松本礼二

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

松本 礼二 (まつもと れいじ、本名:高橋 良彦(たかはし よひこ)、1929年昭和4年)6月15日 - 1986年(昭和61年)12月26日)は、日本の新左翼活動家。元・共産主義者同盟(第2次ブント)議長。

生涯[編集]

現在の東京都港区出身[1][2]1946年(昭和21年)逓信省に入省[1][2]

1952年(昭和27年)日本共産党に入党し、日共港地区委員会[3]全電通労組に所属するが、60年安保闘争で共産党の方針に反対して脱党(除名)。共産主義者同盟(第1次ブント)に参加した[1][2]

1966年(昭和41年)第2次ブント結成の際には議長となる[1]佐野茂樹と共にブントのまとめ役として活動した[4]

1967年(昭和42年)2月2日明大紛争で大学当局とのストライキ集結の協定締結に関与し、ブントの分裂を招く[3]。同年の羽田闘争を主導した[2]

1970年(昭和45年)6月のブントの七中委で情況派幹部として除名され、共産主義者同盟再建準備委員会(情況派)を結成する[5]

1974年(昭和49年)情況派の分裂で「遠方から」派を結成し、雑誌『遠方から』で独自の文筆活動を行った[6][4][7]

1978年(昭和53年)の成田空港管制塔占拠事件後に右翼四元義隆と共に三里塚芝山連合空港反対同盟幹部と政府の交渉を画策した[8]

1986年(昭和61年)12月26日死去。享年57[1]。遺稿集に『一大衆政治家の軌跡――松本礼二=高橋良彦遺稿・追悼集』(「高橋良彦遺稿・追悼集」編集委員会編、彩流社、1988年6月)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 松本礼二(まつもと れいじ)とは”. 2019年3月11日確認。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 松本 礼二(マツモト レイジ)とは”. 2019年3月11日確認。
  3. 3.0 3.1 荒岱介 『新左翼とは何だったかのか』 幻冬舎、2008年、83頁。
  4. 4.0 4.1 穂坂久仁雄 「松本礼二」 戦後革命運動事典編集委員会編 『戦後革命運動事典』 新泉社、1985年、266頁。
  5. 田代則春 『日本共産党の変遷と過激派集団の理論と実践』 立花書房、1985年、286頁。
  6. 絓秀実ほか 『LEFT ALONE――持続するニューレフトの「68年革命」』 明石書店、2005年、101頁。
  7. 山崎一夫 「共産主義者同盟情況派」 戦後革命運動事典編集委員会編 『戦後革命運動事典』 新泉社、1985年、75頁。
  8. 『三里塚燃ゆ 北総台地の農民魂』 伊藤睦、平原社、2017年、235-237頁。

関連項目[編集]