東京ドーム (単位)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とうきょうドーム
東京ドーム
画像募集中.png
記号東京ドーム○個分
面積, 体積
定義46755 m2, 約124万 m3

東京ドーム(とうきょうドーム)は、面積および体積を表す一種の単位。各種メディアが対象物の広さや大きさを強調する際、関東地方の大規模で著名な建築物である東京ドームを用いて「東京ドーム○○個分の広大な敷地」「東京ドーム○○杯分の大量の水」などと表現される。国土地理院でも、面積公表を行う際に使用している[1]

Wikipedia-logo.pngウィキペディア東京ドーム (単位)の項目があります。
Uncyclopedia.pngアンサイクロペディアのゆかいな仲間たちが東京ドームの項目を面白おかしく執筆しています。

数量[編集]

面積については、建築面積である 46 755 m2 = 4.68 ヘクタール(ha)を用いる[2][1]。これにはスタンドより外周の部分も含まれる。

体積については、ドーム内部の容積 約124万m3 = 約12億リットル(L) = 約0.00124 km3 を用いる[2]

東京ドーム建設前は、面積を示すのに甲子園球場後楽園球場、容積については丸ビル霞ヶ関ビルなどと基準が分かれていたため、「東京ドームの建設により、度量衡の統一が進んだ」との見方もある[3]

比較[編集]

項目 面積 東京ドーム○個分
グラウンド 約 13 000 m2 約 0.278 個分
総面積 46 755 m2 1 個分
東京ドームシティとしての敷地面積[4] 約 130 000 m2 約 2.780 個分

脚注[編集]

関連項目[編集]