梓みちよ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア梓みちよの項目があります。

梓 みちよ(あずさ みちよ、昭和18年(1943年6月4日 - 令和2年(2020年1月29日)は、日本歌手女優。本名、林 美千代(はやし みちよ)。血液型はO型。株式会社アラベスク所属で株式会社プロダクション尾木と業務提携。福岡県福岡市博多区出身。福岡女学院中学校・高等学校2年中退。宝塚音楽学校中退。

略歴[編集]

こんにちは赤ちゃん」や「二人でお酒を」などの大ヒット作で知られる歌手である。ちなみに前者は100万枚以上を売り上げ、昭和38年(1963年)の日本レコード大賞を受賞した。永六輔作詞中村八大が作曲を手掛け、1960年代を代表する歌謡曲となった。昭和49年(1974年)にも「二人でお酒を」が大ヒットしている。

令和2年(2020年)1月29日に死去。76歳没。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • STVの歌(1960年代)札幌テレビ放送イメージソング
  • ボッサ・ノバでキッス/恋のゆきどまり(1962年11月)
  • スカイリング・デイト/グッドバイ・ジョー(1963年2月)
  • 恋はボッサ・ノバ/すてきなメモリー(1963年3月)
  • 渚のデイト/ラスト・ダンスを私と(1963年5月)
  • ヘイ・ポーラ/黒い瞳に青い空(1963年6月)田辺靖雄とのデュエット
  • けんかでデイト/バイバイ・ハイスクール(1963年6月)田辺靖雄とのデュエット
  • こんにちは赤ちゃん/いつもの小道で(1963年11月)
  • きよしこの夜/別れのワルツ(1963年11月)田辺靖雄とのデュエット
  • ダンケ・シェーン/月光価千金(1964年1月)
  • 素敵な新学期/さよならデイト(1964年3月)田辺靖雄とのデュエット
  • ラスト・ダンスを私と/二人で夢を(1964年3月)
  • ひとりだけの歌/パララン・パン(1964年4月)田辺靖雄とのデュエット
  • おかあさん/12と13(1964年4月)
  • 夢みる想い/ウィッシング・ウェル(1964年6月)
  • アウフ・ヴィーダーゼーン/二人はステディ(1964年7月)田辺靖雄とのデュエット
  • リンデンバウムの歌/夕陽が似合う(1964年、BS-121)
  • 白い想いで/幸福を祈ろう(1964年)
  • 忘れな草をあなたに/虹を掴もうよ(1965年4月)
  • 言えばよかった/ごめんなさい(1965年)
  • 忘れたはずなのに/笑顔をみせて(1965年11月)
  • ねむの木の子守唄/おめめがさめれば かあさん(1966年3月)
  • ポカン・ポカン/憶えているかしら(1966年4月)
  • 赤いつるばら/白い浜(1966年9月)
  • キッスして/お嫁さん(1967年2月)
  • 渚のセニョリーナ/二人の夏(1967年6月)
  • 恋のギターラ/恋してる(1967年10月)
  • あなたの時計/ふたりのこころ(1968年2月)
  • 月夜と舟と恋/夜はバラ色(1968年6月)
  • 愛せないの/めぐりあうために(1968年11月)
  • だけど愛してる/夜のせいなの(1969年2月)
  • 渚のSha La La/熱い愛(1969年6月)
  • 麗人の唄/愛の新世界(1969年10月)
  • 朝とブラック・タイ/一年前の街角で(1970年4月)
  • 売れ残ってます/ナルシズム(1970年9月)
  • 愛されてます/悲しい旅(1971年1月)
  • 陽のあたる窓辺/もう来ない明日(1971年6月)
  • ここに幸あり/約束(1972年1月)
  • 愛はルフラン/眼が覚めて(1972年7月)
    • 番組で特段のクレジットはされなかったが、長期間に渡り『新婚さんいらっしゃい!』のオープニングテーマとして歌唱した。
  • 二人でお酒を/両手で愛して(1974年3月)
    • 同曲の大ヒットにより同年末の『NHK紅白歌合戦』に5年ぶりにカムバック出場
  • 淋しがりや/別ればなし(1974年9月)
  • あかいサルビア/リリー・マルレーン(1975年3月)
  • よこがお/九月の渚(1975年9月)
  • 二日酔い/独りあるき(1976年2月)
  • メランコリー/雪どけ(1976年9月)
  • 女達のキイワード/UP AND DOWN(1977年3月)
  • ノクターン/ひとり暮らし(1977年9月)
  • 銀河系まで飛んで行け!/ミストレス(1978年1月)
  • 熱帯夜/フィニッシュ(1978年6月)
  • 信天翁/ミッドナイト・ブルー(1978年11月)
  • よろしかったら/ビロードの爪(1979年9月)CBSソニーへ移籍
  • 淋しい兎を追いかけないで/コーランの恋人(1980年3月)
  • 小心者/純情馬鹿(1980年8月)
  • 行きずり-日本の美女たちへ-/思うままの女(1981年5月)
  • いま、親友/アムール アムール(1981年10月)
  • トマトジュースで追いかえすのかい/裏面(1982年4月)
    • 1981年に亡くなった大塚博堂のアルバム『感傷』(大塚の没後にシングル・カット発売)からのカバーソング
  • 恋はウー・ラ・ラ・ラ/愛を散らかしていた(1982年9月)
  • もっと人生を下さい/女の幻想曲(1983年) 「もっと人生を下さい」は、TBSテレビ系『愛の劇場』のOPテーマ曲で、『家族づくり』(主演:藤田弓子)ではED主題歌として、テレビでオンエアしていた。
  • いらっしゃい/サファイア色の午後(1985年)
  • ぬすんでもいいわ-暗闇にぬすむ接吻-/危険な関係(1986年)
  • 横恋慕/シャンペンでこんや破産(1988年11月)アポロン
  • FOREVER FRIENDS/TOKYOシンドローム(1992年12月)東芝EMI
  • 愛の落書き/紫のバラ(1997年4月)バンダイ・ミュージック
  • Rain愛しくて/まだまだ世の中捨てたものじゃない(2002年)

