3]。『平成11年 警察白書』によると、1971年以降公然の集会に姿を見せていない[7]

中核派によれば、1997年12月の革共同第20回全国委員会総会(20全総)で「清水丈夫議長―天田三紀夫書記長の最高指導体制」を公表した[8]。2019年11月の革共同第26回全国委員会総会(26全総)で「第8回大会までの暫定中央指導体制(清水丈夫議長―秋月丈志書記長)」を選出した[9]

『現代革命への挑戦――革命的共産主義運動の50年(上)』(革命的共産主義者同盟50年史刊行委員会編集・発行、2013年)の序章を執筆している。

著書[編集]

  • 『内乱と武装の論理――七〇年代革命の総路線』 前進社、1971年 - 津久井良策名義
  • 『清水丈夫選集』全10巻(7巻・8巻は未刊)、前進社
    • 「第1巻 反帝・反スターリン主義とは何か」 1998年
    • 「第2巻 70年安保・沖縄闘争論」 1999年
    • 「第3巻 71年11月決戦から70年代中期へ」 1999年
    • 「第4巻 二重対峙・対カクマル戦論」 2002年
    • 「第5巻 米帝の歴史的没落と闘いの任務」 2002年
    • 「第6巻 74-75年世界恐慌後の内外情勢」 2016年
    • 「第9巻 90年天皇決戦の路線」 1998年
    • 「第10巻 ソ連崩壊以後の新たな挑戦」 1997年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 『全学連と全共闘』では1937年生[2]、『戦後革命運動事典』では1938年生[3]

出典[編集]

  1. 清水, 丈夫, 1937- - Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
  2. 伴野準一『全学連と全共闘』平凡社(平凡社新書)、2013年、79頁
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 松村良一「清水丈夫」戦後革命運動事典編集委員会編『戦後革命運動事典』新泉社、1985年、123-124頁
  4. 144.2007年10月5日(金) 元全学連書記長・清水丈夫さんの思い出 近藤節夫のブログ「知の狩人 知の旅人」
  5. 5.0 5.1 5.2 社会問題研究会編『全学連各派――学生運動事典』双葉社、1969年、228頁
  6. 伴野準一『全学連と全共闘』平凡社(平凡社新書)、2013年、141頁
  7. 第6章 公安の維持『平成11年 警察白書』
  8. 革命的共産主義者同盟とは 革命的共産主義者同盟全国委員会
  9. 革共同政治局の2020年1・1アピール 改憲阻止・日帝打倒へ『前進』第3097号(2020年1月1日)