アルバム[編集]

  • Michiyo Azusa/梓みちよ第一集(1963年7月)
  • たのしい、たのしいクリスマス(1963年11月)オムニバス盤 ⇒CD(1991年11月・キングKICX-144)
  • こんにちは赤ちゃん/梓みちよ第二集(1964年1月) ⇒CD(1989年5月・キング194A-16)
  • マイ・カップル(1964年1月)田辺靖雄・梓みちよ ⇒CD(1989年6月・キング194A-25)
  • おかあさん/みちよのヒットパレードVol.3(1964年8月) ⇒CD(1989年5月・キング194A-16)
  • 二人はステディー/マイ・カップルVol.2(1964年9月)田辺靖雄・梓みちよ ⇒CD(1989年6月・キング194A-25)
  • みちよと歌おう / 梓みちよの抒情歌集(1965年)
  • おかあさんへプレゼント(1966年)オムニバス盤
  • 渚のセニョリーナ(1967年)ベスト盤
  • 梓みちよ デラックス(1968年)ベスト盤
  • 退職願い―ナツコの結婚―(1970年)
  • 梓みちよ オン・ステージ(1972年)1972/9/6 渋谷公会堂でのライブ盤
  • 二人でお酒を(1974年)ベスト盤
  • グラスにうつる愛の詩(1975年4月) ⇒CD(1994年2月・キング)
  • 梓みちよ・リサイタル(1975年)1975/2/17 大阪フェスティバル・ホールでのライブ盤
  • メランコリー(ゴールデン・スター・ベスト・アルバム)(1976年)ベスト盤
  • オリジナル・コレクション(1977年12月)ベスト盤
  • 女が男を語るとき(1979年)CBSソニー移籍
  • リラックス(1980年)
  • いま、親友(1981年)
  • 夜会服で…(1982年)
  • 耳飾り(1984年)
  • 黄昏のモンテカルロ(1987年6月)
  • モスクワの仔猫(1997年4月)
  • 梓みちよCD-BOX(2002年7月)キング・レコード時代(1963-1978)のCD5枚組BOX
  • ゴールデン☆ベスト 梓みちよ ニュー・シャンソン(2005年3月)CBSソニー時代のシングル、アルバムからの2枚組編集盤

映像作品[編集]

  • 梓みちよ パフォーマンス(1983年)
  • 夢であいましょう(1991年)全5巻VHS
  • 歌の妖精(2001年)全7巻VHS

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

吹き替え[編集]

人形劇[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

  • 梓みちよ 美の秘訣(2014年10月4日 - 、TBSラジオ

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1963年(昭和38年)/第14回 こんにちは赤ちゃん 20/25 坂本九 初出場
1964年(昭和39年)/第15回 2 リンデンバウムの歌 09/25 ボニー・ジャックス
1965年(昭和40年)/第16回 3 忘れたはずなのに 06/25 ダーク・ダックス
1966年(昭和41年)/第17回 4 ポカンポカン 22/25 マイク眞木
1967年(昭和42年)/第18回 5 渚のセニョリーナ 06/23 三田明
1968年(昭和43年)/第19回 6 月夜と舟と恋 18/23 デューク・エイセス
1969年(昭和44年)/第20回 7 こんにちは赤ちゃん(2回目) 16/23 水原弘
1974年(昭和49年)/第25回 8 二人でお酒を 07/25 殿さまキングス 5年ぶりに復帰出場
1975年(昭和50年)/第26回 9 リリー・マルレーン 19/24 沢田研二
1976年(昭和51年)/第27回 10 メランコリー 10/24 菅原洋一
1992年(平成4年)/第43回 11 こんにちは赤ちゃん(3回目) 08/28 デューク・エイセス 16年ぶりに復帰出場・生涯最後の出場[1]
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

脚注[編集]

  1. 朝日新聞デジタル「歌手の梓みちよさん死亡」(2020年2月3日)